416051 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2009.06.11
XML
カテゴリ:社会風俗

オーケストラの指揮者は、全ての楽器が堪能なのではありません。
トロンボーンをまともに吹けない指揮者も少なくないでしょう。
バイオリンから打楽器まで、全ての楽器を奏でる事が出来ないかもしれません。
でも、王様のように指導するのです。
そして、オーケストラは発表会で、素晴らしい結果を出すのです。

自分が出来なくても 悟っている。
自分が出来なくても 教えられる。

これが出来る指揮者は プロフェッショナル。
それを認める事が出来る演奏者も プロフェッショナル。

野球だって そうですね。
現役時代にピッチャーだった人が監督になっても、バッティングを指導出来ないと成り立ちませんね。

でも、監督になるような人は 指導出来るのです。

若い人は こういう“捻じれ”に見える現象について疑問に思うかもしれませんが、そんな時思い出してください。
指揮者も演奏者も みんな「主役は自分なのだ」ということを。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
mail to yokoo@mopera.net






最終更新日  2009.06.12 10:08:56
コメント(0) | コメントを書く
[社会風俗] カテゴリの最新記事


PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.