992929 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ヘロヘロオトコのヘンテコ旅日記

2014年03月23日
XML
カテゴリ:スポーツ

NEWS・手越祐也、AKB48人気メンバーとの「夜の自慢」を吹聴とのうわさ


サイゾーウーマン(2014年3月23日13時00分)

本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真かわからないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A......スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋17年の芸能記者
B......週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通
C......WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける駆け出し記者

■安田大サーカス・クロちゃんの黒い顔

A 最近のビッグニュースというと、「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた、清原和博の薬物疑惑でしょうか。

C 昔から言われていたネタですが、こうして実名で大々的に出ると驚きますね。清原本人は、その後「フライデー」(講談社)で、身の潔白を主張するインタビューで応戦しています。

A こうやって週刊誌に大々的に報道された薬物疑惑だと、CHAGE and ASKAのASKAこと飛鳥涼が記憶に新しいですね。しかし最終的にASKAは「文春」のインタビューに答えており、法で裁かれるといったこともないまま。

C 沢尻エリカも同じように、かなり詳細に大麻中毒疑惑を伝えられたものの、活動を続行。こうした報道がきっかけで逮捕までいったのは、小向美奈子くらいでしょうか。

A いずれにしても言えるのは、大手事務所や影響力の強いタレントほど、その後の報道や後追い取材が少ないってことでしょう。ASKAにしたって、バーニングの名前がチラつくようになってからは、疑惑報道もパタッとなくなりましたからね。

C こうしていつの間にか“禁断のネタ”扱いになって、風化していきますね。

A ではちょっと、まだ実名は出せないのが申し訳ないのですが。とある超有名女優が、がんの治療中だって説が浮上しています。

B それって公にはなっていない?

A なっていませんね。恐らく本人は、現段階では発表するつもりもないのでしょう。しかし一部女性誌はこの情報を掴んでいて、近々報道されることになると思いますよ。本人は現在訴訟も抱えているため、踏んだり蹴ったりですね。

C 病気の進行によっては命も危ぶまれるだけに、詳細がわからないことには非常に触れづらい話ですね。

B 触れづらいといえば、ちょっと黒い話を聞いたよ。安田大サーカスのクロちゃんなんだけど。

A 彼は明らかに黒いですが(笑)。何かあったんですか?

B どうも付き合ってた彼女と大げんかして、暴力を振るってしまったと。その相手も有名人で、ケガして病院送りにされちゃったとか。

C 相手って、タレントとか?

B うーん、タレントの前に「セクシー」がつくような?

C ああ、なるほど(笑)。クロちゃんといえばキャバクラ好きを公言しているし、どちらかというと、夜の世界の女性の方がタイプなんでしょうか。

B でもアイドル好きでも有名だから、とにかく肉食なんじゃないかな。ともあれこの一件はあまり大きな事態にならないのは、本人も事務所もひと安心なんじゃないかな。

A クロちゃんは最近、声が似ているからとやり始めたふなっしーのモノマネがウケています。再ブレーク中でのスキャンダルとなれば、まさに致命傷ですからね。

B 今ごろ「よかったなっし~」って言ってるかも。

■“アイドル食い”ジャニタレはあの人!

A 最後はやはりジャニーズネタで締めたいですね。

C 最近のスキャンダルといえば、やはりNEWS・小山慶一郎のベッド写真流出でしょうか。アイドル、さらにキャスターにあるまじき失態ですよね。

B あんなの出されるのは、女性へのアフターケアがしっかりできてなかったからだよね。最後に手切れ金でも用意しておけば、こんな目に遭うこともなかったはず。ちょっとケチったお金が、バカでかい授業料として返ってきちゃったね。

A ずいぶん厳しいご意見ですね(笑)。

C しかしジュニアならまだしも、小山クラスがこんなミスを犯すものなんですね。相手は無名のモデルということですが……。

B 女性側が人気タレントだからって、油断は禁物。NEWSの手越祐也なんて、完全に「AKB48食い」で有名じゃない。

A ネットでもよくウワサになるやつですよね。AKBメンバーに手を出してるって。

B アイドル好きな手越だけに、「超人気アイドルとヤりたい」って思いは人一倍なんだろうけどさ。

C あるAKB48の人気メンバーと手越は、地方ワイドショーでイニシャルトークが展開され、ネット上で検証される騒動になったこともありました。

B その子は本当に一時期、体の関係があったみたいだよ。手越自ら親しい友人に「オレ、○○とヤッちゃった~」って自慢してたそうだから。

A 双方のファンからすれば、色んな意味であり得ない話ですが……今回はこの辺で。




有名進学塾のトップ層小学生 「小5の算数」で男女差が出る


NEWSポストセブン(2014年3月23日16時00分)

理系に進む女子学生「リケジョ」が注目されているが、「いやあ、うちの娘は算数がサッパリで」と苦笑いを浮かべる保護者も多いだろう。たしかに女の子は算数・数学が苦手だといわれる。なぜなのか、どうすれば克服できるのか。新学年を控えて算数が苦手な子どもを持つ保護者のために、大手進学塾「SAPIX」教育事業本部本部長の広野雅明氏に取材した。(取材・文=フリーライター・神田憲行)
* * *
--女の子は算数が苦手と言われますが、それは本当なのでしょうか。

広野:うちの塾のトップ層を見たとき、小学4年生までは男女半々でそんなに差異は見られません。ですが5年生になると教室によっては7割ぐらいが男の子になって明らかに男女に開きが出てきます。成績で差がつく主な原因は算数だと考えられます。

--なぜ5年生で差がつくのでしょうか。

広野:私が教室で感じるのは、「割合と比」の単元で女の子がつまずくケースですね。全体の4分の1が何%なのかとか、200の60%はいくらなのかとか。これはなぜかというと、「割合と比」の考え方が小学生の日常生活で出てこないからだと思います。たとえば二つのものを比較するとき「彼女は私よりクッキーを3個多く持っている」とか「個数の差」で捉えて、「彼女は私よりクッキーを1.3倍多く持っている」とは考えませんよね。今までの生活環境の中で存在しなかった概念が「割合と比」で持ち込まれる。

それでも男の子は解き方や方法論さえ頭に入れば、深く納得しなくても馴れで問題をこなせる。ところが女の子はなんでそうなのかという原理がちゃんと自分の中で消化し切れていないと、見よう見まねで解いてみようという感覚がないんです。しっくり来ないから考え込んでしまう。ところが「割合と比」が入ってくると、問題の解き方が根本的に変わってきます。平面図形の問題とか応用範囲も広い。最初の根本がしっかりしていないと、あとが着いていかない結果になります。

--男女で算数の得意・不得意な分野が違うんですね。

広野:生徒に算数の得意・不得意分野についてアンケートを採ったことがあるんですが、顕著な例が「速さ」の問題でした。「速さ」の問題は男子では得意分野の3番目なのに、女子では不得意分野の2番目なんですよ。

というのは「速さ」は単純な旅人算だけでなく、グラフ上を動く点を結んでどんな図形を描けるのかとか、いくらでも複雑な問題ができるからです。複雑な問題に当たったときはいきなり解くのではなくて、とりあえず自分の手を動かして図やグラフを書いて、条件を整理してイメージすることが大切です。高度な問題は「積み重ね」と「ひらめき」が必要なんですが、この「ひらめき」は実際に手を動かしていかないと出てこない。女の子はそこで慎重に構えすぎて、手が動かなくなっちゃうんですね。だからいつまでたっても算数が苦手なままになってしまいます。

--それでますます算数が苦手になる。

広野:その「自分は算数が苦手」という思い込みがいちばんやっかいなんですよ。1度そういう回路ができてしまうと、ますます算数ができなくなって、解けないスパイラルに陥ってしまいます。また親もテストの点数だけ見て「あなたは算数ができないから」と洗脳してしまうのも考えものです。

--どうやれば克服できるのでしょうか。

広野:算数は先生から説明を聞いただけでは絶対にできるようにはなりません。自分の努力の積み重ねで理解が上がる勉強なので、繰り返し問題を解いていくことしかありません。

そこで大切なのは、基本問題から応用問題まで全てやろうと思わないこと。算数ができない子どもの保護者にありがちなんですが、参考書や問題集の全てをやらせようとするんですよ。解けない応用問題をうんうん考えることに時間を使うより、基本問題を繰り返して自分の力で解ける問題の数を増やしていく方が有効なんです。とにかく自分の力で解くという習慣をつけて、達成感を高めることに時間を使った方がいいですね。そうやって基本ができるようになれば、応用に取りかかれます。

でも昔と比べると、算数ができる女の子はかなり増えましたよ。

--そうなんですか。それは理由はあるんですか。

広野:小学校の低学年の間に計算問題をしっかりやっていることと、うちの塾のケースでいえば、3年生までカリキュラムの先取りをせずに、パズル的な問題で「頭を使う」訓練をしているからだと思います。3年生までは算数で先取りの学習をする必要はないかもしれませんね、年齢相応の理解度がありますから。あと算数が苦手な子どもを見ていると、やはり計算が遅かったりします。5年生までに算数が苦手だったら、九九や分数の計算といった計算問題をしっかり繰り返してやらせることをお勧めします。







最終更新日  2014年03月25日 11時57分18秒
コメント(0) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.