413867 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2011.06.01
XML
カテゴリ:お薦めの本

星の王子さま バンド
「星の王子さま」バンド・デシネ版
ジョアン・スファ-ル(作
池澤夏樹(訳


バンド・デシネとは、フランス語で大人向きのコミック漫画のことだそうだ。
要するにこの本はフランスNo.1の文学である「星の王子さま」をスファールというフランス人がコミックにしてしまったもの。

サン-テグジュペリが残した原作は僕の大好きな本のひとつです。何回読んでも新しい気付きがあります。そしてその文章の合間合間に描かれた挿絵が素敵だったのですが 、バンド・デシネ版では酷い事になっちゃいました!王子さまは上図の様になっちゃって、イタズラ小僧っぽいしポケットに手を突っ込んでいます。全くもって王子の風格無し。さぞかし天国のサン-テグジュペリも怒っていると思うのですが、これがですね、なかなか、王子さまのワガママな雰囲気を表現しているのです。
王子さまは知りたい事を質問責めしたりしますが、問われた事には殆ど答えない。ワガママなのです。その性質は実は子どもそのもの。子どもって本来、自己中心的で遠慮なんかないのです。最近の子がヘンな教育をされているだけなのです。??原作も詩的な表現の格言が沢山有りましたが、それはそのまま漫画と共に読めますので、文章が苦手の人にも良いかもしれません。

最後に気づいてもらいたい事が有ります。スファールは王子さまも飛行士もバラも・・・全てのキャラクターを変身させてしまったのですが、ひとりだけ手を加えなかったのです。
それは後半に出演するヘビです。王子さまの命を奪うヘビは忠実にシンプルに描いているのです。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.06.01 23:39:58
コメント(2) | コメントを書く
[お薦めの本] カテゴリの最新記事


PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.