2634061 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☆FREEDOM!☆ ver 2.0

ヘッドライトのウレタンクリアー塗装!

さて、HIDのバーナーを交換した我がフィット!

しかしヘッドライトの透明なカバーには

表面のクリヤーコーティングが変色したものや

剥がれかけの部分があったりして

ちょっとミスボラシイ・・・・

コンパウンドで磨いたり

市販のヘッドライトコートで

きらきら綺麗にはなるものの

それは持続せずに

2ヶ月くらいで、また黄ばんで来ます。

どうにかなんないかなぁ・・・・



とネットで検索すると

ヘッドライトカバーを

2液ウレタンクリヤーで塗装するっていうのが出てきます!

うむ・・・確かにウレタンクリアーは強靭ですな。

私もバイクや車に

2液ウレタンクリアーをスプレー塗装して

その強さは実感しています。

しかし、

溶剤に弱い、ポリカーボネート製(かな?)のフィットのヘッドライトカバー、

塗装のシンナーでクラックが入ったり

曇ったりしないか心配です。

しかし・・・

やっちゃおう!!!!(笑)


ヘッドライトはずして

耐水ペーパーで表面に残っている

コーティングを綺麗にはがし

そしてシリコンオフで油分をしっかり除去!!

そしてクリアーをスプレーして

完成っ!!!!


・・・・のはずが

失敗しましたっ!!



念のために、って塗布した透明プライマーは曇っちゃって

それをはがしたり

クリヤーを塗りなおしたり・・・・

とにかく最大の失敗は

ペーパーの跡をしっかり消さなかったこと!!

荒目のペーパーも使用したことが敗因ですが

どうせクリアーを塗るんだから

跡も消えるんだろうねぇ~~~なんて

簡単に考えていたんです・・・・でもね・・・

実際には

クリヤーで、表面はツルッツル!!になるんです。

でもこれは、普通の塗装じゃないですからね。

ヘッドライトを点灯させると

ペーパーの削り跡が反射して

表面にきらきら、それが目立ちます!!

はぁぁぁぁぁぁ・・・・・

なんじゃこりゃぁ・・・・


・・・と普通ならここで泣き寝入り!


しかし、これから何年も乗るつもりのフィットですから

次の手を考えます。

それは、

中古の程度のいいヘッドライトを購入し

そのカバーを

これまでの経験を生かし

綺麗に再生し、

それを、今のヘッドライトに移植する、っていうもの!!

ほんと・・・・・・




で、早速中古のヘッドライトを購入しました。

カバーが必要なだけなんで、

色なんかは関係ありません!

さてそれから、通称‘殻割り’っていう

ヘッドライトのバラシをします。

これが一番面倒かもしれません。

ヘッドライトをダンボール箱にいれて

ドライヤーで熱くなるまで暖めます。

そして、隙間にマイナスドライバーなんかを少し差し込んで

その箇所を少しずつ開いていきます。(ドライヤーでその最中も、時々暖めます)

すると最後には、

‘ぱかっ!!’と開きます。

ヘッドライトを塗装! 001.jpg

ヘッドライトを塗装! 003.jpg

ヘッドライトを塗装! 005.jpg

・・・・・まぁ、こんなことするのは、お勧めしませんけど・・・・


外れたヘッドライトカバーの表面を

1200→ 1500→ 2000番と丁寧に削って

くたびれたクリヤー層を除去します。

そのあと、ピカールで磨き上げ

そして最後に鏡面仕上げコンパウンドで艶出しまでします。



この時点で、ピカピカでなくてはいけないんです!!

そして、ほんの少しシリコンオフを塗布した布で

綺麗に脱脂します。

このときにシリコンオフのつけ過ぎは

クラックを招くので注意!!

私はその後に

プライマーなんか使用せずに

ソフト99のウレタンクリアーを塗装します!



まずは表面にぱらぱらっ、と

3回ほど捨て吹きしました。

一気に吹き付けると

そのシンナーなんかで、カバー表面を傷めるかもしれないですもんね。

捨て吹きは各5分ずつくらい時間を空け

その後10分くらいしてから、本吹きしました。

本吹きは、表面が濡れた感じがするくらいに!

ノズル先端距離と、動かすスピードが決め手ですね!

本吹きしたら、

‘もうちょっと塗ったほうが・・・・・’

って思ってもやめましょう!!!

失敗します・・・・うんうん。


クリアーはとりあえず、数時間もすれば

触れるんですが

1日くらい待ってから

表面を2000番のペーパーで軽く均し

その後また、コンパウンドでツヤを出します!

こうして最後に2000番で削ることで

表面に噛んだ、埃なんかは結構取れちゃいますよ!!


で、とりあえず

カバーの塗装は、満足いく程度に完成!!

ヘッドライトを塗装! 007.jpg



さて、お次はぁ~~~

今、私のフィットのヘッドライトについているカバーとの交換!!

会社から帰ってから

フィットのヘッドライトをはずし、

そして殻割り!!!

ごみが入らないように気をつけながら

カバーの交換をしました。

カバーのシールには

シャーピーブチルb、っていうシール剤を使って・・・・

そんでもって、ウィンカーやポジションのランプも

ついでに全部新品交換!

そして・・・・完成!!

しかし我ながら良く出来たもんだと思います!!

ピッカピカ!!

IMG_0216.jpg


ほぼ新品と言っても過言ではありません!

あ~~~~

今までの苦労が、走馬灯のように・・・・・・・(涙)




さて、それから出来上がったヘッドライトを

フィットに装着して点灯確認!

IMG_0217.jpg

IMG_0218.jpg


とてもクリアに光ります。

この前までの擦り傷だらけのカバーと大違い!!

う~~~ん、満足~~~~!



さて、この状態がいつまで続くかな???

ウレタンクリアーの塗膜の強さには

結構期待できます。


ふぅ。

これでまた、フィットは

少し若返ったなぁ。

あと10年、乗れるかな???(笑)

2012.11.30



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ウレタンクリアーを塗装して、その後ですが

2012年の11月末に

ヘッドライトカバーの塗装、

2液ウレタンクリアーの塗装を施してから約1年!


心配していたのが、その耐久性。

信頼はしていたものの、

ちょっとして黄ばんだり、はがれたりしたら

がっくりですもんね!!


結果としては

ほとんど変化無しで、綺麗な透明状態を維持しています。

で、このクリアーを塗装したら

ヘッドライト表面の汚れ付着が少ない。

元々、ボディー塗装用のウレタンクリアーですから

ヘッドライトに塗装したあとは

ヘッドライトにもボディーと同じように

コーティング剤の塗布をしてますもんね。




久しぶりに、夜中に洗車して

早朝、ひとっ走り。

どうです???

ヘッドライト、綺麗でしょ???

フィットヘッドライト ウレタンクリヤー (2).jpg




それから更に時は進んで、2015年の1月のヘッドライト!!

2年経過をしちゃいましたけど

もう、全く変わらずにピッカピカです!!

やっぱ、ウレタンクリアはご立派ですねっ!!

フィット


近頃では、メンテナンス雑誌でも取り上げられることがある、

このウレタンクリアーのヘッドライトへの塗装。

もしかしたら

はじめからメーカーが、

これ、やってくれてたらいいんじゃないの???って思うくらい

塗装後は変化がありません。





もうそろそろ、

ヘッドライトの黄ばみが発生しないものを

作り出してもいいんじゃないですかね?

日本の車メーカーは。

車を可愛がってる人たちが

この黄ばみで悩んでいることを

知らないわけじゃ、ないんでしょうに。

フィットヘッドライト ウレタンクリヤー (1).jpg




一番先に、ユーザーのことを考えてくれるメーカーは、

さて、どこなんでしょうね!?

もしかしたら、現行の車は

何かしらヘッドライトのカバーには

策が施されているのかもしれませんね!?



2015.01.15














Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.