1444949 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ちょこっと一服(NO CURRY&Foot BaLL,NO LIFE)

PR

2007.11.24
XML
カテゴリ:2008【アウェイ】
朝から心地よい青空、そして2・3日前までの寒さが嘘のような神戸~大阪圏。

従前から神戸サポの間で告知されていた"電車ジャック"で参戦してきました。
大阪方面から折り返して三宮発となる電車の一両目は、箱の2/3程、神戸サポが乗り合わせ、梅田までの停車駅では続々と神戸のユニを纏ったサポーターが乗り込んできます。

PB240026.JPG PB240027.JPG


集合地である梅田駅前の歩道橋には、彼是100数十名は居たでしょうか。

PB240028.JPG

PB240029.JPG

PB240030.JPG

PB240033.JPG
万博公園東口に到着

駅からアウェイ入場口までチャントを唄いながら行進
PB240035.JPG

PB240036.JPG

PB240037.JPG

アウェイ入場口付近で、ラジオ関西『GO!GO!ヴィッセル神戸』ブログのみっちゃんと遭遇!
ポーズを取って貰いましたが、タオマフ逆でんがな・・・・

PB240034.JPG

この日は、かなり制限を設けられたアウェー立見席でしたが、お陰さまで逆効果というかスペースが殆ど無いほど凝縮されて一杯一杯の神戸サポ。
私は階段通路での参戦となりました。

監督のコメントにもありましたが、立ち上がり優勝プレッシャーがあったG大阪には固さが見られたのですが、何故か神戸の選手もそれに合わせたかのようにボールが前線へと回りません。
そして前半終了直前に、神戸ゴール真ん前で何でもないクリアボールをたまたまそこに居た播戸選手に軽く押し込まれ先制点を許す。

流石N杯のカップを勝ち取ったチーム。
個人技でもチーム技でも神戸より優っていると感じざるを得ないシーンが続く。

シュート数もG大阪に比べると圧倒的に少ない神戸でしたが、ロスタイムの終了間際に移籍後初ゴールとなるモギーニョの得点!!

これは紛れも無く、エノ始めトーメやDF陣の踏ん張りが生み出したゴール。

サポーターとして、やや気持ちが折れそうになりつつあっただけに喜びは一入でした!
選手たちが満身創痍で頑張っているのに、サポが諦めかけてどないする!!って今日は自分に渇をいれました。

同点に追いついた瞬間は、涙が溢れて周りの同志達の歓喜の姿は滲んでいました。

これだから!この瞬間があるから!サポは辞められないんですよね!

これでリーグ優勝を逃したガンバと9位になった我らが神戸は順位で言えば、たった6位の差。

次節は最終節、横浜FMをホームに迎える。
シーズン当初の目標である9位を達成する為にも、みんな死ぬ気で頑張ろうや!!

お疲れっしたー!!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【おまけ1】
勝てなくて失意に落ち込む選手と神妙な顔つきの明神クン。
しかしうしろでヤナ?と笑顔で談笑の ヤ・ス・ダ!
このギャップは何やねん・・・・・・・
33節.JPG


【おまけ2】
夕日を浴び、淋しげな左顔の"太陽の塔クン"
PB240038.JPG









Last updated  2007.11.24 23:00:36
コメント(10) | コメントを書く
[2008【アウェイ】] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.