000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2012.01.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

houzann

こちらは焼酎です。
数日前に蕎麦屋で適当に選んだこのお酒が、大変美味しく、購入までに至った次第です。
私は、毎晩よく飲みますが、ビール、焼酎、梅酒以外は苦手なのです。なかでも日本酒はどうしても駄目でなのですが、焼酎は大好きです。飲み方はストレート。氷も不要です。
そういう飲み方だと、芳醇系よりも淡麗系の焼酎の方が適しています。以前は、蕎麦焼酎「雲海」を好んでいましたが、物足りなくなってきました。「焼酎といえば、芋だろう」とインスピレーションを感じ、数多くの芋焼酎を探検しましたが、臭みの強いのが多いのには閉口しました。しかし、「さつま白波」はGoodでした。芋の臭みを香りに変え、グイグイ飲めました。
その「白波」を越える、衝撃の酒「宝山」。もはやストレートに適する淡麗な酒でないかもしれないが、飲めてしまう。

口に含み、喉に垂れ流し、アルコールは食道から体に浸みるのであるが、
宝山は、喉仏に暫し留まる。
宝山はそこで熱く己の存在を伝え、そして問いかける。
在るべき姿を成し遂げているかと。



横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com







最終更新日  2012.01.21 23:57:20
コメント(1) | コメントを書く

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.