000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2006.04.14
XML
カテゴリ:動物行動学 進化論
足の指の骨は、踵(かかと)に向けて長く伸びている。
骨格だけ見ると、人の手と足は、一見とても似ているが、著しく違うのは、親指の生えている方向である。
手の場合、親指は他の四指に対して直角近い角度で生えているが、
足の場合、他の四指と同じ方向に親指が生えている。
ヒト以外の多くの霊長類の手は、ヒトの足のように親指が四指と同じ方角を向いている。
ヒトが手を器用に使えるのは、この親指の生える方向のお陰だ。
一部の進化論学者には、「ヒトは、器用に使える指を獲得したことで、大脳を大きくせしめたのだ」と仮説している人がいる。
指で色々、器用な工夫を繰り返すと、脳が活性化するのだという。
実際、老人に指の体操をさせると元気になる。
しかし、進化論学者のいう、脳が巨大化するまでに、本当に影響するだろうか。
例えば、わたくしのご先祖さまは何代上っても百姓だと思うが、日本の下級民の凄いところは、大部分が早い時期から、箸という、世界的に見れば器用極まりない道具を利用しているということだ。
(筆もそうだが、筆を使えたのは一部の上流民だけだったので、除外。)
それだけ箸を使い続けた割には、他の民族に比べ脳が進化しているとは思えない。
勿論、日本人にも天才はいるが極一部であって、総じて外国人に比べて長けているとは到底思えない。
だから、たくさん器用に指を使うと脳が活性化はするかもしれないが、進化まではしないだろう。

上記の進化論学者の話は、「仮説」の紹介。
我々大人は、しばしば「仮説」や「常識」に惑わされる。
「偉い人が、こう言っているから。」とか、
「きっと、こうなるに決まっている。」とか。

それを拭えぬ限り、人は加速度的に老いるであろう。

40歳の誕生日を前に、己への戒めである。


横尾けいすけ






最終更新日  2006.04.14 18:33:26
コメント(1) | コメントを書く
[動物行動学 進化論] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Fです   Fです さん
勿論、日本人にも天才はいるが極一部であって、総じて外国人に比べて長けているとは到底思えない。

馬鹿者。日本人は日本人です。素晴らしい国民である。外国人も利口な人は利口で、馬鹿な人は馬鹿。
ところで天才の定義を教えてください。
きっと、天才に接する機会が無いので、身近に思えないのだと思う。私は、天才を見たことが無い。
先生は、どうですか。結局、努力に勝る天才無しか、
人とは同じ方向を向いていない人々のことだと思うのです。そして、彼らの努力や方向性の結果が、社会にとって、革命的な貢献をした場合に、彼らが天才と呼ばれるのでしょう。 (2006.04.16 20:29:48)

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.