1222107 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

シンクロニシティを辿って行くと

2006.01.22
XML
カテゴリ:アーユルヴェーダ
スリランカ旅行の前半は、ランチテーブルやディナーテーブルの席で

いろいろな人と出会って話が展開していった感じでしたが


四日目のディナーは、今回のスリランカ旅行を手配した側の責任者が主催

ということで、カクテルパーティ、セカンドカクテル、そしてディナーという

三段構成だったのですが、そこで「Hi、こんにちは」と自己紹介をしてきた主催者は

スリランカ政府観光局の高官でした。


ディナーを食べ終わって、セレブな会話について行けずにボーっとしていると、

レネーさんともう一人の女性と談笑していたその高官の方が「こちらに来ませんか」

と合図をしたので、ちょうど退屈していたし、とテーブルを移動しました。

まだスリランカのアーユルヴェーダを体験していないんです、と話すと

この近くにアーユルヴェーダのトリートメントが充実しているホテルがあるから

明日の天気が良くなかったら、観光に行かないでアーユルヴェーダを受けるといい

と言うと、周りの人に指示をして、明日の午前中には全て手配をするから、

ということになりました。 親切だけれど、ちょっと権力を誇示する人、と感じ・・


翌日の五日目は、言っていたとおり天気が良くなかったので、近くのホテルに

アーユルヴェーダのオイルトリートメントを受けに行くことになりました。

高官みずから送ってくれることになり、専属の運転手付きの車で送られる道すがら

話しを聞いていると、すぐに直感で「この人はセクハラな人だ・・・!」 と感じ

ガチガチにガードしたので、せっかくのアーユルヴェーダトリートメントも

とっても良かったのですが、完全にリラックスできずに 帰ってきて

みんなと合流するまで息が抜けませんでした。

あとで他の女性に確認したところによると、やっぱりかなりセクハラな人だったらしく。

やっぱり怪しいと感じた場合は親切にしてもらってはいけませんね。。

旅行業界が全て手中にあるので、スリランカ航空のフライトを無料で提供したり

ホテルはすぐに手配させたり、勧めに従ってスリランカの滞在を延ばした女性が

二名ほどいましたが、、ただほどコワイものはないよ~! と心の中で叫んでいました


六日目は、珍しく朝から一日観光。

遺跡と仏塔が集まっているアヌラーダプラというところに行くということで

一箇所、白い服指定で、袖なし、半ズボン、ミニスカート禁止の場所があるので

以前にギリシャで買った白いワンピースに長袖のカーディガンをはおって出かけました。

白い服オンリーのその場所は、その下でブッダが悟りを開いたという菩提樹の分け木が

紀元前3世紀にインドから運ばれて植えられたということで、2300歳の菩提樹が

守られているお寺でした。 インドのオリジナルの菩提樹はその昔、途中で枯れてしまって

スリランカのこの菩提樹から分け木として持ち帰って植え直したとのこと。


たくさんの人達がお祈りをしに来ていて、たくさんの人達とすれ違ったのですが

スリランカの人々は皆、敬意を払うように上目がちに目を合わせたまま会釈をして

こちらが微笑むと必ず微笑み返してきました。

挨拶をするときは目を合わせたまま両手を合わせる形式で、

それが小さな子供達でもとても礼儀正しいのです。

赤ちゃんでもじーっと相手の目を見ておとなしくしている赤ちゃんばかりだったし・・

放し飼いの犬をたくさん見たのですが、犬まで上目がちに敬意を払うような感じ・・・?


ホテルの従業員たちもそうだったのですが、こうして外に出て人々に接してみると

とても優しい国民性なんだなぁ・・・ということを肌で感じることができました。

インド人の人達が、「自分達と全然違う・・・ インドはもっと自己主張が強い感じ・・」

と言っていたくらいでした。


その菩提樹のあるお寺の中に入ると、祭られていた白い大仏が

なんとビッグスマイル! (もちろん穏やかな笑みですが) 

見ていると、つい微笑んでしまう、というか楽しくなって笑ってしまうぐらいの

素晴らしいスマイルでした。 

スリランカの人達の笑顔はこのブッダの影響だったかな。







Last updated  2006.01.22 22:59:48
コメント(10) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:スリランカのひとびと(01/22)   ちっぷ&モル さん
いつもながら、楽しく拝見させて頂いています。
なんか小説を読んでいるようなストーリーの展開と臨場感あふれる感じで早く続きが読みたいです。ところで第1インスピーレーションというか、直感って大切ですね。しかしながら、よくご無事でよかったです。異国の地では、そういうのは特に不安に感じますものね。 (2006.01.22 23:46:05)

私も   kast63 さん
ネパールに行った時ガイドのオヤジがセクハラでした。
一人で行っていたので、そいつを巻くのに必死でしたよ~。
でも、ネパールも笑顔で優しい人が多かったです。
そして、ネパール人はインドのことを「インドは怖いところだよ~もう僕は絶対インドに行かないよ!だって、だますんだもん!」って言ってました。顔立ちはほとんど一緒なのに。。。 (2006.01.23 00:03:40)

Re:スリランカのひとびと(01/22)   高山結衣 さん
旅なれていらっしゃるから怪しい人はピンと
わかるのかも…
女一人だと用心に用心を重ねてもいいくらいですよね。女の一人旅ってそこが辛いですね。
スリランカの人が優しいのは島国だからかな?
のんびり、穏やかにしているところがあるのかも
しれないですね。しかし、道すがらたくさんの
寺院をみて信仰の厚さには感心しました。 (2006.01.23 07:03:49)

おひさしぶりです!   なお湖 さん
望みかなえ屋さーんお元気ですか?
いつも素敵な偶然の一致が起こる望みかなえ屋さんにぜひイメージバトンを回したいと思っています。よかったら「世界観」から連想する言葉を次の大切なだれかに回してくださいね~望みかなえ屋さんの連想するものを楽しみにしていますね! (2006.01.24 10:01:07)

Re[1]:スリランカのひとびと(01/22)   望みかなえ屋 さん
ちっぷ&モルさん
>いつもながら、楽しく拝見させて頂いています。
>なんか小説を読んでいるようなストーリーの展開と臨場感あふれる感じで早く続きが読みたいです。ところで第1インスピーレーションというか、直感って大切ですね。しかしながら、よくご無事でよかったです。異国の地では、そういうのは特に不安に感じますものね。
-----
え、小説? ははは 全くのノンフィクションです~ 登場人物の写真を掲載してもいいくらい?!
はい...無事で良かったです~ いつも切り抜けるとは言え、一人で帰れる場所じゃなかったので。ほっ。
どうもありがとうございます。 (2006.01.24 18:25:10)

Re:私も(01/22)   望みかなえ屋 さん
kast63さん
>ネパールに行った時ガイドのオヤジがセクハラでした。
>一人で行っていたので、そいつを巻くのに必死でしたよ~。
>でも、ネパールも笑顔で優しい人が多かったです。
>そして、ネパール人はインドのことを「インドは怖いところだよ~もう僕は絶対インドに行かないよ!だって、だますんだもん!」って言ってました。顔立ちはほとんど一緒なのに。。。
-----

ネパールでセクハラですかっ、大変でしたね~!
ををネパール人も笑顔で優しいですか、セクハラガイドに気をつけながら私も訪問してみたいな。。
インドは怖いんですね、アーユルヴェーダはやはりスリランカのほうに傾倒していこうかな...。
(2006.01.24 18:28:49)

Re[1]:スリランカのひとびと(01/22)   望みかなえ屋 さん
高山結衣さん
>旅なれていらっしゃるから怪しい人はピンと
>わかるのかも…
>女一人だと用心に用心を重ねてもいいくらいですよね。女の一人旅ってそこが辛いですね。
>スリランカの人が優しいのは島国だからかな?
>のんびり、穏やかにしているところがあるのかも
>しれないですね。しかし、道すがらたくさんの
>寺院をみて信仰の厚さには感心しました。
-----

「島国」と言えば、そういう共通項はあるかも...今まで人柄がいいな~と思った国々は、ニュージーランド、アイルランド、そしてスリランカ。 ハワイやグアムはまだ観光、観光しているところしか見ていないけれど、現地の人にふれたらきっと人柄の良さを感じるはず。 イギリスにはそういうの感じないですけれど...世界各国制覇してまわった歴史が国民性にも影響しちゃったのかな。。
(2006.01.24 18:33:51)

Re:おひさしぶりです!(01/22)   望みかなえ屋 さん
なお湖さん
>望みかなえ屋さーんお元気ですか?
>いつも素敵な偶然の一致が起こる望みかなえ屋さんにぜひイメージバトンを回したいと思っています。よかったら「世界観」から連想する言葉を次の大切なだれかに回してくださいね~望みかなえ屋さんの連想するものを楽しみにしていますね!
-----

なお湖さーん♪ こんにちは~!
イメージバトン? 何だろう~何だろう~
「世界観」から連想する言葉ですね?
・・・・・・「全ては1つ」 かも。
どうやってバトンを渡すのでしょう~
そちらに質問しに行きますねー。
(2006.01.24 18:36:55)

イメージバトン   なお湖 さん
望みかなえ屋さーん
イメージバトン気に留めてくれてありがとう!3人じゃなくてもいいと思います。私も望みかなえ屋さんにしか送ってないです。たぶん送る相手はブログをしてる人にということのような気がします。楽しさの共有ということでしょうか?? (2006.01.25 08:01:55)

Re:イメージバトン(01/22)   望みかなえ屋 さん
なお湖さん
-----
はーい、了解しました~ イメージバトンの対応が遅くてごめんなさーい。明日のブログで書いてみようかと思います!
(2006.01.27 23:47:22)

PR

Profile


渡邊 愛子

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:3日遅れでポコちゃんサロンOPEN!(09/03) cialis commentscgi generic mt tadalafil…
http://cialisiv.com/@ Re:3日遅れでポコちゃんサロンOPEN!(09/03) cialis 5 mg precio andorraviagra viagra…
あああああ@ Re:私の食生活☆(12/08) あれダメこれダメって書いてて最後にサプ…
yuri@ Re:7年間の・・・原因と解決法はこんなにシンプル?(その2)(10/12) はじめまして 私は産後にリウマチと診断さ…
るるるこみん@ 膝関節手術について こんにちわ。以前、千春さんと司先生が開…

Favorite Blog

宇宙人度を高めよう… SHIONさん

初めの一歩 シロヤギ8147さん
ちいさなくらし happybeachさん
なお湖のファインダー なお湖さん
きらきら☆輝く! ☆sebu☆さん
アーツブリッジ日記 mihomiho628さん
Polarisハー… asa-yayoさん
癒しのサロンsunsmil… sunsmile 水響絵美子さん
ハーブマルシェ通信 ぐっチャンさん
bliss and eternal l… トモコアンドさん

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.