414051 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2012.03.22
XML
カテゴリ:レビュー 感想

sw-episode1-poster.jpg
映画「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D」

大好きな映画「スター・ウォーズ エピソード1」が、3Dとなって再上映です。
しかし、私は、映画の3D化に魅力を感じていません。

映像が立体的でこちらに迫ってくるように感じさせるための3Dです。つまり、3Dにする目的は、迫力を増すためなのです。
ところが残念なことに、その迫力は3分間ぐらいは楽しくとも、5分もすれば技術の幼さに飽きが来ます。なぜなら、映像を近景、中景、遠景の3つに分けているだけだからです。登場人物のアナキン少年を近景に置いて、パドメ・アミダラ女王を中景、そして背景の街並みを遠景に置いているだけであって、パドメ自体の顔が立体的に見えるわけではないのです。これでは昭和に流行っていた飛び出す絵本の映画版です。

「スター・ウォーズ 3D」は焼き直しですからともかく、これからの新作で3Dを前提とした映画を作ってはならないと思います。迫力を出すために、3Dにするといった方法ではならないと思います。
下記の映像は2Dですが、大変な迫力です。
http://trailers.apple.com/trailers/fox/prometheus/
映画「プロメテウス」の予告編トレーラー2をご覧ください。これが映像技術だと感じることでしょう。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2012.03.22 07:12:59
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.