2632048 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☆FREEDOM!☆ ver 2.0

お姉ちゃんの梅干し伝説

6月のこの時期。

中学校の時から毎年、

お姉ちゃんは梅干しを漬けることが恒例でした。

でも今年はお姉ちゃん、

大学進学で、長崎へ行っていません。

まぁ、たかが梅干し・・・なんですけどね。

とはいえ、この若さで

毎年愛情込めて梅を漬けてるのを見てると

それだけで貴重で、ずっとそうであって欲しいなって思ってました。


・・・と、こうなると普通なら

今年は梅干しを漬けるのは、お姉ちゃん、無いんだなって言うことになるんですが・・・・・


なんとお姉ちゃん!

この梅干しを漬けるためだけに

はるばる長崎から帰って来ております!(まじかぁ~~~!)

梅干しは特別なんだって!!

毎年、じいちゃん、ばぁちゃんと一緒に梅を漬けることは

彼女にとって、かけがえのない行事。

その為に帰ってくることは

当然のことなんですね。


梅は前もって、じいちゃん、ばぁちゃんに収穫してもらっていたんで

今日は朝から畑へ、じいちゃんと出かけて

しその葉を摘んできたりの準備をしました。

畑で

それから家で

梅を洗って、ヘタを取り除いて、それから・・・・

まぁコレは、お姉ちゃん独自の方法みたいなんですが

梅を一つ一つ目視で確認しながら

焼酎(ホワイトリカー)で拭き上げて行きます。

洗います

拭き上げます

その拭き上げた梅を

壺の中に敷き詰めて行き、塩をまぶして・・・塩まみれにしていきます。


このまましばらく置いておき

後日、シソの葉を入れるんだそうな。


ちゅうかですね、

ヘタを取り除いて・・・からの、後の行程は

ほとんどパパがやりましたがな!!

梅干しみんなで


お姉ちゃんは横で、少し手を出してはニヤニャして

私や、じいちゃん、ばぁちゃんを見ておりましたよ!

今回の功労者は、パパですね!!!!





まぁ、お姉ちゃんはこうして

家族みんなで何かするのが大好き。

大学で頑張ってる間の疲れを

みんなで梅干し漬けてる、ほんわかしてる空気の中で

癒やしていたんだと思います。

いつまでも、こうしてみんなでいられるわけは無い。

こんな時間を

すごく大切だと思ってくれるお姉ちゃんは

ほんと素晴らしいと、我が子ながら思います。

これは妹ちゃんも、同じなんですけどね!

今日は高校の課外授業で居なかったんで残念でした!!


昼を過ぎたら

妹ちゃんも、高校から帰って来て

外で・・・みんなで、

ばぁちゃんの作ってくれた、そうめんを食べました。


`氷入れた方が美味しいやん!!’

`なんか麺が柔くて美味しくない~~~’


ばぁちゃんが、湯がいてくれたそうめんに、

気兼ねなく文句言いっ放しの妹ちゃん!!

でもコレが妹ちゃんの良さなんですよね~~~!(笑)

自然と笑いがこぼれます!!

そうめん

みんなニコニコしてのお昼ご飯も終わり、

今日の梅干しの漬け込み計画は終了です!!

後日のしその葉の漬け込みは

どうやら、パパの仕事になりそうですね。


それからの残りの土曜日、お姉ちゃんは

以前のように、家族みんなとゲラゲラ笑って

パパに甘えて、ママに文句言って(笑)

妹ちゃんと、深夜まで遊んで

日曜日に、また長崎へ帰って行きました。




来年も、

再来年も、

こうしてみんなで

梅干し漬けることが出来たらいいな。

いや、絶対そうしたい。

思い出って言う言葉は嫌いだ。

そこには後悔が少しは含まれているから。


今、こうして

そのときを大切にしたいっていう娘たちをみてると

永遠っていう物が

一つはあってもいいんじゃないかなって・・・

思うんです。




2016.06.11(土)




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.