000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

1news | ニュースとプレスリリース

PR

X

Profile


1news

Free Space

1News Networkは、アジアおよび世界中の40以上のドメイン管理機関サイトで構成されており、優れた検索エンジン最適化の利点を備えたニュースリリースを提供します。

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

その他

(1)

health

(3)

news

(3)

business

(5)

travel

(3)

consumer

(6)

edu

(1)

tech

(2)

Rakuten Card

Comments

コメントに書き込みはありません。

Archives

2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11

Favorite Blog

まだ登録されていません
2020.01.14
XML
カテゴリ:business



基本的なプレスリリースは、いくつかの形で存在してきた。古代エジプトのロゼッタの石碑は、ファラオの業績を宣伝するために使われた。今日のプレスリリースの基本的なバージョンは1世紀前にさかのぼる。1906年にエイべ・リーがペンシルバニア鉄道のプレスリリースを書いた。

 

プレスリリースは死んだ?

 

インターネットやソーシャルメディアの時代には、一部のメディアのオピニオンリーダーが、ニュースリリースが死んだと宣言していた。しかし事実は、プレスリリースはなくならないだけでなく、多くの最も効果的なブランドは依然として伝統的なツールと新しいツールに依存している。

 

新聞記事が必要なのは、記者と編集者の大半が情報収集よりは情報処理に時間を費やしているからだ。そのため、新聞の多くの一般的なニュースは公共関係の従業員が書いたプレス原稿を加工したものであり、そのため、広報ライターは「タダ記者」とも呼ばれている。

 

中国のプレスリリースを例にとる。中国には非常に活発なソーシャルメディアとオンラインコミュニティがあるが、ニュースリリースは依然として企業と組織が世界と交流する普遍的な方式である。​Topic News Media​の広報ディレクター、玉平氏によると、プレスリリースは依然として多くの営業職が営業活動に欠かせない戦略だという。

 

新聞記事≠広告

 

新聞記事は有料広告ではありません新聞記者や編集者は、記事をもとに記事を発表する義務がない。ニュースリリースの価値、実効性、読者の興味が判断の唯一の基準です。書面で発表する前に、専門家に書いてもらったり、校正したりすることが大切です。

 

B. L. Ochmanが書いた『戦略家』では、広報担当者に「オンラインニュースの発信を一つのものと見なし、記者や編集者があなたのウェブサイトでより多くの情報を得るようにする」とアドバイスしている。「10秒ほどの時間があるように書いてください。インターネットの世界ではこれは事実だからです」

 

ネットニュースを配信する際の注意点

 

1. 一方通行の間隔を用いる。

2. 内容を300字に絞る。

3. 逆ピラミッド方式を使って、一番重要な情報を書いてから、あまり重要ではない細かいことを書く。

4. 一番上の行は組織の名前とその標識であるはずです。

5. 2行目は日付を与えるべきです

6. 記事の末尾には、記者やブロガーがより多くの情報を入手できるように、連絡先の名前や連絡先の連絡先をつけるべきだ。

7. 箇条書きがある場合は,リスト形式で配布する

8. 添付ファイルの形式でプレスリリースをしてはいけません。

 

世界のニュースリリースに対する感受性

 

現在、多くのプレスリリースが国際に向けて行われているが、地域ごとの文化の違い、敏感な政治問題、言語の違いを考慮しなければならない。

 

文化の違いについては、国によってニュースリリースに対する見方が異なる。例えば、中国では、編集者たちは新製品やサービスを「最高」、「第一」、「最」と表現する新聞記事に懐疑的だ。また、政府の報道機関から出ない限り、指導者の名前を書くことは許されない。また、国際的なプレスリリースをする際には、翻訳だけでは十分ではなく、現地の広報関系者が「現地化」し、最適な民政に調整して敏感な内容にならないようにし、逆効果を避けなければならない。

 

以上のようにして、私達はマーケティングスタッフに強く提案して、ニュースリリースをマーケティング策略の1つとして、もし適切に実行するならば、強大な影響力と永続的なブランド効果をもたらす。







Last updated  2020.01.14 19:19:48
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.