000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2007.06.18
XML
カテゴリ:仁徳
今更、わたくしが勧めなくとも、多くの方が分かっていることだが、常に文字に触れていないと書けなくなる。
正しくは読んでいても駄目で、ペンで漢字を書かないと凄い勢いで忘れる。
ワープロなどのキーボードの進出は大変な後進化を生んでいる。
私なんぞは“奈落の底”状態で、奈落の底という言葉は知っていても変換ソフト無しには到底書けない。

話しを新聞読解に戻すと、まるでニュースはテレビやインターネットでも事足りるようにみえる。
しかし、それでは事実の把握のみで、その事実について考察しなくなるのだ。「ふーん・・・」で終わってしまうのだ。
大切なのは、その事実を自分で考えることなのだ。

私は半年ほど前からサンケイ・エクスプレスというタフロイドサイズ誌を購読している。
この新聞の特徴は読みやすさである。それゆえ、ほとんど毎日全文を読んでいる。
これこそ、博学研究の根源である。

なお、外国語に堪能な方はその国の新聞を入手すると良い。
(日本の新聞の英訳では駄目。)
外国が日本をどう評価しているかが分かるからだ。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
cayman450s@yahoo.co.jp






最終更新日  2007.06.19 00:15:15
コメント(4) | コメントを書く
[仁徳] カテゴリの最新記事


PR

X

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.