2634445 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☆FREEDOM!☆ ver 2.0

ステータコイル新品に交換!

さて、今回はオイル交換だけしようと思ったんです・・・・始めは。


まずオイル交換です



いつものようにホンダ純正オイルの‘S9’を3本買ってきました。

・・・・これだけで4200円!

オイルフィルターが1400円。

廃オイル処理箱が350円・・・・・・

これだけでもう6000円ですやん!!

・・・・・仕方ないですな。


で、オイル交換のついでに、クーラントの交換もやりました。

え~~と、700円。

で、家は井戸水なんで使えません!!(ですよね?)

井戸水使うと、水の中の鉱物資源?シリカ?(笑)が付着しちゃったりして

水路が詰まってよくありません。

私はいつも、蒸留水(バッテリー用の補充水)をクーラントの希釈に使用してます。

え~~~これが200円。


そんでもって、クーラントホース各部を縛っているホースバンド、

これが純正はしょぼいのです!!すでに破損しかかってるのがあります。

ええ~~~い!!全箇所交換!!

ホースバンドはDIYセンターのヤツがしっかりしてていいですね~~。

合計2000円。


と・・・・ココまでで、すでに9000円!!

あはははは!金かかります




これだけで済めばよかったのですが・・・・・・





エアクリーナーも点検しました。


エアクリーナーはまだ綺麗です!



ぜんぜん汚れていません!田舎の空気恐るべしですね。

そのまま再使用することとしました。

おっと、タンク外したついでにレギュレーターのコネクターを外してみよう!

数年前、このコネクターが焦げちゃって

結局ACジェネレーターのメンテナンス、

交換までしちゃった一連の事件!

忘れるわけにはいきません。

お、コネクター、大丈夫みたいやん???

抜いてみよう!?

ジェネレーター側のコネクターとレギュレーター側のコネクターを持って

エイッ!と引っ張ってみます。

すると・・・・

うんっ????抜けないぜ???

キツキツなのかな?スプレー染み込ませればいいかも?

オイルスプレーをコネクターの隙間に吹き込んで、しばらく待ちます。

ううう・・・やっぱイマイチ抜けないなぁ。

マイナスドライバー使ってこじりながら

どうにか抜け始めました。

‘けっ!面倒かけやがって!!’

ようやく抜けたコネクター、以前だったら真っ黒に焦げて・・・・って思いながら

コネクターの中を覗き込むと・・・・・





レギュレーターのコネクターを点検したら・・・・



以前のように、何がなにやら分からないくらいに・・・・って感じではないんですが

やはり焦げちゃってます。

はぁ~~~~~。

やっぱ中古のステータコイルじゃダメなのか???











実は私は、NC21/24のステータコイルの新品を持ってます。

ついにコイツを使うときが・・・・来たのか!

カバーを外すと、前回点検したときと同じように

一部が茶色に変色したジェネレーターのステータコイルが顔を出します。

今までのステータコイルはこんがり?



それを外して新品と並べてみると・・・


右が新品!



新品がなんて綺麗なことでしょう!!

交換は簡単で、あっと言う間に装着完了!


新品ジェネレーターのステータコイル!!綺麗!!




う~~ん、ピンクっぽい色がイイ感じ!

このときレギュレーターも、予備のレギュレーターに交換完了!

さて、

ACジェネレーターをバラすために、入れるの後回しにしたオイルを入れて

各部確認して・・・エンジン始動!!

・・・・普通にかかりました!(だははは!)

とりあえずこれでいいと思いますが

もうコネクターは焦げたりしないだろうって思っていたのに焦げちゃって

なんだか不安になりました。

確かに中古のステータコイル使っていたのも悪いかもしれませんが

本当のところは????う~ん。

コネクター部の発熱抑えるためにも

コネクターのメンテナンスも必要なのかなって考えてます。

今回も、コネクターを点検しなかったら

完全にダメになるまで気づかなかったはずですから。



やっぱりVFR400、NC24は

ここ、











2009.08.22  59810km



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.