2625899 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☆FREEDOM!☆ ver 2.0

ありがとう!Miss Amy!!

4月に、こちらに書かせてもらったことがあったんですが
家にはカナダの女性が毎週来てくれて
娘たちに英語の勉強を教えてくれていたのです。
勉強っていうより、英語に慣れ親しむこと!!
そんな感じでした。

傍から見ていても楽しそう!
娘と一緒にお友達も習っていたんですが
毎回、笑顔が絶えませんでした。
このままずっと教えてもらえたら・・・・
そう何度思ったことでしょう・・・。

しかし当初の予定通り
彼女はカナダへ帰ることになりました。
今日は最後のお勉強の日だったのです。

最後の日・・・・
親の私も寂しいことです。
1時間のお勉強は
いつもより早く時間が過ぎていきます。
これからもっと仲良く出来たのに・・・って思うと
悲しくて、残念でたまりません。

授業料も、私たちのわがままで安くしてもらって・・・
それなのに家まで車で来てくれて・・・・
コミュニケーションが下手な私たちに嫌な顔もせず・・・・
カナダの人って、いい人だなぁ・・って
本当にそう思うのです。

そんなことを思っていると
ついに終わりの時間・・・。

彼女は子供たちに
プレゼントまでくれました!!

子供たちの好みも把握してくれていますね!
もらって喜んではいるものの・・・
娘たちも寂しそう。

この日が来るのは分かっていたので
親の私も、何か贈り物をしようと思ってはいたものの、
何を贈ろうか・・・・
贈ったことにより気を使わせてはいけないし・・・・

悩んだ挙句、結局服を贈ることにしました。
と言ってもファッションセンスが私にはありません!

私も所属してるバイクのオーナーズクラブ、
FORCE V4オーナーズ・クラブのトレーナーを1枚贈りました。
新品を2枚買ってましたもんね。
喜んでくれるかな??

そう思いながら渡したんですが
COOL !’って言って喜んでくれました!
よかったぁ~~~~!

娘たちは先週、みんなで寄せ書きを書いて
彼女に渡していました。
それがお別れのプレゼント。

最後に少しお話して・・・
そうしていると彼女の目から涙が・・・・。
そうして娘の目からも涙が溢れてきました。

だってもう・・・会うことが無いかも知れませんからね。
私だって涙ぐんできましたもん。

have fun !!
楽しんでいこうね!!・・・そういう感じかな?
彼女はそう娘たちに言ってくれました。

そして・・・帰っていきました。

いつまでも手を振ることを止めない娘たち。

きっと大きくなったら
彼女のいるカナダまで行って
再会することでしょう!!
娘たちはそう言ってます。

英語に慣れ親しんで
外国の人と触れ合えて
すこし自信がついたから、そう思えるんでしょう。

そういう風に娘たちを導いてくれたカナダ人の彼女。
本当にありがとうございました。

きっといつか
また会えることを楽しみにしています。
そうして、アナタのカナダでの成功を祈ってます。

エイミーさん!!本当にありがとうございました!!



Amy,
It was able to meet a foreigner as wonderful as you,
and was really lucky. Thank you really.
Moreover, it has looked forward to meeting some time!



2007.09.16 (SUN)



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.