070473 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

映画批評『もう二度と見ない映画500本』

PR

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

楽天プロフィール

設定されていません

バックナンバー

Jul , 2017
Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017
Mar , 2017
Feb , 2017
Jan , 2017
Dec , 2016
Nov , 2016
Oct , 2016

お気に入りブログ

6月・カンゲキのまとめ gamzattiさん

 木の家 あゆみsさん
Apr 23, 2007
XML
カテゴリ:映画の感想 ワ行

1960 / 日本 / 監督:黒澤明現代社会にはびこる政治汚職に鋭く切り込みながらも、意図的にシーンと不釣り合いな明るい曲を流し、ドラマを盛り上げるなどサスペンスに満ちた娯楽映画として成立させた画期的な作品。

採点:★★★★★☆☆☆☆☆
悪徳役人のビビりっぷりが面白い。最後の最後で復讐に失敗してしまい、無常です。






最終更新日  Apr 23, 2007 11:12:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
[映画の感想 ワ行] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.