327241 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

16Gの飲んだり食ったり

PR

Calendar

Category

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

2020.09.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
9/19(土)

2:56起床、3:35出発。

第二京浜から川崎多摩川ドテ道、丸子橋渡って東京側ドテ道。

ふとバックミラー越しに追ってくるクルマに気がつく。
なんだか急いでいるような運転だな、とこちらも速度を上げたら、いきなりパッシングを喰らう。
しかもサイレンを鳴らすので、こりゃ緊急車両で先を急ぐんだな、速度を落として道を譲ろうとしたら、なんとオレが速度違反で捕まった。

時刻は4:02。
10分ほどで取調べ終了、むかつきながらも冷静に、と自分に言い聞かせて先を急ぐ。

4:55関越練馬、5:35上里SA。
ここで関越行くか上信越行くか少し考えて上信越道に決定。
7:15松代PA、朝食でもと思ったが、レストランの開店は8:30、1時間も待てないのですぐに出発。

7:40信州中野IC、8:15千曲川道の駅で朝食。
地元産の食材を使用した目玉焼きご飯を食べてようやく一息。
食後に併設の農産物直売所で季節の野菜や果物を購入し、志賀高原へ向けて出発。

途中、ガソリンを補給、スーパーつるやで買い物をして10:30過ぎ玉村本店。
ビールを何本か購入してクルマに戻る途中で配達に行こうとしていたO川さんに逢いご挨拶。

今年はイベントが全滅状態で全然お会いできませんねえみたいな話をして、早い時期にまた再会できるよう言って別れる。

昼飯を食いに一旦信州中野まで戻り、ちょっと気になっていたお蕎麦屋さんに11:20頃。
11:30開店と同時に入店し、野菜天ざる、バイリングというキノコの天ざる。
とても美味い店でした。
また来よう。

やまのうち道の駅に立ち寄ってからいつもの山坂道をくねくねと登って行くと、澗満滝あたりからガスが濃くなりサンバレーではもはや視界はゼロ。
目の前の白線を目安に走り、何も見えないトンネル内、ライトを点けるとガスに乱反射してますます視界不良。
慎重に走り、13:30奥志賀高原。

ホテル入口前にクルマで乗り付けると中からホテルの方が出てきて、とりあえず駐車してチェックイン手続き。
部屋はまだ準備中だったので、いつもスキーで滑っているあたりを散策。

ぐるりと歩いてからラウンジに行き、さっそく志賀高原ビールをオーダー。
ペールエールだったが、いつもよりモルティに感じる。
温度が上がると苦さもいい感じ。

のんびりしていたら、フロントの方が部屋が用意できたと言いに来た。
飲み終えて部屋へ。
バルコニー付きのデラックスツイン角部屋、53㎡もある。

いつも泊まるスキー宿の和室は10畳あって2人ではなかなか広いんだけれど、ここはホントに広い。
しかも窓が2方向にあって外の景色もよく見える。
ガスっていてスカッとした感じじゃあないけれど、緑がなかなか幻想的。

15:00から大浴場へ。
屋根付きだけれど、小さな露天風呂もあって運転疲れを癒やす。

大浴場から部屋に戻り、テレビをつけたらちょうどプロ野球放映中。
DeNAがぱかすかホームランを打っているゲームを観ながら麓の玉村本店で買ってきたビールを飲む。

18:30からの夕食は大根おろしの入った信州ポークの雪鍋。
これまた志賀高原ビールと縁喜の日本酒でゆっくりといただく。

夕食後はラウンジで食後の1杯。
ライトアップされた外の緑が実に気持ちをリラックスさせてくれる。

いつも旅先では、夜は街に出てあの店この店と飲み食いするのだけれど、今回は静寂に包まれた高原でのんびり。

部屋に戻り、またまたビールを飲んで静かに就寝。


9/20(日)

6:15起床、大浴場へ。
昨日よりガスは薄い感じ。

7:30朝食。
いつもなら和食なんだけれど、今回はパンで。

たまごの焼き方を目玉焼きでお願いしたところ、なぜかとても待たされる。
食べ終えたのは9:00近く。

部屋に戻り、荷物を整理してチェックアウト、10:00出発し蓮池から横手山方面へ。
横手山、渋峠はかなりの駐車の量だったんでクランペットカフェに行くのはやり過ごす。

草津方面は通行止め、万座三叉路かを右の折れて11:00万座高原。
こちらもけっこうなクルマの量。
万プリでトイレだけ借り、万座ハイウェイを走り抜けて道の駅八ッ場に立ち寄ろうと思ったら、駐車場外までクルマが並んでいてパスする。

12:00道の駅あがつま峡。
こちらは八ッ場に比べたらまだ混雑度は低い。
けれど、ちょうどお昼時、小ぢんまりした食堂は食券買う人で並び、売店のパン類はすでに売り切れ。

昼食が取れそうな良さげな店を検索して出発、12:45蕎麦屋到着。
ちょうど食べ終えた人が何組か出てきてすぐに入ることができた。

舞茸天ぷらとざる、合鴨ざる。
出てくるまでかなり時間がかかるとネットに書き込みが。
20分弱待ち、出てきた料理は美味しくってよかったです。

食べ終えてから58号を南下し406号に入り、倉渕方面へ走ると景色はだんだんと山から街に。
カーナビに従い右折すると信越線群馬八幡という駅前に。

そこからいつも走る18号へ出て少し走ってまた右折。
川沿いのやや狭いドテ道を走り、カーナビ頼りにしばらく走って目的地に到着。

やや大きめの普通の2階建てだが、そこは母方祖父の生家。
昨年、母が亡くなり、戸籍謄本を取り寄せた時にその住所を初めて知ることに。

戸籍上は母もそこで生まれたことになっているので、祖父、母の生家に初訪問。
とは言っても、いきなりなので外から眺めるだけ。

すぐ近くにお墓があり、そこを覗いて墓碑を見ると、それは祖父の父母のだった。
祖父の父母、実家を継いだ長男夫婦の名が刻まれていた。
これも戸籍謄本を見てなければ名前すら知らなかったこと。

何も持たずに来てしまったのを手を合わせて心で詫び、挨拶だけさせてもらった。

18号に戻り、高崎市街に向かい、駅前の駐車場にクルマを停めてホテルにチェックイン。
部屋でシャワーを浴びて16:00街に繰り出す。

シンキチ醸造所というクラフトビールを飲みに歩いて5分ほどのザブンという店に。
小さくてシンプルな造りの店。
高崎ブロンドはウィートエール,ダブルコサックはサワーエールかな?
コサックには大根使っていると言ってました。
どちらもドライで飲みやすい。
料理はモツ煮、刺し身で和食っぽい。

こりゃ、シンキチ醸造所にも行かねば、ってことでお次はそちらへ。
着いたときは満席だったが、ちょうど帰る方がいらして、運良く入れた。

店員さんは若い女性とお子さんがハタチくらいの女性、2人。
ベーシックはIPA?、テンダービターは飲みやすいビター、栗毛はアンバー?スタウト?
料理はお子さんのいる女性が、アルコール類は若い女性が詳しい感じ。
18:30ラストオーダー19:00閉店なんでもう少し飲みたかったけれどおしまい。

どこか良さげな店はないかな?とふらふら裏通りを歩き、素敵な蕎麦屋があったんで見ると、野毛での飲み仲間の方がプランニングしたお店。
外観でわかります。
貸切になっていて、中では立派な紳士が蕎麦を手繰っていました。

ザブンの近くまで歩き、活気ある焼き鳥屋を覗くと外席でならどうぞ、と。

結構多くの通行人はこの店を目指してたっぽく、「ああやぱっり満員だあ」との声を何組も聞きながら注文した焼き鳥を待つ。
かなり待たされたが、なかなか美味しくいただきました。

今日は朝、昼、晩と待たされる日だなあ、をほろ酔いで宿に帰り途中で買ったハイボール缶を飲んで就寝。

9/21(月)

6:00起床、やや頭痛。
シャワーを浴びて6:30朝食会場へ。

コロナのせいでビュッフェ形式はドリンク類と納豆などのサイドメニュウだけ、メインのおかずはプラ弁当形式。
おかずが多すぎて朝から普段の晩飯くらいの量を食い、苦しい。

8:00チェックアウト、8:30道の駅高崎玉村。
この玉村ってあたりで長野県の玉村本店の初代が酒造りの修行をしたと会社案内に書いてあったんで、ちょっと気になっていた。
どこの酒蔵だったんでしょうかね?

まだ朝早くて道の駅の店は開いていなかったんでそのまま関越道に。
大渋滞の下り車線を横目にすいすいスムーズに9:40関越練馬。

環八混んでそうだったんで環七経由、途中スーパーで日常の食料買って11:30帰宅。


2泊することもないくらいの距離移動だったけれど、高崎の祖父実家訪問ミッションが達成できてよかったです。

コロナ感染の様子をよく観察しながら、来月以降も慎重に行動していくつもり。






Last updated  2020.09.23 16:15:59
コメント(0) | コメントを書く


Favorite Blog

ゴーヤ泡盛の野毛日記 ゴーヤ泡盛さん
Movie Starのおいし… Movie Starさん
ちゃみのかいがら ちゃみ527さん
2004~2013 佐藤晋さん
そぞろある記 ホッピー次郎さん
〜 Leona's Note~ Leona35さん
食べアル記 jaywayさん

Comments

 ササキコジロウ@ 参院選で不正選挙が行われます。 参院選で不正選挙が行われます。  昨年の…
 masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
 16G@ ユーキさん メッセージをありがとうございました。 …
 ユーキ@ オクトーバーフェスト こんにちは☆ブログブックマークに登録させ…
 16G@ Re:お待たせしました(10/25) egawaさん お久しぶりです。 いろいろ…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.