626745 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Serene state of mind

Serene state of mind

PR

プロフィール

HNが思いつかん..

HNが思いつかん..

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

フリーページ

ニューストピックス

2020.12.30

 
XML
カテゴリ:日記代用バトン
*COVID-19関連は除いてお答えいたします。

▼あなたの一年を二文字の単語に例えると
沖虚

▼今年一番嬉しかったこと
ヘアドネーションの実行―と、小惑星探査機はやぶさ2の帰還 …他
太陽系全景ショコラ2018_横.JPG 最近、載せる宇宙ネタがなくて、こやつの出番もないなぁ…

▼今年一番悲しかったこと
(cf.新約聖書・マタイの福音書22章の粗筋)
ファリサイ人がイエスを陥れようと"税金を納めるのは律法に適ったことか"と質問し、
ファリサイ人のたくらみに気付いたイエスは、納税に使われる銀貨を見せるように言い、"この銀貨に刻印されているのは誰の肖像か"
 ファリサイ人は"皇帝のものだ"
  イエスは"では、皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せばよい"と結論付け、ファリサイ人はこれ以上言い負かすことができなかった。

この理論を拝借すると、2024年の日本の紙幣のデザイン変更に際して採用が決定している肖像画は、細菌学者・女子教育の先駆者である教育家・近代日本経済の父と称される実業家
となると、国民から集めた税金は
国民の健康や公衆衛生関連全般(広義では社会保障ということだが、その中でも)、未来への投資としての教育(子育て・科学技術関連・文化も一応ここにカウント)、社会や世界をより良くして国民に利益を還元して真の意味で国を富ませる産業政策
に使われるべき
、ということが言えますわな。にもかかわらず…
中央政権のお偉方の皆様、そんなに税金を私物化したければ、紙幣の肖像を安部さん麻生さん菅さん(一例)にしたらどないでっしゃろ。
―蛇足ついでに、安部(前)総理の辞任表明の後、誰が次の自民党総裁かつ内閣総理大臣になるかがメディアの関心の的だった頃、軽いノリと思い付きで"もし安倍さんに「あなたにとって国民とは」と問い質したら…"と夫に言ったら、返事がド直球に一言
 "財源"
  …他

▼今年一番悔しかったこと
春先に喘息が悪化した後、体調が回復してオンライン礼拝で賛美歌を歌ったとき"ありゃ、全然声が出ない"
実際、健康診断でも指摘があったが、喘息になると肺活量が低下するし

▼今年一番ハマったこと
在宅勤務中心となって、出勤時間が浮いた結果、かつての趣味だった手芸が一時復活。
ティッシュカバー_完成2020.jpg 作品例
特に、刺繍針を持ったのは高校時代以来かも。

▼今年一番成長したこと
10-line essaysを完成させるのが早くなった。
当ブログでは2010年代からどういうわけか"重要なことほど10-line essaysに回す"ようになっただけでなく、今年掲載のブログは「10-line essays」「Music 10-line essays」「Favorite/recommendation」「お知らせ Information」を合わせると全体の半数近くとなったため、自然といえば自然

▼今年一番心に残ったデートもしくは遊びに行った場所
昨年秋に、父方の従妹の結婚の連絡があり、仙台で挙式と知らされた時、
父方の親戚一同にご挨拶していないので良い機会だし、現実問題として秋田より仙台の方が行きやすいから、結婚式には夫も一緒に、とお願いし、
その後COVID-19が発生、日本に上陸後間もない頃だったが、夫婦は結婚式を予定どおり開催と決定し、"後から思えばまさにギリギリ滑り込みセーフ"だった結婚式に夫婦で出席。
会場のホテルでは、朝食がかつてはビュッフェだったそうだが、混雑防止のため時間を区切った個別提供の定食に切り替わっており、(スタッフにとっては大変な手間なのだろうが)
翌朝は家族水入らずで優雅な朝食を楽しめたことも。夫にとっては初めての人が多く、気を遣わせてしまいましたが。

▼今年買ったCD、DVD、漫画(たくさん買った人は5つくらい)
佐藤竹善「Rockin' It Jazz Orchestra Live In 大阪 ~Cornerstones 7~
マイティ・スパロウ「ファースト・フライト」
Tarzan特別編集「決定版 自律神経を整える
かんたんWord & Excel2019(11月に自宅のパソコンを新しくして、Officeがいきなり2010から2019になったため。会社のは2017だから何とかなってますが)

あと後述の目標に関連し、"とにかく何か始めなきゃ"と近所の書店に駆け込んで唯一手に入った本 他

▼今年一番心に残った芸能人
結局今年もテレビは、置物状態のまま点けずじまいどころかコンセントすら挿していない。
 ワイドショーに毒されずに過ごせたなら良かったんだろうが
  じゃあ10-line essaysのワイドショー関連はどうやって、ですって? 1つには、喘息で薬の処方のため定期的に通院していて、行きつけの調剤薬局の待合スペースのテレビでワイドショー中心のチャンネルがいつも点いていることですけど。
―そうそう…テレビを捨てた場合・もしくは譲渡した場合、いずれにしても自宅にテレビ受信環境はなくなるわけだが、それぞれのケースでNHKの契約ってどうなるんでしたっけ(なお、夫婦ともスマホはワンセグ非対応で、TV視聴可能なカーナビ付きの自前の車もまだない) …調べるなり問い合わせるなりしろと言われたらしまいでですけど

▼今年一番心に残ったニュース
かつて、第1回目の大阪都構想住民投票とイギリスのEU離脱をめぐる国民投票が、
1.どちらも僅差での決定
2.若者で投票率が低く、高齢者ほど投票率が高かった
3.高齢者世代が自分たちの利益を守るために若い世代を犠牲にしたと言われていたどちらもどういうネガキャンなんだか)
という点で、一緒くたにできないと解っていてもつい自分の中でダブったことがあり、
この度は11/1の2度目の大阪都構想住民投票11/3のアメリカ大統領選挙が、
1.たまたま日程が近かった。しかも11/3は日本では祝日なので、当初"どっちが何日だっけ"と一時混同したのは何を隠そう
2.最後までもつれにもつれた。都構想に関しては、どこのメディアの記述かは忘れたが"メッキが剝がれた"という形容は言い得て妙
3.蓋が開くまで、どっちに転んでもロクなことはなさそうだという予感がした
4.僅差というほどではないとしても、どちらも大差とは言えない結果だった
5.負けた側がやたら未練たらしい
6.トランプ(現)大統領は2024年の出馬の可能性に言及したが、政治体制の変動の見通しなどを考慮しないものとすると、大阪都構想も三度目の正直狙いが否定できないと想像できてしまう
という点で、規模や影響力の違いは承知の助でダブってしまった。

▼今年やり直したこと・後悔したこと
とことん抽象的に申し上げられるとしたら… 自分自身も含めて誰の責任でもないが、人生に重大な葛藤をもたらす問題に2016年末に気付いて3年弱
自分以外にその問題の影響が直接ある人との利害の一致・(当時の)中央政権の政策による後押し・もしくは弁明を得られた結果、
自分に無理を強いて自分を変える不毛な努力をするのでも、大体の人にとっては選択肢になり得るが私にとっては現実味のない代替手段を取るのでもなく、"申し訳ないが自分を正直に受け入れて生きていく道を選ばせていただく"という結論に至った―のが2019年秋、
では今後どうするのか?―の、取っ掛かりとなる次の目標は一応定めて着手したが…後から思えば数ヶ月早く決断すべきだった。
 盛夏までは大学のWeb授業の仕事で手一杯だったとはいえ、
  "やるなら今しかない"のは確かだったし、そうすれば"コロナ禍だからこそ"という機会にできたのに

▼来年の抱負
上記のとおり
10月以降ブログ更新がきっちり週刊(1週間以上穴を空けないという決め事は守りつつ、更新する曜日を変えることはある)になった・クリスチャンの夫に倣って洗礼を受ける予定がないのもそのため

▼年またぎは何をして過ごす?
大掃除は、晴れてまだ気温が高い昨日のうちにやった。
 あと台所の一部の掃除の残りは本日。
  なので、勉強して、自分達の正月料理を用意して、夕食は蕎麦とおかずをいただいて…
多分、日付が変わる頃に寝てる


▼お疲れ様でした!
来年もいい一年になるといいですね。
よいお年をお迎えください!


この度の年越寒波(呼び名はさておき)は、仕事がある人以外は初詣やカウントダウンなどに行かず家で大人しくしていろという警告サインとでも思った方がよかろう
せめて2021年は今年の分まで良い年になりますように

<バトン持ち帰り>
------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=57412
------------------






最終更新日  2021.01.06 14:45:08
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.