000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2006.10.03
XML
カテゴリ:仁徳
ラーメン大王さまは、お怒りである。
(大王さまとは、わたくしのことである。)
何にお怒りかというと、町田の飲食店、特にラーメン屋の店員の質が悪いことにお怒りである。
ガラの悪い渋谷を除いた都心と比較すると、町田のレベルの低さが目立つ。
町田がミニ渋谷と呼ばれるのは、こういう面にも表れている。

例えば、長崎ちゃんぽんを主商品にする大手チェーン店は調理も接客も全くダメ。
調理は、具になる野菜の炒め方が日々バラバラで、焦がしている日もあればナヨナヨの日もある。
チェーン店は、どこの支店に行っても同じ味にしなければならないのだが、ここの町田店は同じ店舗でも日々“個性溢れる料理”だ。
ちゃんと、マニュアル通りにタイマーを使ってほしい。
接客も困ったもので、どうやら最近辞めたらしい20代前半の若い女は、40歳になる大王さまに対してフレンドリーなのだ。
大王さまは美味しくラーメンを食べたいのであって、それを運ぶ女に心の触れ合いなど期待していない。
センスの悪いこの女は、「ご注文はお揃いですか?」という会社からのマニュアルを自己流に換えてしまって、「ご注文はお揃いですよねー。」と言ってしまった。
この間違いは、まず客である私が成否を決めることを店員が念押し言葉にしてしまったこと、そして「お揃いですよねー。」と言ったために追加注文を抑えてしまっていることだ。
「お揃いですか?」と言えば「ビールを追加してください。」と私が言うのに。
ダメのとどめは、注文が完了した時に卓上に置かれる伝票だ。
この女は何時も、伝票を表にして置いていくのだ。
多くの方がお分かりの通り、伝票は裏にして渡すものだ。
何度もそうする女に、怒り狂った大王さまは目の前で表の伝票を裏にした。
しかし、女は無反応であった。

保守主義の私は、スカポンタンな一部の若い人がするアンポンタン行動が許せない。
若いうちは誰もがアンポンタンなのだから、先人や先輩・経営者が作ったマニュアル通りに行動しなくてはならない。
工夫するのはその後だ。

さて、何故に伝票を裏にして客に渡すのか、みなさんは分かるであろうか?

横尾けいすけ
yokoo・depas・bowie・keisuke






最終更新日  2006.10.04 00:25:02
コメント(8) | コメントを書く
[仁徳] カテゴリの最新記事


PR

X

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.