000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2011.12.15
XML
カテゴリ:健康・医療
 
 今回は、風邪を治そうとしないで、症状を治めましょうというお話しです。

 風邪が長引いて困っている人を見かけます。気の毒です。さすがに発熱すると体を休める人が多いのですが、「この程度の風邪で・・・」と休まないのが長期化させる原因です。 
症状は人によって様々です。鼻水が止まらない、喉が痛い、痰が出る、節々が痛む、お腹がつらい・・・などなど。
症状が軽いからとそのままにしておくと、慢性化症状に発展することもありますから注意が必要です。鼻づまりを長期化させていると、鼻の周りの骨にある空洞に炎症が起きやすくなります。そうなると風邪をうつりやすい体質になってしまうのです。
また、症状を重たくしてしまうと、体がつらいばかりか気持ちも滅入りがちです。

 風邪をひくと「風邪を治そう」と努力しがちですが、ここに風邪を長引かせる要因が有ります。
風邪を治すのは大変に困難なのです。その専門家である内科医師でさえ、風邪を治せません。また、風邪に効果の高い薬も開発されていないのです。
実は、お医者さんは薬を使って「風邪を治そう」としていないのです。しているのは「症状を治める」こと。症状を治める薬を処方しているのです。
風邪をひいてしまった方も医師と同じように、「風邪を治そうとせずに症状を治めよう」とすると、結果的に風邪自体も長期化しないで済みます。
「栄養のある物を食べて 抵抗力を付ければ良いのだ」と言われる方もいらしゃいますが、体が病んでいるときに抵抗力を増進させるのは至難な事だと思います。明日体力測定だからと、今日はじめて腕立て伏せをしても間に合わないのと同じです。

 「症状を治める」、具体的には、鼻水が多いのならそれを止める薬を飲みます。喉が痛むなら喉の炎症を治める薬を飲みます。ターゲットの症状にどの薬が効くかについては、自分ひとりで悩むより医師と相談した方が心強いですね。

 症状を軽くし気分をルンルンにすれば、確実に自己治癒力も高まります。

クリスマス

横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com







最終更新日  2011.12.15 09:19:15
コメント(0) | コメントを書く

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.