872777 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いっせいピョン

命が戻った


命が戻った

「生きて」
叫んでも届かない
きっと届く
「一緒におうちに帰ろうね」
こんな思いで病室にいた
十数時間待合室で一生の手術が
終わるのを待った
待つたびに、一生の為に編んでいるケープが
長くなっていった
何もしないで待っていることに
耐えることが出来なかった“はは”
“ちち”と二人言葉も交わさず待っていた
心の会話で
「いっせい 大丈夫だよね」
「大丈夫だ 絶対に大丈夫だ」
何回交わしただろう こんな言葉
“はは”の手にビデオカメラ
ICU室にいる一生を撮ろうとした
「この子の姿を残しておきたい」
「とるな!一生のこの姿を撮るな!
この姿は俺達の記憶に残すだけにしろ」
きっとこの時ビデオを残していたら
今が無かったように思う
多くの手術で命が戻った一生
この手に一生のぬくもりを感じ
家族の幸せを感じた


動くライン 11動くライン 11


一生の身に付けている帽子とケープ
これを着て退院することはありませんでした
一生が退院したのは夏が近づいていました

命が戻った 1


一生の病院生活では写真を撮っていません
院内の行事で採ってもらったこの写真だけです
後ろに見えるのが一生のベッドです

命が戻った 2


動くライン 11動くライン 11




© Rakuten Group, Inc.