413263 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

全86件 (86件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

潜在意識・引き寄せ

2011.08.05
XML
 植物には実を付けるものが少なくありません。それは何故かというと、実の中に種子を入れておけば、それを食べる動物が同時に種まで食べる事となり、その動物が移動した所で糞をしたときに、植物の繁栄を遠方地に広げる事が出来るのを期待しているのです。自分では移動できない植物の高度なテクニックですね。

 トウガラシの場合、さらに高等です。
 多くの果物は熟して甘みを増やす事により動物を誘いますが、トウガラシは逆に辛くします。辛くて食べられないようにしているのです。しかし、これでは繁栄出来ないように感じますね。しかし、ここがトウガラシの高等なところです。じつは、辛みという味覚は哺乳類は持っているのですが、鳥類には無いのです。
 哺乳類である人間も牛も馬も辛さを感じます。そして人間以外の哺乳類は辛いという味を嫌うのです。だから、牛や馬にはトウガラシは食べられずに済むわけです。
 しかし、鳥は辛みを感じないのです。だからトウガラシを難なく食べます。こうして、トウガラシは自分の種子の捕食者を鳥に限定することが出来るわけです。(人間は例外として)
 哺乳類を拒否して鳥類を選択した場合、何が得かというと、その広大な移動距離です。鳥は四つ脚動物よりも格段に遠くに移動するため、大規模な移動がしたい場合に有利なのです。

 あの辛さにもそんな繁栄のための戦略が有ったと思うと、大自然って凄いと思いませんか。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.08.05 21:41:58
コメント(4) | コメントを書く
2011.08.01
 スイスの精神科医・心理療法家であった カール・グスタフ・ユングは、その分析心理学に於いて「集合的無意識」を提唱しました。それはこういう概念です。「個人の経験を越えた、先天的な構造領域が有る。それが集合的無意識である。」
これでは理解しがたいと思いますので、例示で考えてみましょう。しかも我々人間でなく動物を見てみたいとおもいます。
 我々は、自分たち人間よりも動物の方が客観的に観察しやすいので、動物で考えてみると理解しやすい事もあるのです。

 前提として理解願いたいのは、「集合的無意識」とは 個に連なる潜在意識の大元であるということです。ひとりひとりの潜在意識が天空に伸びながら広がっている。そしてそれは宇宙の空間で無限大に広がるために他人から伸びた潜在意識とひとつになっている。そこを「集合的無意識」と呼ぶのだと、理解してほしいのです。
 また、「潜在意識はその肉体の命を守るのが第一の仕事なのだ。生命を守るために潜在意識は存在するのだ」ということも理解ください。

 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 日本には野生のニホンザルが居ます。とても頭の良い動物です。彼らは太古の昔から人間と距離を置いて暮らしていましたが、この距離感が日光などでは最近乱れています。つまり、観光客の持っているお菓子をサルが奪い取ったり、商店の売り物を奪うなどが横行してしまっているのです。こんなことになってしまった原因は、観光客が餌付けをしたのが切っ掛けのようです。また、野生のサルが観光地に居た方がお客さんが集まるだろうと勘違いした業者も居たようです。
 今では頭の良いサルたちがゲリラ的に被害を拡大しています。地元の商店会と畑を荒らされる農家は、どうにかしてサルを追っ払いたいのですが、結果は思わしくありません。犬猿の仲とされる犬も鎖に繋がれていると分かると無視する始末で効果無し。モデルガンの玉も器用に避けるので効果無し。野生動物なのでむやみに駆除も出来ず、地元では困り果てました。
 ところがです。困った果てに表れるのが救世主というものです。凄く効果の有る「サル撃退法」が見つかりました。

 それは、ライオンの尿を蒔いた所には、サルは恐れをなして近寄らないという習性を利用するものです。ライオンのおしっこは人間にも大変臭いので、使えない場所も少なくないのですが、畑なんかに置いておくだけでサルは全く近寄らないのです。遠くでもその臭いを嗅いだだけでサルは走って逃げるのです。効果絶大です。しかも、他の方法と比べて馴れも学習もありません。例えばカラスの場合、初めはカカシが人間だと勘違いして逃げますが数日でそれはただの人形だと発見し、カカシを止まり木にしてしまいます。昨日の発見を学習するのです。しかし、サルの場合、いつまで経ってもライオンの尿が恐いのです。そこに猛獣は居ないと確認しても「学習」出来ないのです。サルは頭が良いので他に学習できることは沢山あります。でも、いつまで経ってもライオンの尿は恐いのです。
 もちろん場所は日光なので、ライオンは居ません。有るのは動物園からもらってきたライオンのおしっこだけです。でも、サルは退散するのです。
 これって面白い話ではありますが、ちょっと妙なことだと感じませんか。

 私たち人間はライオンが最強の肉食獣だと知っています。動物園でもそう教わったし、テレビでもライオンが狩をする映像をよく見ました。我々はその恐怖を学習しているのです。しかし、野生のニホンザルは、ライオンを知らないのです。見たこともないし、どれだけ強大なのか学習もしていないのです。なのにニホンザルは、その尿に恐怖を感じます。「近くに恐い相手が居る!」と恐れるのです。
これって、不思議ではありませんか。
サルはライオンを知らないのに何故恐いのでしょう。
このことは、「学習していない事でも習得している事があるのだ」という証ではないでしょうか。
 いやいやそうではないとあなたは言うかもしれません。その理由は科学で解明されているのだと言うかもしれません。つまり、そういう情報は遺伝子DNAに“刻まれている”のだと。しかしです。ライオンの尿は危険だというあまりにも具体的な情報が“刻まれている”のは本当でしょうか。ヒツジのDNAにおとなしい性格が刻まれていて、オオカミのDNAに逃げものを追いかける性格が刻まれているのは理解出来ます。しかし、ライオンの尿は危険で家猫の尿は問題無いという細かいところまで、サルのDNAに刻まれているとは到底思えないのです。それではまるでサルのDNAには世界動物大百科事典が入っているのだと説明しているようなものだと思うのです。

 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 ここからは私の仮説領域になります。
 始めに言ったことを繰り返しますが、「潜在意識は命を守るために存在している」のです。そして、「潜在意識は何でも知っている」のです。

 ニホンザルはライオンを知りませんが、ニホンザルの潜在意識は、ライオンが生命を脅かす対象だと知っているのです。だから、ライオンの尿に恐怖を感じ “させる” のです。
 我々、人間にも、学習や経験をしていないはずなのに、知っていることが確認できる時があります。例えば、生まれたばかりの赤ちゃんに向かってしゃがんで腕組みをして怒った顔をすると、その子は大抵泣き出します。逆に愛する表情をして両腕を広げるとその子はご機嫌になります。これも、まだ知らないはずの他人の顔色、ジェスチャーを理解している例です。
 学習も経験もしていない事を知っているのは何故でしょう。鳥は銃声のような破裂音に過分に反応するのは何故でしょう。セミは6年間地中に居て必ず6年後に地上に出てきますがどうやって時間を知っているのでしょうか。

 これらは全て、「集合的無意識」の導きなのです。そこからメッセージのようなものが発せられ、個の潜在意識に伝わり、発想に連なるのです。

 そうやって、潜在意識は肉体の命を守っているのです。



横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.08.01 20:22:37
コメント(6) | コメントを書く
2011.07.27
前回の「潜在意識 その4」は、私たちは大元では繋がっていて「ひとつ」なのです。と締めくくられましたが、専門的にはそれを集合的無意識といいます。

科学は、オカルトティックな話を否定します。もしくは実証が出来ない事は否定します。集合的無意識もオカルトティックなのでメジャーな現場では見ないようにしているようです。
しかし、科学で証明できないものにはインチキなものの他に、人間の能力を超えたものも有るはずです。なぜなら現代の人間の科学はさほど高等ではないからです。
ですから、これから話すことをオカルトティックに感じる人も居るかもしれませんが、「そういう風に考える人もいるのだな」と考えてもらってもよいのです。

この画像を見てください。↓
http://www.youtube.com/watch?v=oh89oHhInFo
8,000匹のイワシが群れを成して泳ぐ様子です。こうやって小さなイワシが、まるで大きな魚のようにアピールして、捕食されるのを防いでいるのではないかと言われています。
で、注目願いたいのは、イワシの「完全に統率の取れた動き」です。よく見てください。一瞬のうちに全てのイワシが同じ方向に向きを変えます。隣のイワシを見て、それを真似してなんてしていたら間に合いません。8,000匹ですからね。そして、間違える個体が居ないのは不思議なことです。普通、みんなと違う方向を向いてしまうのが1匹ぐらい居てもおかしくないですよね。でも、居ないのです。

私たち人間がダンスなどを多人数でするとき、個人の脳で覚えようとします。そして統率の取れた発表をしようとするのです。しかし、イワシは練習も出来ませんし指導者も居ないのです。これを現代の科学で説明するのは不可能です。

イワシの1匹1匹が考えているのではなく、8,000匹の潜在意識が天空のようなところで集合し、ひとつの意識に成っているとしか説明できないのではないでしょうか。

そう、この画像も集合的無意識のひとつの例です。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.08.01 19:45:28
コメント(4) | コメントを書く
2011.07.23
(~続き)

 昨日の続きです。
 まず、「フツウの意識」も「潜在意識」も、体外に有るのだという考え方に注目してほしいのです。「我々の意識は体外にある」と認識した時点で、大変奇抜な発想が生まれます。つまり、「肉体の死は有っても意識は永遠に存在するのだ」という考え方です。
 分かるでしょうか。意識には肉体のような生死が無いのならば、知人の死を悲しむ必要が無いということです。しばらく会えない遠い国への旅に出たのだ。そういう風に感じれば良いだけです。悲しみを半減に出来るのです。また、自分が死の宣告をされても恐れる必要は無いのです。肉体は土に戻っても、あなたの意識は永遠に続くのです。そう考えれば自分の死は悲しくも恐くもないのです。

そして、あなたの潜在意識は地球よりも大きい!と思えると、恐い者など無いのです。だってそうでしょう無敵でしょう。あなたの潜在意識は地球よりも大きいのなら、どんなに強大な他人も恐れることは無いのです。
恐怖は無意味だということになります。

更に、もうひとつの素晴らしいこと。それは、あなたの潜在意識が宇宙で広大になるのなら、他人の潜在意識も同じように宇宙で広がっているはずです。
ということは、あなたの潜在意識と私の潜在意識は宇宙の果てという大元ではひとつである可能性が有るのです!
私たちは大元では繋がっていて「ひとつ」なのです。

(続く~)


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.07.23 23:16:32
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.22
(~続き)

 もし、潜在意識とか、それ以外のスピリチュアルなことを「どうも理解出来ない!」という方が居れば、あえて形態化してみたら分かりやすいと思います。
 例えば、多くの宗教で、実はその神様を偶像化しているのです。本当は、神様に我々人間のような形は有りません。なぜなら我々のように神様は物体でないからです。しかし、それでは人々が拝みにくいから偶像を作るのです。彫刻だったり絵だったり岩だったりします。しかしそれは、あくまでも“イメージ画像”なわけです。
 それと同じように、形のない潜在意識も図形にしてみたら分かりやすいと思うのです。

  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
 
 意識には「普通の意識」と、「もうひとつの奥深い意識」が有ります。
 普通の意識を「顕在意識」といいます。もうひとつの意識を「潜在意識」といいます。
(顕在意識と潜在意識は文字が似ていて読み違いする可能性もあるので、「フツウの意識」と「潜在意識」と呼ぶこととします。)
 「フツウの意識」は、あなたが慣れ親しんだ意識です。喜怒哀楽など全てを担当します。
 潜在意識は「フツウの意識」に多大な影響を与えます。また、フツウの意識が休んでいる睡眠時にも大活躍しています。
 潜在意識は奥深い所に有るのでその存在に気付きにくいのです。しかし、「フツウの意識」に潜在意識は多大な影響を与えています。
 
 さあ、ここから、自由に想像してみて下さい。
 あなたの想像力で形にしてみて下さい。きっとあなたなら、あなたにベストなビジュアル化が出来るはずです。だって、あなたは潜在意識を持っているのだから。それを想像出来ないわけがないのです。

 あなたの頭の上に、「フツウの意識」があります。
 サイズは、あなたの頭より大きいかもしくは小さいかの程度です。
 あなたが目を覚ましているとき、「フツウの意識」はいつもそこから思っています。

 「フツウの意識」のさらに上に、「潜在意識」は居るのです。
 あなたが目を覚ましているときも、そして、眠っているときも「潜在意識」はいつもそこから想っています。
 「潜在意識」は、休むことなく想っているのです。あなたの命を守るために想っているのです。
 また、
 それは頭上の宇宙空間に向かって段々と大きく広がります。
 分度器で、わずか1度の細い広がりも進めば進むほど広大になるように、あなたの潜在意識も宇宙空間に広がる頃には広大になるのです。
 その地球よりも巨大な「あなたのもうひとつの意識」つまり、あなたの潜在意識)が、いつもあなたを見守っているのです。


(続く~)


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.07.23 01:48:55
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.20
(~続き)

 私たちには、見えないものでも意識することが出来ます。

 例えば、人間の「思いやり」。物体ではありませんが、感じることができますね。「思いやりを感じた」とか思ったりするものです。
 しかし、同じ「思いやり」を実行しても、伝わる人と伝わらない人に分かれてしまう時もあります。Aさんには「思いやり」が伝わった。でも、Bさんにも同じことを同じようにしたのに伝わらなかった、という経験はありませんか。あなたが同じ気持ちでいても伝わるときとそうでないときがあるのは、受け手側の『解釈』がそれを判定しているからです。受け手側の『解釈』が、「思いやり」と判断するか否かを生成しているのです。
 もう一度説明します。
 あなたが同じ「思いやり」をしたとします。分かりやすい事例として、すれ違うのが困難な細い通路で、あなたが道を譲ったとしましょう。Aさんは「ありがとう」と言いました。なぜなら本当に有り難かったからです。しかし、Bさんはこう思ってしまいました。「なにかウラがあるのかもしれない」
 Bさんの例はちょっと極端ですが、「受け手側の『解釈』がそれを判定している」と僕が主張するのはそういう意味です。同じ事も『解釈』によって違ってしまうのです。
 そして、その『解釈』をしているのが、意識の奥深くにいる潜在意識なのです。

 意識の深いところ、魂に近いところに潜在意識はいます。
 そこから潜在意識はあなたを導いています。潜在意識が良かれと思う方向に。
 上記の狭い路地でのすれ違いでも、Aさんの潜在意識もBさんの潜在意識もあなたを良かれと思う方向に導いているのです。ただ、その表現に違いが(個性が)あるだけです。

 「なんだか無性に嫌な予感がする」これは潜在意識がメッセージを送っているのかもしれません。
 「とってもあの人が好きだ」という恋愛感情も潜在意識からのメッセージです。好みには個性があります。AさんはCさんが大好きだけれど、BさんはCさんと会ってもそんなにワクワクしないというのは個性のためです。
 食べ物の好みも、旅行好きも、眠くなるのも、すべて潜在意識が導いています。その方があなたにとって良いことだと思って。
 体調を整えているのも潜在意識です。人の体は調子の良いときは一定の体温を保っているでしょう。血液の中身、赤血球の数とかは一定数を保ちます。そういうことを恒常性といいます。恒常性をコントロールしているのは自律神経ですが、自律神経という組織にすべての判断を出来るとは思えません。例えば風邪ウイルスが体内に入ると近くを通りかかった白血球やキラー細胞がウイルスを食べて死滅させようとすると生理学ではいいます。そしてその情報を得て多くのキラー細胞が患部に集まって来るといいます。しかし、誰のコントロールもなく集まれるものでしょうか。こんな複雑な体内で。

 感情も、体調のコントロールも、そして人生そのものも、潜在意識が良かれと思う方向に導いているのです。

(続く~)


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.07.20 19:23:11
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.19
 潜在意識とは何でしょう。潜在意識を考える前に、普通の意識をまとめたいと思います。つまり「意識」とは何かです。

 あなたが、物体で無いもので存在を認めるものは何でしょうか。
 意識もそれかもしれません。怒りや悲しみ、喜びなどの意識(感情)は、物体でないので形として認めることは出来ませんが、存在を誰もが認めていることしょう。
 例をあげるなら、大好きな歌手のCDを入手したとします。それは嬉しいわけです。でも、その喜びは、大好きな曲を手に入れたからであって、CDという物質を入手したからではないわけです。
 大切なのは物質の取得でなくて、感動の獲得です。

(つづく~)


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com







最終更新日  2011.07.20 07:01:05
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.16
 遅刻魔って居ますよね。
 あなたの知っている人で居ませんか、いつも遅刻する人。
 いくら怒られても遅刻する人。
 朝が弱いのかなと思ったら、夜の待ち合わせでも遅刻する人。居ませんか。

 役職に就いている方に聞きたいのですが、あなたの部下にそういう人は居ませんでしたか。また、学校の先生に聞きたいのですが、あなたの生徒に遅刻魔は居ませんでしたか。それ以外の方でも、中学校のクラスメイトで居ませんでしたか。
 遅刻が改善出来ない人って、いつの時代にも結構居るのです。

 役職の人とか先生に聞きたいのですが、彼の遅刻癖を改善出来ましたか。もし、改善出来なかったら、それは、相手が重傷なのと同時に「あなたの指導力が低い証」です。
 部下が良い働きを出来るように指導出来るのが、上司の仕事でしょう。自分がバリバリ働いたところでたかが知れていますからね。また、部下にブツクサ小言を言うのは小学生だって出来る指導です。そんなことでは遅刻癖は直らないのです。
 学校の先生が、遅刻する生徒に罰則をしているのをよく見かけましたが、効果が有ったでしょうか。生徒を殴ったり廊下に立たせたりして、遅刻癖が直った試しは有りません。効果の無い手法を続ける事で良い教育者といえるでしょうか。

 「そういう人は病気だから、教育では無理だ」と言い訳する人も居るかもしれません。私も数年前までそう思っていました。だから遅刻がおさまらない人には怒らずに、辞めてもらいました。しかし、それは間違いでした。まず、遅刻癖は病気ではないのです。だから病名が無いのです。日夜が逆転してしまう症状とか眠れないという症状は有りますが、遅刻病なんか医学界では有りません。
 つまり、脳の問題ではなく心の問題なのだということでしょう。
 怒ったり、小言を言っても改善しない時、心が強く関連しているものなのです。でも、最近の精神医学界では脳を見るのが主流で心を見ません。なぜなら、脳は数値化することがある程度可能ですが、心は無理だからです。西洋医学は数値化が前提なのです。

(続く~)


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.07.17 10:38:49
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.12
 幸福になりたい人にお勧めの「考えかた」は、マインドフルネスという考え方です。

 あなたは、幸せ=収入でないことは分かっているでしょう。年収500万円の人よりも年収5,000万円の人が10倍幸せか否か。お金に比例しないことは分かっているでしょう。
 何故なら、それが分からない人はこんなブログは読まないのです。金持ちでない私の主張なんか読まないのです。
 もうひとつふたつ、あなたは悟れると、更に幸せになるだろうと思います。
 例えば、あなたが絶対に譲れない考えについて。共産主義は間違いで資本主義が正当だという意見もそれに当たります。良いのです、意見や主張を持つのは。だけれど、違った意見をも聞いてみる気持ちを持つと自分自身が大きくなれます。譲れない考え方を認めろと言っているのではありません。大きく受け止めるのです。
 多くの日本人は北朝鮮のトップの思考が理解出来ません。それは当然なのです。しかし、そうやって日本人が理解しないから、いまだに国交が無いのです。北朝鮮がワルだからだけではないのです。

マインドフルネスという考え方があります。全てを認めるという意味です。
その行為を認めるのでなく、その考え方を認めるという意味です。
そういうあなたの巨大さが、金銭を超えた幸福を確保するでしょう。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.07.12 21:32:51
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.07
 例えば、馬術という競技が有ります。人間が馬に騎乗して、馬の運動の正確さや活発さ、美しさなどを目指すのです。
 「息が合う」なんて言葉が有りますが、馬術は人と馬の息が合っていないと上手くいきません。上手くいかないどころか、どんなに優秀な馬であったとしても騎手とマッチしていないと競技が成立すらしないそうです。また、人間が乗っていない方が軽くて結果が良さそうなものですが、そうでもないそうです。いつもの騎手と一緒の時は超えられた障害物も独りでは躊躇してしまう事もあるそうです。
 「人馬一体」という言葉がありますが、これは上記の事例で私が言いたいこととはちょっと違っています。「人馬一体」は人間が主で馬が従、その主従関係で良い結果が出るというニュアンスが感じられます。
 馬術には、主従など無いのです。あるのは潜在意識の一体化です。
 意識は物体でないので一つも複数も無いのですが、きっと馬と人との間には感情以上の深い深い繋がりが可能なのだと思います。

 ましてやです。人同士の間に、疑いのない信頼関係が成り立ったとき、どれだけ素晴らしいかと思うのです。

 供給側が需要側に、お礼を言うことがあります。例えば、整体師の私がクライアントのあなたに謝礼を伝える時があります。帰り際なんかに言うのです。有り難いという内容を。この時、「ありがとうございました」でも「ありがとう」でも良いのです。大切なのは心が伝わるかどうかで言葉は二の次です。マニュアルどおりの「ありがとうございましたーん♪」にどれだけ嬉しいでしょうか。例え、訛りがひどい「ありがどん」であったとしても、その真心が大切なはずです。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com







最終更新日  2011.07.07 23:28:39
コメント(2) | コメントを書く

全86件 (86件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.