2620602 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☆FREEDOM!☆ ver 2.0

お姉ちゃん、長崎最後の日。

高校卒業して、

長崎の大学に進学して、長崎で一人暮らしを始めてからもう4年が経ったんですね。

もうすぐ卒業です!

早いなぁ~~~。

一人暮らしをすることにスゴく心配していたんですよね、私が。

でも、無事4年が過ぎ、お姉ちゃんは次の目標の為に

長崎を離れる事となりました。

今日が長崎最後の日、引っ越しの日だったんです。

私だけ、その引っ越しの為に前の日から長崎に行って

お姉ちゃんと片付け。





二人で、4年前に始めてこの部屋に来た日の事を思い出し

話しながら片付けて、

そして少し時間をみつけて

長崎の町の・・・目覚町の・・・

すんでいる近くを歩いて

近所の仲良くして頂いていた

佐藤饅頭っていう和菓子屋さんへ挨拶に行って・・・・・





お姉ちゃんはきっと、この町が今スゴく好きになっていて

豊前の次の故郷になってるのが見ていて分かって・・・・

でもそれは、親である私も同じように感じていた事でもあるんですよね。

この4年に私も何回長崎に来たんでしょう?

距離はありますけど、身近な街になっていたのでありました。









引っ越しの日の今日、

午前中、お姉ちゃんは学長や副学長等の皆さんと会食へ行きました。

その間に私は片付けの追い込み。

昼から引っ越し業者の方が来ます。

お姉ちゃんも居ない部屋で片付ける間、

私はずっとこの部屋に話しかけて・・・・感謝して・・・

まぁ、変なヤツですよね!

でもね、4年間もお姉ちゃんを守ってくれたんですよ、この部屋は。

感謝してもしきれません!!

ほんとありがとう!って。



そうして片付けは終わりになって

お姉ちゃんは会食から帰って来て・・・・・

その片付いた部屋の風景をみて、

`なんか綺麗になったね・・・’って。

そうだよね~、寂しさ、伝わるな。



昼から引っ越し業者の方が来て

すごく手際よく作業してくれて、30分後には

このお部屋には

何も無くなってしまいました。





お姉ちゃんが住んでいた雰囲気は

全く消えてしまいました。

お姉ちゃんの目にはうっすら、光るものがありました。


そこには

初めてこの部屋を見に来た時の風景が

静かに、そして温かく佇んでおりました。

この部屋には、また誰かが住むことになるのかもしれません。

でもそのことは、今のお姉ちゃんにはスゴく辛いこと。

お姉ちゃんの部屋、だったのですから。



引っ越しで運んでもらった荷物とは別に出た荷物を満載した

フィットに乗って豊前へ向かいます。

`もう長崎に来ること無いんよね~’

そう言うお姉ちゃん。

いやいや、そんなこと無いよ。

長崎なんて近いもんだ。

パパなんて夕方から来たこともあったやろ??

来ようと思えば大した事無い。

次におまえが行くところも同じようなもんだ。

長崎、

おまえは時間があれば自分の足であるいて

隅々まで見て回ったこと、ラインで教えてもらったから知ってるよ!

その、お姉ちゃんが歩いている風景は

いつも想像してた。

あんな日が消えて無くなる訳じゃ無い。

いつでもまた長崎に来て

第2の故郷に戻ってきたと感じておくれ!

パパも長崎は好きです。

一緒にまた来よう!!


ありがとう長崎。

お姉ちゃんを4年間お世話になりました。

また観光、とかじゃなく

ぶらりと散歩のような気分で

地元に戻ってくるような感じで

お姉ちゃんや妹ちゃん連れて!!

やって来ますね!




2020.03.06(金)晴れ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.