000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2010.01.11
XML
カテゴリ:政治

昭和の晩期から現在というこの30年、今までの日本の風習が大きく変わりました。個人主義の日本人が圧倒的に多くなったのです。
他人には なるたけ係わりあわないように生活する風習がはびこっています。
これは子どもに対する教育にも同様で、自分の子には最高の教育を与えたいと思っていても他人の子にはとても冷たい。
貧困で参考書を買えない子を見かけても「かわいそうにね。」という同情だけ。
「かわいそうに」という同情なんか、何の役にも立ちません。
他人の子が立身出世したところで自分が得になることは無いという思惑が見え隠れします。
そういう考え方は獣のレベルで、社会を運営する人間としては著しく間違っています。獣は自分の子孫を残すのが本能的に使命なので それで良いのですが、人間は社会を作る生き物です。社会は自分の子だけが幸福では成り立たないのです。

日本人の特徴として「血を重んじる」というのがあります。
良い面もあるのですが、反面、欧米諸国に比べて養子に関して淡白です。これも自分の遺伝子を重んじる獣的な幼稚な人間性と思えてなりません。

ちょっと前に「ホームレス中学生」という小説がヒットしましたが、あの物語で一番感動すべきシーンは お父さんがいなくなってお母さんが亡くなって残された三兄弟が町内の人の援助でアパートを借りられたところです。理由は愛が見えたから。

5人に1人の子が困窮している現代で、私たちが出来ることは何なのか、やらなくてはならない事は何なのか。

繰り返しますが、自分の血筋を残す事だけを考えているだけでは獣と一緒です。



博学研究家 横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to cayman450s@yahoo.co.jp






最終更新日  2010.01.11 23:36:43
コメント(2) | コメントを書く
[政治] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


こんにちは!!   (カメ) さん
私はけいすけさんの意見を踏まえた上で

さらに自分の子供をもっと大事にすることが基本だとも思います

あまりにも軽く考えている人が増えてきているような・・・・・

だから当然他人のことも大事に考える事が出来なくなっているような時代になっていると感じています

人間にはいろんな特性があるので他の子供の役に立つことを出来る人もいれば

料理しか作れない人などいろんな個性があります

ただ子供のことを大切にするのは表現の仕方の違いはあれ誰だって持ち合わせている本能だと信じています

ただ大事なのはいつもけいすけさんがブログに書かれていらっしゃるように

自分の長所なり好きなことを活かして周りの人に貢献するという姿勢だと思います

みんながそのような気持でいれば自然と良い社会になるのではと感じています

その気持ちがあれば子供にも愛情が注げるような気がします

けいすけさんが書かれているような方はまずは自分のためにという前提があり

そのために子供に尽くしているのかもしれませんね

私もまだまだそのような気持ちを根底に持っているので

頑張って人のために尽くせる人間になりたいと考えています

長くなってすいません(涙) (2010.01.14 17:30:04)

Re:米森先生へ   横尾けいすけ さん
我が子も大切に出来ない大人に 他人の子を面倒見ることなど出来ませんね。仰るとおりです。

人間の本能については、今年一年の課題としています。考えがまとまってから伝えたいと思います。

僕の感じている今の日本人は、腹の中では「お節介をしたい」と思いながらも“面倒な事が想像されるので”関わりあわないという点です。
「政治にもの申す」という行動が笑いもののされている事実はおかしいのではないでしょうか。

マドンナさんがアフリカの子を養子にする件について問題になりましたが、これも彼女が余裕があるからこその行動でしょうか。でも日本人には こういう決断は皆無に近いですよね。
ここが気になるのです。

今日もコメントをありがとうございます。

(2010.01.14 23:52:53)

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.