000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

全85件 (85件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 >

政治

2006.05.14
XML
カテゴリ:政治
わたくしは、中・韓・北をボロクソに言ってるし、アメリカも戦争好きと言ったし、まだ言ってないけどイタ公はモードの先端であるかわりにフニャチンだ。
Dr.Fからもリクエストがあったし、他国の批判ばかりしていないで、自国の反省と批判をこめて、
日本のダメなところ(=幼いところ)を特集しよう。

こういう自虐は、ヘタをするとネガティブ思考になってしまうが、我々は避けて通ってはならない。
なぜなら、我々日本人は21世紀が終わる頃まで世界のリーダーを務めなければならないからだ。
我々がやらなくては他に誰もできないのだ。

まずは世界史を学んでいただきたい。
↓は長いHPだが、しっかり読んで、いかに日本の歴史教育が幼いかを実感いただきたい。

テッサ先生の補習授業
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/Sekaisi01.html


横尾けいすけ






最終更新日  2006.05.15 02:11:57
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.12
カテゴリ:政治
昨日、森さんが自分の派閥から二人とも立候補を認める発言があったため、ちょっと荒れた。
一国のボスの選択だから大問題なのだが、毎回国民には分かりにくい。
今回も、せっかく滝川クリステルさんが突撃インタビューをしたのに、森も麻生も無言であった。
クリステルに対して大変失礼である。(麻生さんは私同様ハーフ好きのようで、クリステルがマイクを手に付いて来ると、口元緩みっぱなしでアブナかったが、黙り通した。)

アメリカの大統領選挙みたいに、国民投票にしたら?との意見もあるが、私は反対。
なぜなら、日本の選挙民(大人)は、幼いから。


横尾けいすけ






最終更新日  2006.05.13 00:19:00
コメント(1) | コメントを書く
2006.05.05
カテゴリ:政治
極東国際軍事裁判のどこに問題点があったかを語る前に、人は何故、戦争をするのかを考えよう。

何千年も昔から、世界中で戦争は行われてきたが、なぜ人はこんなにも戦争をしたのだろうか。
中世から近代に行われた戦争の多くの目的は、領土・資源・食料の確保であった。
他国の資源や農作物を奪わなくしては、自国民が飢えて国が滅んでしまうからだ。
悲しいかな、当時は「必要な戦争」であったのだ。
(もとを正せば、人口を増やしすぎたのが原因である。)
だから、石炭や石油の資源や、農作物などの食料には価値があったが、石炭もたいして採れず石油は全くなく、米と芋しか採れない日本本土には魅力は無かった。
江戸末期に、そんな日本に何故列強各国が興味をもったかのことは別記するが、日本は各国に占領されんがため、また奴隷化されんため、軍力強化と教育に力を注いだ。
軍力強化のためには、特に資源が必要である。
資源がないと、軍艦は造れないし、動かせない。
自国に資源がないから、東アジアに進出した。
なんどもいうが、当時は軍艦が動かないと奴隷化されてしまうのだ。
血眼の努力の結果、日本は東アジアから東南アジア全てを“真っ赤”に塗ることに成功した。
大東亜共栄圏という、広大な国になってしまったのだ。

一般に、白人は、有色人が元気過ぎると、不快に感じる。
それは、今もあるのだが、当時は人種差別絶好調の時代だったから、黄色い日本が元気すぎるのは、不快以外のなんでもなかった。


横尾けいすけ






最終更新日  2006.05.05 23:31:10
コメント(4) | コメントを書く
2006.05.03
カテゴリ:政治
5月3日は極東国際軍事裁判(通称、東京裁判)の開廷の日です。
1946年の出来事ですから、60年の歳月が流れたこととなります。

先日、朝日新聞がアンケートをとったところ、「東京裁判の内容を知っていますか?」という質問に対し、「いいえ」と答えた人が7割に達したとの結果を公表しました。
http://www.asahi.com/politics/update/0502/002.html(この記事には靖国神社のA級戦犯合奉や、首相参拝についても、ごった煮で書かれていますが、記述をシンプルにするため、今回は省きます。)
東京裁判は日本史の教科書にも必ず載っている事なので、いくらなんでも国民の7割が知らないというのはデーターの誇張だと思いますが、それでも東京裁判を知らない日本人が増えていることは確かでしょう。
その理由のひとつに、日本の歴史教育の問題点があります。
高等学校にしても中学生にしても、永い日本史をたった一年間で教えようというカリキュラムの過密があります。
縄文式土器から始まり、小野妹子や平清盛、信長・秀吉・家康辺りで3学期に入ってしまうため、近代史なんか駆け足です。
また、歴史担当の教師は近代史を教えたがりません。
近代史は、いろいろ、面倒だからです。
腹の中には、意見があっても、生徒に教育しちゃうと、最悪クビになっちゃうから、臆病な先生は近代史に入ると教科書を棒読みです。
先生にも生活がありますから、臆病になるのも責められないでしょう。
でも、教科書棒読みなんて、生徒でもできます。
だから、高校生時代の私に、イラク人みたいな髭を生やした飯島サンはナメラレちゃうんです。

多くの大人が、今、気づいているでしょうが、学ぶ・知るということは、学校のセンセイから教わることでなく、自分で調べることです。
良い悪いはともかく、日本では、それが現状です。
その点、中国・韓国・北朝鮮は、全く逆のようです。

極東国際軍事裁判については、下記も参照。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/tokyosaibann.htm


横尾けいすけ






最終更新日  2006.05.03 23:57:18
コメント(3) | コメントを書く
2006.04.29
カテゴリ:政治
今日は、横田さん夫妻が、アメリカの大統領を訪ねた。
アメリカの大統領は、横田さん夫妻を真摯に迎えた。
なぜなら、彼自身が、ブルーのリボンを胸に付けていたからだ。
(ブルーリボンは、反北朝鮮、または、反共産主義の表しなのだ。

戦争が好きなアメリカのトップがブルーのリボンを付けたということは、
始まるということだ。

今年中に、大きな動きになるだろう。


横尾・デパスボウイ・けいすけ






最終更新日  2006.04.30 00:44:43
コメント(2) | コメントを書く
2006.04.27
カテゴリ:政治
ある時、刀(日本では太刀)が生まれた。
刀から守るために、鎧(ヨロイ)が出来た。
鎧をつき抜くために、銃が生まれた。
銃から守り、進むために、戦車が生まれた。

戦車は、銃攻撃から守るためのものなのだ。
刀や、ましてや言論の攻撃に利用する必要はない。

我々の常識である日本国で、“反乱”が起きたとき、公はどうしただろう。
ヨド号も、オームも、戦車が出動したことがあっただろうか。
一度もない。
なぜなら、戦車は不要であり、法治国家のすることではないから。

横尾けいすけ






最終更新日  2006.04.27 23:46:26
コメント(0) | コメントを書く
2006.04.26
カテゴリ:政治
わたくしが、否定する共産主義の歴史事実は山ほど事実がありますが、
文面の歴史より、画像の方が説得力がある現代なようです。

とても若い方は知らないかもしれませんが、1989年に天安門事件というのが中国の北京を中心にありました。
その頃、青年だった私は、自国民の学生を戦車でひき殺すことを見てしまったのです。

横尾けいすけ






最終更新日  2006.04.27 00:25:23
コメント(1) | コメントを書く
2006.04.25
カテゴリ:政治
こういうことが、わたくしの言っている「国民性」。
国民性は性格とは違うので、修正不可能。

「大使激怒 日本大使の前で、ヒロシマ原爆をネタに下品に笑う韓国人」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/608900.html

横尾けいすけ






最終更新日  2006.04.26 00:26:16
コメント(2) | コメントを書く
2006.04.19
カテゴリ:政治
竹島なる、クソの役にもたたない小さな岩島があるのだが、日本と韓国で、取り合いをしている。
どうでもよい島は、ついこの間までは、本当にどうでもよく、だから「ここはうちの領土だ」とか各国とも主張することはなかった。
なぜなら、全く無意味だから。
意味が出てきたのは、その島を中心として半径○○カイリまでが領海だという決まりができてからだ。
簡単にいうと、お魚を獲る場所は増える。
また、島の近くの海で、たまたま石油なんかが出ると、どうでもよい島が、いきなり宝島になるからだ。

竹島の場合は、石油も出る様子もないので、お魚だけだが、国家の威信(見栄)も両国にあるようだ。

サッカーや野球の試合で、負けたと結果が出た後にも「負けてはいない」と理解不可能なことを何時も言う韓国なので、竹島に関しても絶対譲らない最近の状態だった。
そして、竹島にプレハブ小屋を建ててしまった。

日本は、昨日から“いきなり”海洋調査船という武器を積んでいない平和な船を出航準備しはじめた。
それを聞きつけ韓国は、警備艇20隻(!)を手配したそうな。
やばいんじゃないのー。
警備艇っていうのは、船の鉄板に穴開けるほどの機関銃持っているんだよー。
警備艇20隻に囲まれて一斉射撃されたら、海洋調査船蜂の巣だよ!
こんなときこそ、イージス艦隊の出番じゃないのー?
というのが、素人の考え。
きっと、小泉さんのことだから、何か深い考えがあるのだろう。
海洋調査船の乗組員が、実はみんな自衛官だったりとか、
船に仕掛けがあって、下の方から魚雷が発射できるように改造してあるとか。
・・・まさか、捨て身で、この船を、真珠湾にするのか??


横尾けいすけ






最終更新日  2006.04.20 01:23:52
コメント(5) | コメントを書く
2006.04.18
カテゴリ:政治
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/
ここの左側に並んでいる世界史コンテンツは、全く勉強になる。
あなたも、わたくしのように、各女教授から学ぶべきであろう。

横尾けいすけ
yokoo@yokoo-jp.com






最終更新日  2006.04.18 20:57:13
コメント(0) | コメントを書く

全85件 (85件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 >

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.