322395 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

さいたまピアノ工房 ピアノ修復日誌

2015.02.25
XML
カテゴリ:技術者訪問
森田さんのところへ、数日お世話になるかもと思ってたが、一日で終了してしまったため、
折角関西に来たのだから、更に西に行って、他の工房も見る事にした。
森田さんがやさしく迎え入れてくれたので、少々調子に乗った感は否めない。

何せ2006年にフィレンツェの工房に訪問した以来の工房訪問。自然にテンションが高くなっていった。

宿はあえて予約してなかったし、事前に見学に行くかもとは伝えてあったし、皆さんやさしいので融通を効かせていただいた。ありがとうございます。

アトリエピアノピア
http://www.atelier-pianopia.com/

大阪にある工房。お昼の予定になったので、その時間まで阪神高速道路をドライブしてみた。
初めはなれなかったけど、車越しにコミュニケーションをしてる感じがあり、人情を感じて楽しかった。

工房を訪問すると、早速ご近所の定食やでお好み焼きをごちそうしてくれた。美味しかった。唐揚げサービスしてくれた。こういうローカルなお店は観光では入れない。お好み焼き、写真取ればよかったのにと少々後悔。

技術話の交換を短い時間でしまくった。FBを始めたから、今後もFBでやり取りして行こうと思う。

アトリエピアノ

この写真は、ピアノピアが撮影したもの。今回はホント写真を撮る余裕が無かった。


午後4時には、神戸市東灘区へ移動。

日本ピアノサービス
http://www.nippon-piano-service.co.jp/

午後3時着の予定が一時間も遅れてしまったが、大ベテランの三宅さんがいろいろ丁寧に対応してくださいった。お忙しいところ突然訪ねたのにもかかわらず。本当にありがとうございます。
1930年からある老舗。日本で、良い時代のスタインウェイを、恐らく一番修復してきた所。膨大な経験値を持ってるに違いない。さいたまピアノ工房も、末永く存在させたい。
工房で作業をしてる1908年製のスタインウェイの仕上げの参考になった。

日本ピアノサービス


この日は明石の友人宅に泊めてもらうことになった。今日はたまたま休みだったそうだ。申し訳ないと思ったが、甘えてしまった。
その前に、神戸の元町でコンサートを聞くことになった。ピアノは八木良平さん。以前ファツィオリでドビュッシーの前奏曲集第2集を聞いたことがある。詩的で知的な演奏だった。

偶然聞けたコンサート。今回は、ジョン・ケージだった! 初体験。4分33秒は、見事だった!?

音楽とは何か、考えさせられた。説明も分かりやすく、楽しかった。

夜11時に、明石の友人宅へ到着。急な事にもかかわらず、ご両親が布団を敷いててくださってた。申し訳ない気分になった。


この思いつきの一日は少々無茶苦茶だった。たった一日で、初めての街、初めての人、初めての音楽に触れた為か、頭の中が整理できないまま、ハイテンションのまま就寝した。






最終更新日  2015.02.27 23:01:14
コメント(0) | コメントを書く
[技術者訪問] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.