415762 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2010.06.09
XML
カテゴリ:レビュー 感想

安全地帯が復活しました。復活は何度目になるのか数えきれませんが、僕には思い出があるので語りたいと思います。

中学生の頃、僕は井上陽水さんに傾倒していました。当時からメロディーよりも詩の感動に関心が有ったのです。2度目の陽水さんのコンサートを渋谷の厚生年金ホールに観に行きました。当時、陽水さんは既に大御所で、コンサート・ツアーを毎年しなくとも人気を落とす事が無い立場でした。だからこそ陽水さんのコンサートのチケットを手にする事は、それだけでプレミアムだったのです。
そんな感動の瞬間を 僕は遠い2階席で観ることが出来ました。
まず、バックバンドが出てきてチューニングをし、バラバラのように音を出し、それが一つになったときに、陽水さんが現れるのです。
中学生の僕に、最高の瞬間でした。

でも、最も高いというのは自分の思い込みであって、真実とは限りません。

本当の超最高は、コンサートの中盤にやってきました。
それまで、パーカッションをテキトウにやっていたバックバンドのひとりが、陽水さんとアコースティックギターでディユットを始めたのです。それは忌野清志郎さんとの共作の歌で、陽水さんと彼は最高に歌い上げます。
数日後、僕は玉置浩二率いる安全地帯のライブを渋谷のエッグマンという小さなホールで観たのでした。まだ、ブレイクした曲「ワインレッドの心」は発表されていませんでしたが、凄いパワーを感じましたね。
声と音に、本当の力があったのです。



横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to cayman450s@yahoo.co.jp







最終更新日  2010.06.10 00:12:55
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:安全地帯 その1(06/09)   jalan-jalan-3105 さん
すごい貴重な話です!
その瞬間にたちあえたなんてうらやましいです~(*^_^*) (2010.06.23 22:35:13)

Re:jalan-jalan-3105さんへ   横尾けいすけ さん
コメントをありがとうございます。
今年のコンサートツアーのチケットを入手されたようですね。
安全地帯が始動した当時の経験をうらやんでいらっしゃいますが、安全地帯は稀な位、今も昔も情熱に変りはありません。悪く言えば大人になっていないのですが、良く言えば愛を忘れていないのです。
だから、今の安全地帯も最高なのです!
楽しんでくださいね。
(2010.06.23 23:26:21)

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.