408482 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2010.11.03
XML
そんな童謡を歌っている場合ではない。各地でクマ被害が相次いでいるのです。
今年の夏は強烈な暑さが続いたので、森林の木の実も出来が悪いのだそうです。冬眠前にたらふく食べなくてはならないクマさんも困ってしまい、仕方なく人里に下山しているらしいのです。
もう、みんな知っている事ですが、クマは人を襲うのではなくて、人を見てビックリしてパニックになってしまって、恐怖心から攻撃している様子です。ここがクマと肉食獣との違いです。
肉食獣、例えばライオンやヒョウは食欲のために他の動物を襲います。ハンティングは突発的な事でなく日常的な行為ですから冷静です。いや、冷静に怪我をしないように効率よく射止める事を目指します。
ライオンがシマウマを襲うとき、背骨を噛み砕くのです。背骨にダメージを与えれば四肢が不能になる事を知っているのです。シマウマに足でキックされたらライオンといえども致命的な怪我をするのです。そんなトラブルを避けるためにも、ライオンは急所を突きます。
肉食獣はハンティングの成功が生命線ですから、正確かつ知的な狩りをします。

肉食獣でないクマさんがパニックっているのは、留めを刺さない事からも分かります。
倒れた人間の顔を噛んだ事例が少なくないのですが、顔に攻撃してもダメなんですね。
つまり、クマさんはパニックっているのです。食欲ではないのです。

サル、シカ、イノシシも人間の生活圏に降りて来てトラブルとなっています。
山の奥に食べ物が少ないのが原因なのです。秋から冬に掛けてだけ、山に食べ物を撒いてもよいかもしれません。そうすれば、わざわざ恐ろしい人間の居る所なんかに降りて来ないでしょう。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke?
mail to cayman450s@yahoo.co.jp






最終更新日  2010.11.03 22:57:06
コメント(2) | コメントを書く
[ニュース 違った目線] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.