000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

夢職人

夢傑作選3 「マネキン」

俺は美容師見習いだ。今日も立派な美容師になるために修行している。
俺は美容室で毎日働いていた。

しかし・・日が経つにつれ体が動かなくなっている事に気付いた。

なぜだ・・?

俺はふと、自分の右腕を見た。


なんと・・右腕だけマネキンになっているではないか。

日が経つにつれ、俺の体はどんどんマネキン化していった。
そして、なぜかぱ行しかしゃべれなくなった。
「ぱぴぽぷぺぽぴぱぷ~!」

俺の体は、ついに全部マネキンになってしまった。

体は当然動かない。
俺は従業員に別の部屋に連れて行かれた。

その部屋にはマネキンにされた同僚がたくさんいた。

・・罠だったのだ。

この美容室は、マネキンにするために俺らを雇ったのだ。

その部屋には俺の母さんがいた。
やはりマネキンにされていた。


俺はもうパ行しかしゃべれない。
「ぱぱぱぷ!」

母さんはマネキンだがなぜか普通にしゃべれるみたいだ。
母さんはやさしくこう言った。
「昌樹、おなかすいてないかい・・?」


その時俺は一瞬だけ人間に戻った。
「母さーーーーーーん!」
俺は泣き叫んだ。
しかし無情にもまた俺はマネキンに戻ってしまった。

母さん、俺が助けてやるからな。
こいつら、絶対許さねえ・・。

                        完


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.