513379 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

LOST RELIGION

【 名盤 】

◆◇◆皆さんも、このアルバムずっと聴いているなー。
いやーしかし、なんていいアルバムなんだ!って思うアルバムってあると思うんです。このページでは私が愛して病まない、殿堂入り作品を紹介します。
ライブDVDも殿堂入りの作品を紹介していこうと思います♪◆◇◆
                                                                                                   ◆◇◆【1】U2 /ALL THAT YOU CAN'T LEAVE BEHIND◆◇◆                                                                                     U2                                                                                            ◆この作品はすきがないですよ(笑)捨て曲無しのとてもいいアルバム。
一曲目の【ビューティフル・デイ】から最高に気持ちがいいです。朝聞くと、かなり清々しい(笑)なんだか、いいんですよ。あー毎日、サイコ―って感じじゃなくて、やっと、やっと、美しい日が来たって感じが★
その後、【ストック・イン・ア・モーメント】も◎だし。この曲は日本で創られたらしいです。だからってわけじゃないけど、日本人が好きそうな曲ですね♪
★あと三曲め、【エレヴェーション】!ぶっ飛びますね♪そして最高にセクシーです。
四曲目の【ウォーク・オン】なんて、新生活が始まるとき聴くと、ものすごく励みになります。私は専門入りたての頃は、聴きまくってましたね(笑)元気が出るんですよ♪
そしてきました!【カイト】コレはお別れの唄っぽいんですけど、歌詞がいいんです。風はどう吹くかわからないけど、でも、さよならは言わないよって歌詞が。これはアメリカに行ってしまった大切な人を思い出しますね(泣)思い出の曲です。
六曲目の【イン・ア・リトル・ワイル】も渋いです。私はこういう感じの曲が実はかなり好きです♪あのラモーンズのジョイ・ラモーンが死ぬ前に最後に耳にした曲。としても有名な曲ですよね♪私的にかなりオススメ!
七曲目の【ワイルド・ハニー】もアルバムのアクセントとして良い。アルバム全体のバランスを良くしてます。
続いて八曲目で落ち着いて(隠れた名曲です♪)、
九曲目の【ウェン・アイ・ルック・アット・ザ・ワールド】。かなり気持ちの良い曲です。散歩しながらこの曲を聴くと、ほんと気持ちイイ。エッジのソロの部分なんか、世界が光で満たされるそんなかんじです(笑)
そして十曲目の【ニューヨーク】。最初はなんかなーっておもっていたのですが、ライブでの演奏を聴いて、なんてクールな曲なんだ!と思いましたね★
そしてラストの【グレイス】で静かに終わっていく。。。
このアルバムは楽曲のクオリティもすべて最高レベルだし、全体のバランスも◎◎◎。
あと国内版を買えば、映画【ミリオンダラー・ホテル】の曲、ザ・グラウンド・ビニース・ハー・ヒートがラストの曲になります★この終わり方もシュールで良いんです♪◆                                                           
                                1 ビューティフル・デイ                                                              
  2 スタック・イン・ア・モーメント                                                         
  3 エレヴェイション                                                                
  4 ウォーク・オン                                                                  
  5 カイト                                                                     
  6 イン・ア・リトル・ワイル                                                            
  7 ワイルド・ハニー                                                                 
  8 ピース・オン・アース                                                              
  9 ホエン・アイ・ルック・アット・ザ・ワールド                                                                                        
  10 ニューヨーク                                                                  
  11 グレイス                                                                     
  12 ザ・グラウンド・ビニース・ハー・フィート                                                    
  U2/オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインドU2/オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド¥2,136                                                                                                          ◆◇◆【2】BLUR / THINK TANK◆◇◆
                                                                                              シンクタンク.jpg                                                                                      ◆この作品は聴けば聴くほど好きになります。
2003年の発売日に買って、最初はほとんど聞かなかったんですが(笑)家で本とか雑誌見ながら適当に曲を流していたら、だんだんはまって、MDにとって、バイト行くとき、帰るときに聴き始めて、なんだか良いなー。仕事の疲れが癒される?なーって感じで。今でもたまに聴くようになり、殿堂入りとなりました★
ホントは今日は、ステレオフォニックスのセカンドのレビューを書こうと思ったのですが(笑)楽天で検索してもでてこなかったので。。。★
んーなんだかんだでシンクタンクです。一曲目の【アンビュランス】独特な曲です。曲のラストが好きですねトゥトゥトゥトゥ・トゥットゥトゥーってとこが(笑)。今回のアルバムはデーモンのブラックミュージック好きがモロにでてますね。でも良い影響です。
続いて、二曲目は【アウト・オブ・タイム】。良い。ほんと良いこの曲は名曲ですよ。渋いです。聴きすぎて歌詞覚えちゃいましたからね(笑)メロディーのラインがとても綺麗で、心地よいです◎
そして三曲目の【クレイジー・ビート】。遊んでますよね(笑)ほんと面白い。シンプルに楽しめる一曲です。ライブはカッコ良かった。サマソ2003、ほんとサイコーでした。だってデーモンに会えたんだもん(笑)スゲ―カッコ良かった♪握手もしてくて、サイコ―の思い出ですね♪あ!この出来事もあり、シンクタンクがやたら好きになってしまったようです(笑)
さて、話はそれましたが、四曲目の【グッド・ソング】はほんとグッドソング。タイトルどうり(笑)
続いて5【オン・ザ・ウェイ・トゥ・ザ・クラブ(ゆるい感じとリズムが◎◎◎です♪)】、6【ブラザーズ・アンド・シスターズ(思わず口ずさみたくなる一曲。最後のシンセがはいるとこが好き♪)】、7【キャラバン(癒されます。このアルバムで一番すきかも★)】の流れは最高ですね。気持ちよすぎ←(俺はヤク中か(笑))
続いて、八曲目の【ウィーヴ・ガット・ファイル・オン・ユー】急に、これです!クレイジービートと同じくアルバムのアクセントですね♪ぶっ飛びます。短い!でも◎。
九曲目の【モロッコ人の革命的ボウルズ・クラブ】でハッピーになったら、
十曲目【スウィート・ソング】です。甘いです(笑)ウットリします。
十一曲目の【ジェッツ】も印象的。あのゆるいギターが良いですね♪十二曲目の【ジーン・バイ・ジーン】も愉快ですね。楽しいです♪
そして、きました【バッテリー・イン・ユア・レッグ】グレアムの最後の曲としても有名ですが、ほんと素晴らしい。曲の始まりのあの雰囲気はすごいの一言です。サビのギターも印象的。素晴らしい。★
うん、このアルバム雰囲気がよい。クールだったり、おちゃらけてみたり、しっとりしたり。そのバランスが◎◎◎。ずっと聴いてて、嫌にならない。◆                                                             
                                     1 アンビュランス  
                                                            
     2 アウト・オブ・タイム                                                               
  3 クレイジー・ビート                                                               
  4 グッド・ソング                                                                 
  5 オン・ザ・ウェイ・トゥ・ザ・クラブ                                                        
  6 ブラザーズ・アンド・シスターズ                                                          
                                     7 キャラヴァン                                                                   
  8 ウィーヴ・ガット・ア・ファイル・オン・ユー                                                    
  9 モロッコ人の革命的ボウルズ・クラブ                                                        
  10 スウィート・ソング                                                                
       11 ジェッツ                                                                     
     12 ジーン・バイ・ジーン                                                              
  13 バッテリー・イン・ユア・レッグ                                                         
  14 アウトサイダー                                                                 
  ブラー/シンク・タンクブラー/シンク・タンク/¥2,184                                                                                                          ◆◇◆【3】OASIS / DEFINITELY MAYBE◆◇◆
                                                                                        OASIS DEFINITELY MAYBE.jpg                                                                                 ◆オアシスの伝説のファーストアルバム。
荒削りで、雑。でもカッコいい。伝えたいことが痛いほど伝わってくる。
例えるなら服装・髪型・化粧を変えてやればスゴイかわいくなる、原石のような女の子とつきあっている感じのアルバムだ。←(どんなアルバムだよ(笑))
1.ROCK 'N' ROLL STARでいきなりノックアウトされ、けだるい2.SHAKERMAKER、
普遍的って言葉はこの曲の為にあるような、生きたことは永遠に残るんだ!っと強烈なメッセージにノックアウトの3.LIVE FOREVER、
UKロックの魅力たっぷりの4.CLOUDBURST (Bonus Track for Japan)、[Hey,you~]と普通に喧嘩を売られてるかのような歌い出しの5.UP IN THE SKY、
ノエルの声、少し悲しい詞が胸を打つ6.SAD SONG (Bonus Track for Japan)、リアムの傍若無人さが爆発の7.COLUMBIA、(この曲はもともとインストゥメンタルだったですが、リアムがあの素敵な嗄れ声をのせた瞬間、最高にクールな曲の誕生です♪)
そして最高の『俺様主義』代表ソングの8.SUPERSONIC、(ありえない。こんなにもカッコいい曲でデビューしたなんて、オアシスぐらいでしょう。この曲のライブは最高に飛べる。)
続いて、客が暴れ出してノエルが殴られたほどのテンションを持つ9.BRING IT ON DOWN、
個人的にはみんなでビール掲げてこぶしを突き上げてライブで大暴れしたい10.CIGARETTES & ALCOHOL、(ステージがでかいほど、この曲のカッコよさが倍増していく。)
ギターのイントロで完璧鳥肌状態アンド人をなめきったような歌詞の11.DIGSY'S DINNER、
最高に胸に響くラブソングの12.SLIDE AWAY、(この曲は最後までシングルにならなかった曲。まさにファンのための曲。僕がこのアルバムで一番好きな曲ですね♪心に染みるんです。)
ラスト、締めくくりにふさわしい13.MARRIED WITH CHILDREN(この曲のライブでのアコースティックではない古演奏はマジ涙ものでした…)。
6~7年前にこのアルバムに出会ってから、未だにこのアルバムを聴いている。持ってない人、買えって(笑)ここは命令形で言いたくなります。◆                                                      
                         1. ROCK 'N' ROLL STAR                          
                                     2. SHAKERMAKER                            
                                       3. LIVE FOREVER                         
                                         4. CLOUDBURST (Bonus Track for Japan)           
                                           5. UP IN THE SKY                     
                                             6. SAD SONG (Bonus Track for Japan)        
                                               7. COLUMBIA                   
                                                 8. SUPERSONIC                
                                                   9. BRING IT ON DOWN           
                                                     10. CIGARETTES & ALCOHOL      
                                                       11. DIGSY'S DINNER        
                                                         12. SLIDE AWAY        
                                                           13. MARRIED WITH CHILDREN
                                                                                                   オアシス/オアシスオアシス/オアシス¥2,010                                                                                                         ◆◇◆【4】the verve / URBAN HYMNS ◆◇◆                                                                                         verve1.jpg                                                                                          ◆私が大好きなバンド。【the verve】彼らの最後のアルバム。【URBAN HYMNS】です♪
このアルバムはずーと繰り返し聞きすぎて、何枚か壊れてしまい、今、二枚目ですね(笑)
そのぐらい良いってってことです♪もうとにかく全曲名曲なんです。
The Verveは1989年にイングランドのウィガンにてVerveとして結成。
1993年、1stアルバム、【A Storm In Heaven】リリース。
1995年、2ndアルバム、【A Northern Soul】リリース。オアシスのノエルが(手拍子のみ)参加。ノエルはこのアルバムをベタ褒め。
同95年8月、解散。
同95年11月、再結成。元Suedeのバーナードとも接触しているが、面子としては豪華だが脱退したNickの代わりにはならなかった模様。
97年、ニック復帰。3rdアルバム、Urban Hymnsリリース。
翌年のブリット・アワーズで賞を総ナメする。メンバー自身も驚いたというほど賞賛されるが、あっさりと99年に解散。【99年に解散てのは非常に残念だ。勿体無い。この独特のドリィーミィーな浮遊感は彼らしかだせないもん。。。】
ざっとバイオを辿るとこんな感じですが、やっぱりUrban Hymnsがデカイです。M1 Bitter Sweet Symphony、素晴らし過ぎです。オアシスのリアムがイントロだけを死ぬ程聴き倒すほどですよ。(二十回以上!)リチャード(Vo)とノエルは仲良いですしね。実際オアシスはCast No Shadowで彼のことを歌ったり、2002年の来日の際にはカバーしたりしてます。リチャードはオアシスのAll Around The Worldでバックコーラスに参加してます。
M2 Sonnet。これまた隠れた名曲です。「14行詩」と名付けられたタイトルに相応しいバラードです。泣きます(笑)ちょっとレゲエっぽいギターが良い。優しくて癒されます。もしかして私はバラードの曲の中で一番好きかも。
M3はサイケチックなロックチェーンにやられます。後半はすげえの一言。圧巻です。
M4のThe Drugs Don't Work。良い曲すぎ。こんな哀しくも美しい曲はなかなかないよ。
M7の「Space and Time」を聴くと、なんとなくワクワクした気分になってきます。一気に解放された喜びではなくて、静かに内に秘めた喜び、という感じですね。恋人に会った日の夜に、家で静かに楽しい思い出に浸る時に聴くと良いのではないですか(笑)
そして、M11のthistime。何十回も聞きました 他の曲も良いけど やはりアレは一番です。
M12の「Velvet Morning」は、透明感のあるアレンジが良い曲です。自分は基本的に、キーボードの和音が鳴り続けているアレンジは好きではないのですが、この曲のアレンジ(バランス)は好きです。映画の挿入歌のように、自然と映像が頭に浮かんでくる曲です。
全曲紹介したいですが、長くなりすぎたので、このへんで。。。【M8 Lucky Manとか最高なんです】あとはあなたが聴いて感じてください。
全編を通して、ここに歌われるのは明日への希望だと思う。強者が弱者を飲み込み、人びとは日なたにいるものと日陰で暮らすものに二分される、それが都市であり、このアルバムは地べたにはいつくばってでものし上がる事を夢見る若者たちの歌なんだ。音に身をゆだね、明日へ飛翔せよ、すべての楽曲の全てのパーツが、聴くものにそう語りかけてくる。
一度はメンバー間の不和から解散したバンドがドン底から蘇り、まさに魂の奥底から明日への希望を高らかに歌い上げた、イギリスで14週連続1位達成という奇跡の一枚。ほんとオススメ♪◆

1: ビター・スウィート・シンフォニー
2: ソネット
3: ザ・ローリング・ピープル
4: ザ・ドラッグス・ドント・ワーク
5: キャッチング・ザ・バタフライ
6: ネオン・ワイルダーネス
7: スペース・アンド・タイム
8: ウィーピング・ウィロー
9: ラッキー・マン
10: ワン・デイ
11: ディス・タイム
12: ヴェルヴェット・モーニング
13: ロード・アイ・ゲス・アイル・ネヴァー・ノウ
14: カム・オン
15: ディープ・フリーズ
ザ・ヴァ-ヴ / ア-バン・ヒムスthe verve / URBAN HYMNS /¥2,380

◆◇◆【5】JIMMY EAT WORLD / BLEED AMERICAN ◆◇◆           
group4.jpg
◆このアルバムはエモの枠を越えた秀作です♪
すべての楽曲がしっかりしているので、彼らの曲作りに対する姿勢にはとても共感できます。
一曲目からいきなりいかした曲。
そこからはもう名曲のオンパレードですね(笑)
気づいたらアルバムが終わってます。そんな、時間を忘れさせてくれるアルバム♪
特に私は七曲目【イフ・ユー・ドント、ドント】が大好きです♪
もうなんだか、泣けてくるんですよ(笑)聴いていて気持ちが良い!ソロに入るとこなんて、ぶっ飛べます。
あと日本版のボーナストラックの【(スプラッシュ)ターン・ツイスト】も個人的に好きですね♪
さらに、デラックス・エディション(絶対買うならこっち!)にはあの【ワム】の名曲【ラスト・クリスマス】のカヴァーが入ってます!私は個人的にこっちの方が原曲より好きですね。織田ユウジなんて死んじゃえ♪ってぐらい良いです(笑)
さらにさらに、ライブの音源も入ってて最高!こいつらライブもタイトでかなりイカシテマス♪
このバンド、顔はいけてないけど(笑)音や声は最高です。日本のバンドのエルレ・ガーデンも大ファンで有名ですね。
マジオススメ!◆

■ディスク1■
1 ブリード・アメリカン
2 ア・プレイズ・コーラス
3 ザ・ミドル
4 ユア・ハウス
5 スウィートネス
6 ヒア・ユー・ミー
7 イフ・ユー・ドント、ドント
8 ゲット・イット・ファスター
9 コーショナーズ
10 オーソリティー・ソング
11 マイ・サンダウン
12 (スプラッシュ)ターン・ツイスト

■ディスク2■
1 ブリード・アメリカン(ライブ・フロム・9:30・クラブ)
2 オーソリティー・ソング(ライブ・フロム・9:30・クラブ)
3 ゲーム・オブ・プリックス(ラジオ・1・セッション)
4 イフ・ユー・ドント、ドント(XFM・セッション)
5 ラスト・クリスマス
6 ファイアースターター

ジミー・イート・ワールド /ブリード・アメリカン(デラックス・エディション)ジミー・イート・ワールド /ブリード・アメリカン(デラックス・エディション)/¥2,857

◆◇◆【6】RED HOT CHILI PEPPERS / LIVE IN HYDE PARK◆◇◆       

レッチリ.jpg
◆いやー。。。良いに決まってるんですよ(笑)
レッチリファンから言わせれば、何をいまさらって感じですよね(笑)
でも、紹介させてください。
いいんだもん。
最強のアルバムとは?
まさにこれ。
レッチリの初のライブアルバム。これ聴かなくて、何聴くんですか?
かっこよいってこういうことを言うと思う。
このライブのとき、メンバーのポテンシャルは最高潮。
ステレオから、びんびん緊張感やら臨場感やらが伝わってきます。
一曲目のイントロから爆発です。導火線に火がつきます。
私は初めて聴いたとき、叫びましたもん(笑)
やべーって(笑)
その後も【CAN’T STOP】【AROUND THE WORLD】【SCAR TISSUE】【BY THE WAY】(このバイザウェイはすごい!)っと名曲のオンパレード!(このアルバムはすべてが名曲)
このグルーヴ、彼らしか出せません。
レッチリのライブを聴いたことない人は、
曲のアレンジ&アドリブにビックリするはず。
CDの音を遥かに超えてます。
一曲一曲がライブという生の空間でどんどん進化していくさまは圧巻ですよ♪
フリーのベースは超人的だし、ジョンのギターは泣きまくり、この人のアイディアにも驚きです。化け物だよ。化け物。
さらに、チャドのドラムはぶっとく全体を支えて、小技も最高!
そして、アンソニーの唄は魂の叫びのごとく、会場に響きます。
こんなぶっ飛んでるバンドは他にいないでしょう。
二曲の新曲もこれからのレッチリを予感させる曲で【レヴァレイジ・オブ・スペイス 】のかっこよさには誰も勝てません。
おまけにあのカヴァーもうやってくれちゃって。。。。
もう一度言います。これ聴かなくて、なに聴くんですか?◆

■ディスク1■
1 イントロ
2 キャント・ストップ
3 アラウンド・ザ・ワールド
4 スカー・ティッシュ
5 バイ・ザ・ウェイ
6 フォーチュン・フェイデッド
7 アイ・フィール・ラヴ
8 アザーサイド
9 イージリー
10 ユニヴァーサリー・スピーキング
11 ゲット・オン・トップ
12 ブランディ
13 ドント・フォゲット・ミー
14 ローリング・スライ・ストーン

■ディスク2■
1 スロウ・アウェイ・ユア・テレヴィジョン
2 レヴァレイジ・オブ・スペイス
3 パープル・ステイン
4 ザ・ゼファー・ソング
5 カリフォルニケイション
6 ライト・オン・タイム
7 パラレル・ユニヴァース
8 ドラム・オマージュ・メドレ
9 アンダー・ザ・ブリッジ
10 ブラック・クロス
11 フリーズ・トランペット・トリーテッド・バイ・ジョン
12 ギヴ・イット・アウェイ

Red Hot Chili Peppers/Live In Hyde Park Red Hot Chili Peppers/Live In Hyde Park/¥2,362

◆◇◆アイ・アム・サム/サウンドトラック◆◇◆

cover.gif
◆私はこんなにいいサントラ聴いたことない。
ビートルズのカヴァー集なんだけど、カヴァーしている人たちがヤバイ。
良すぎでしょ、原曲の良さを壊さず、新鮮を与えています。
映画もそれなりに良かったが、なんといっても音楽。
映画観終わって、すぐに買いましたね。このサントラは。
選曲も渋いんです。
私の好きな『ブラック・バード』も入ってるし♪
この『アクロス・ザ・ユニバース』。。。良いなー♪
こういう『ヘルプ』もあるんだ。。。良いなー♪

そういえば、ビートルズってロック好きならかならず聴くんですよね。
私も死ぬほど聴きました。
こういうカヴァー集を聞くと、聞きなれたビートルズの曲の新たな良さだったり、可能性がみえたりします。
ビートルズのカヴァーを集めるのもいいかもしんないっすね♪
コールドプレイのベースのガイも集めてるらしい。
いやー、だっていいもんな。
ガイの気持ちもわかりますよ。
マジオススメ!◆

【曲目】
1.トゥ・オブ・アス(エイミー・マン&マイケル・ペン)
2.ブラックバード(サラ・マクラクラン)
3.アクロス・ザ・ユニバース(ルーファス・ウェインライト)
4.君はいずこへ(ザ・ウォールフラワーズ)
5.悲しみはぶっとばせ(エディ・ヴェダー)
6.ストロベリー・フィールズ・フォーエバー(ベン・ハーパー)
7.マザー・ネイチャーズ・サン(シェリル・クロウ)
8.ゴールデン・スランバー(ベン・フォールズ)
9.アイム・オンリー・スリーピング(ザ・ヴァインズ)
10.ドント・レット・ミー・ダウン(ステレオフォニックス)
11.ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ(ブラック・クロウズ)
12.ジュリア(チョコレート・ジーニアス)
13.恋を抱きしめよう(ヘザー・ノヴァ)
14.ヘルプ(ハウイ・デイ)
15.ひとりぼっちのあいつ(ポール・ウェスターバーグ)
16.レボリューション(グランダディ)
17.レット・イット・ビー(ニック・ゲイヴ)
18.ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ(エイミー・マン)
19.トゥ・オブ・アス(ニール・フィン,リアム・フィン)
20.恋をするなら(ティカ)

アイ・アム・サム/サウンドトラック アイ・アム・サム/サウンドトラック/¥2,160

◆◇◆The Stone Roses / Crimson Tonight◆◇◆

crimsontonight.jpg
◆高校のときにこれ聴いて、音楽の聴き方が変わった。
まあ、革命です。
ほんと衝撃的でした。
ローゼスとの出会いは、高校のときOASISにはまって、聴き狂ってい頃。。。 リアムがバンドをはじめたきっかけをつくったバンドがいるって言う話を先輩から聞きました。
そのバンドこそ、ストーンローゼス。
リアムはローゼスのライブ観て、
『俺もやってやる!』って思ったらしいです。(まあ、有名な話ですね)
早速聴いてみようと、先輩にすぐCD借りました。
先輩も人が悪い(笑)
いきなりこれですよ。ライブ盤。
とにかく圧倒されます。
特にギター。やばい。なんだこれは。
(ジョン・スクワイアのギターを聞いて、自分ももっと弾きたいって思いました。だって、あのソロかっこいいだもん)
下手くそで有名なイアン・ブラウンの声も安定している。
マニのベースもブォンブォンすごいことになってる。
一曲が長いが、長いと感じさせない。
もうとにかく、ぶっ飛びましたね。
あとでローゼスのCDは買いあさりましたが、
やっぱ、このライブ盤が一番すき。
アレンジ、アドリブ文句なし!
こりゃあリアムもバンドやりたくなりますよ。
超オススメ!
商品リンクしようと思ったら、ない!(笑)
このCDはご自分で探してくださいな。
うちの店にまだあったかな。。。◆

【曲目】
1.Daybreak
2.Breaking Into Heaven
3.Driving South
4.Tightrope


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.