449622 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2011.11.19
XML
カテゴリ:仁徳

「国民総”幸福”量」を重んじるブータン国王が国会で演説 全文(ガジェット通信)
 http://getnews.jp/archives/152497

ブータン国王

 上記のリンクは、来日中のブータン王国 ジグミ・ケサル国王による、日本の国会での演説です。その内容は慈悲の心に溢れ、感慨の涙を抑えられません。
東日本大震災を被った日本、特に福島県に対する慈悲の心が伝わります。
 実際、ケサル国王夫妻は18日、福島県相馬市の小学校を訪問してくださったのです。
原発事故の周辺地域を恐れることなく訪れる、 真の勇者であるケサル国王に感謝と敬服をします。

 演説に戻りますが、その内容は、日本への愛に溢れています。人への慈しみの心を感じます。
私は、ケサル国王の人徳とブータン国の崇高さを子々孫々と伝えたいと思います。
 一方、他国には、二ヶ月以上もデモを繰り返す人が居ますが、その主張は幼いものです。「政府は生活をよくすべきだ」「格差をなくすべきだ」「生活の保障をすべきだ」・・・
不満があるのは分かります。しかし、自分が幸せに成ることばかりで心をいっぱいにしているから、そんな人生になるのです。もし、自分が富を得たら、デモに参加しないような人に、幸福は訪れるでしょうか。

 子どもの頃、差別心の強い当時の大人から、こういう事を聞きました。
「先進国の人間は崇高で、発展途上国(当時は後進国と呼んだ)の人間は愚かだ」
事実は逆のようです。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com








最終更新日  2011.11.19 13:02:07
コメント(2) | コメントを書く
[仁徳] カテゴリの最新記事


PR

X

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.