000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フィガロ157のブログ

フィガロ157のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

フィガロ157

フィガロ157

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(104)

沖縄

(0)

スタートアップ

(0)

スポーツ

(1)

旅行

(1)

マーケティングの秘訣

(7)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.04.11
XML

ビジネス・マーケティングを考える際に注目

すべきこととして、、、


 消費者や視聴者が注目するインサイトに留意

することです。「インサイト」とは、直訳する

と、「洞察」や「直感」、「発見」といった意

味合いがあり、消費者の気持ちを洞察し、それ

に必要なものなどを発見するといったことを示

します。消費者の思惑や行動を洞察することで、

ときには、消費者本人も意識していない核心部

分を見抜くこともあるから、消費者たちの「イ

ンサイト」を発見し、それらを商品開発や、プ

ロモーションなどに取り入れることで、消費者

の心を動かし、「購買意欲」に繋げることがで

きるとされています。

 ですので、消費者や視聴者がインサイトを共有

することで、新製品のアイデアだったり、コンテ

ンツの新しい視点についてや、話している内容に

ついて組み立てたり、対話したりするための新し

い方法を見つけるための最良の情報源とつながり

ます。それらは商品やサービスに対する反対意見

の場合もあります、しかしインサイトの共有から

創造されるコンテンツが、顧客が消費喚起するの

を妨げているものに対するコンテンツの論点や、

ストーリーのアイデアの源となることがあります。

 


 また、インサイトを共有する過程で、消費者や

視聴者の気持ちやニーズが率直に表現され、それ

を企業が真摯に受け止めることで、より良い製品

やサービスが提供されるだけでなく、消費者や視

聴者自身もより満足度の高い体験を得ることがで

きるとも言われています。また、インサイトを共

有することは、企業が市場や視聴者の動向を把握

し、それに合わせた戦略を立てる上でも欠かせな

い要素です。消費者や視聴者の本音を知ることで、

より効果的なマーケティングやコンテンツ制作が

可能となり、競争力を高めることができます。


 

 

私たちは、時間と注意を奪い合う、気が散る環境

の中で生活しています。そのため、コンテンツマ

ーケターは、 注目を集める宣伝方法と注意を維持

する方法について、賢く考える必要があります。

なぜなら、見込み客の注意や視聴者の注意を引く

ことができなければ、誘因できないからです。


 注目を集めるためにできることの1つは、ヘッド

ライン等に特典や約束を盛り込むことです。 記事

を読んでいる人、ポッドキャストを聞いている人、 

ビデオを見ている人に、記事から何が得られるか

を知らせましょう。 そのことからも、読者および

視聴者の問題などについて傾聴して対話してくだ

さい。視聴者は問題を解決してくれるコンテンツ

に関心があるからです。


 あなたのコンテンツを読んだり、視聴したりし

た結果、その人が何を得ることができるのか、何

を獲得できるのか、何になるのか、何を改善でき

るのか、あなたのコンテンツがもたらす利点につ

いて工夫してください。視聴者が関心を持つトピ

ックについて話し、視聴者が解決したいと考えて

いる問題をコンテンツで解決する必要があります。








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.04.11 18:18:39
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X