000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2011.06.25
XML
カテゴリ:健康・医療
 以前に、オーディオブックについて記しましたが、僕は電車の中でオーディオブックを聞く事が結果的に多いのです。音楽はそれほど聞かないし、イヤフォンで音楽を聞こうとすると、どうしても音量を上げたくなってしまうので。その点、オーディオブックはボリュームを上げて迫力を出す必要は無いのです。
 みなさん、電車の中では本を読んだりゲームをしたりネット閲覧をしたり、過ごし方は様々ですが、つり革につかまっている時は両手を使わないで済む「聞くこと」は都合がいいですよ。
 ただ、問題もあります。電車の中というのは結構騒がしくて、聞き取れない事も有るのです。音楽をBGM的に聴いている場合なら一瞬聞こえなかったとしても問題は無いのですが、オーディオブックを一字一句聞き逃すまいと注意して聞きたい場合、電車の中は不都合なのです。
 それで、ノイズキャンセリング・イヤフォンを買いました。大抵の電車なら充分に雑音をカットします。使い物になる。印象としては水中に潜った時みたいな感じ。ちょっと遠くで大きな声や音がしているのだろうなという印象。効果的です。
 
僕のはこれ↓ オーディオテクニカ アクティブノイズキャンセリングヘッドホンATH-ANC23
ノイズレス


 しかし、残念な事にノイズキャンセリング にも限界があります。それは地下鉄の丸ノ内線での事でした。
 元々、丸ノ内線は設計が古いのです。古い地下鉄は最近のそれのように深く掘りませんから色々な都合できついカーブが少なくないのです。
 四ツ谷駅を出発してから赤坂見附駅の手前あたりでしょうか、結構きついカーブになるのです。スピードも落としますが、車輪とレールの擦れる音がもの凄いのです。本当に凄い音量です。おまけに最近は震災の影響で節電をしています。時には車内のエアコンを切っているのです。つまり窓を開けている。開けた窓からの金属音。それは凄い音量ですよ。工事現場と同レベルですね。
 さすがにそこまでうるさいとノイズキャンセリング・イヤフォンでも何を言っているのか全く聞こえなくなります。完敗です。

 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 ところがですね、そんな工事現場の様な車内であっても、寝ている人がいるんです。不思議だと思いませんか。もの凄い騒音の中でも眠れるのは不思議な事だと思いませんか。    
 もっと小さな音でも、例えばカナブンの羽音でも気になると眠れない人もいれば、丸ノ内線でも爆睡する人もいる。人間の生理の不思議を感じました。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.06.25 21:31:56
コメント(2) | コメントを書く
[健康・医療] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.