000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2011.03.14
XML
カテゴリ:政治
震源地で災害に遭っている方々から怒られそうですが、首都圏は計画停電で大混乱です。
福島の原発が被災の合い発電出来ないための大規模な節電ですが、未経験なプロジェクトであったこともあり小さな被害が無数にあったようです。
今日は地域の停電よりも鉄道の運休を優先したようです。
JR東日本は山手線などの本線は運行しましたが、横浜線や横須賀線などは終日運休です。
私の住む町田は、普段はJR横浜線と私鉄の小田急電鉄が利用できますが、本日は両方とも運行していませんでした。これは振り替えが利かないということで、いわゆる「陸の孤島」です。
路線バスもガソリンスタンド渋滞のため動かないし、後は歩くしかないというわけで、町田から長津田まで1時間半歩きました。
こういう事態が2,3日だけならば頑張りますが、福島原発が稼働するまでとなると気が遠くなりそうです。
「JRも小田急も運休」は勘弁してもらいたいです。

泣き言はここまで。
「真剣になっても深刻になるな」ですからね。

深刻にならずに真剣に考えたら、良い案が浮かびました。

電車というのは加速する時に莫大な電力を使用しますが、スピードに乗ってしまえば殆ど電力を利用しないのです。自動車のタイヤよりも鉄道の車輪は摩擦係数が低いですから。
この特性を利用すれば、なるべく停止しなければそれだけ電力の消費が少ないはずです。
つまり僕の案は、全車急行で運行する案です。これならば都心への足も確保されます。各駅停車しか停まらない駅を利用する方は急行停車の駅まで移動しなければなりませんが、運休よりはどうにかなります。健常な人ならば急行停車駅までなら歩けるでしょう。
どうでしょうか。

横尾けいすけ






最終更新日  2011.03.15 00:09:41
コメント(2) | コメントを書く
[政治] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.