000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2012.08.15
XML
67回目となる今年の終戦記念日に、賢明な私たちは何を思考すべきでしょうか。
(賢明な私たちという表現をわたくしが利用したのには、理由があります。それは67年も戦争をしなかったという実績が素晴らしいからです。戦争が出来なかったのではありません。本当に開戦したかったら、改憲すれば出来るのです。日本人は67年間、色々と悔しい思いをしました。領土の事、拉致の事、謝罪要求の事・・・常に怒りを抑えながらも睨みつける勇気があったからこそ、私たちは平和を維持出来ているのです。)

終戦の日にするべきなのは、下記のどちらでしょうか。
「反戦活動」でしょうか。
「平和運動」でしょうか。
反戦と平和は、似ているようで少し異なります。
その違いを感じたかったら、反戦主義を唱えている人と、平和を愛している人の表情をご覧ください。反戦集会のリーダーの表情は硬くこわばっていますが、平和集会のリーダーは穏やかな表情をしています。
表情は、思考を育てます。思考は人生を創造します。
怒りの表情で平和に成れるでしょうか。目をつり上げて「戦争反対!」と怒鳴ったところで、平和になった歴史は無いのです。

夏の空

本日も私は、平和を想います。「戦争はよくないなあ」とは思考しません。平和を想像するのです。

大切なあなたが 本当に欲しいものを獲得しますように。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke

mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2012.08.15 09:25:28
コメント(0) | コメントを書く
[潜在意識・引き寄せ] カテゴリの最新記事


PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.