000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新潟一人旅-2のブログ

新潟一人旅-2のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

shige-33

shige-33

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

おおしま@ Re:巻機山(2日目)(施工中)(09/12) とても素敵な写真が撮れて良かったです!…

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.03.22
XML
カテゴリ:
樋曽山・稜線の雪割草が気になっていた。金曜グループが角田山に行くというので提案し毒消しの道から登ってもらった。登りは日が当たらないルートという事で花はまだまだであった。稜線にでると日が当たり、雪割草は咲き始めていた。なんとカタクリも咲き始めていた。まずは五か峠方面に歩き、福井山(乳母谷三角点)でお昼にした。午後は五か峠手前の雪割草群生地まで行き咲き始めの雪割草を楽しんだ。そこで引き返し、角海峠までの稜線の花を楽しむことができた。峠から先はやめにして下山した。





今日は青空が期待できそうだ。


では出発。


イチゲが咲き始めていた。


林道分岐店。左の毒消しの道に入る。


今日一つ目の花はキクバオウレン。


倒木が多い。


一つ目の雪割草。小さくてかわいい。


エンレイソウも1つだけ。


杉が3-4本、谷側に倒れ大岩がむきだしになっていた。注意して進む。




日当たりにショウジョウバカマとオウレン。


咲いていたのはこの1つだけ。






まだまだツボミ。


去年からある倒木。去年の穴より小さくなっている。下を通るか上を通るか?


稜線が見えた。


角海峠到着。約50分。


海側にちょっとだけ下りて振り返る。


あちこちにカタクリのツボミ。


雪割草も。数は随分と少ない。


稜線のいつもの雪割草はまだツボミ。


五か峠に向かう。






このあたりから両側に雪割草。










さらにこのあたり、両側に雪割草。


場所をヤマレコに記録。






イチゲも色がついていた。


ここのカタクリは大きく手を広げていた。








このイチゲは満開。




ヤブツバキが一つだけ。


福井山到着。


お昼の準備をしていたらアラレが降ってきた。


ベテランが傘にアラレをためてくれた。


アラレの雪だるま。


50分ほどの休憩で福井山を出発。五か峠方面へ。


ここはまっすぐに。


両側にロープが張られている。多くの人が来るとどうなるか心配である。














引き返し、福井山の近くで見つけたシュンラン。花芽が大きい。








もう一度カタクリ。




峠に戻ってきた。






では下山しよう。


イチゲ。




イチゲ。




毒消しの道を気持ち良く下る。


今日2つ目のエンレイソウ。ベテランは目が良い。




大岩が露出して、まるでほかの山のようだ。




分岐に戻ってきた。


帰りはやっぱり、よりなれへ(残念ながら露天風呂がまだ修理されていなくて温泉水ではなかった。)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.03.31 06:57:53
コメント(0) | コメントを書く
[山] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.