000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

1年で25kg!男がエステでダイエットだって!?

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

エステティック学

Sep 3, 2005
XML
カテゴリ:エステティック学
9月というのに暑い日がつづきます。
これもまた、ストレッサーか・・・?(笑)

ストレッサーによる生体反応を「全身適応症候群」といい、
この反応のことを、一般的にストレスと言っている場合が多いようです。

全身適応症候群には以下の3段階があります。

第1段階 警告反応期
第2段階 抵抗期
第3段階 疲憊期


第1段階 警告反応期
ストレスを感じると、まず、緊張感を感じます。
このとき、心ばかりでなく体にも力が入り、
まるで敵襲に備えるかのような状態になります。
警告反応期にはさらに二つの段階があります。
ショック相と反ショック相です。
ショック相は、神経系の活動が抑制され、筋肉の緊張が低下します。
刺激の強さや本人のストレッサーへの抵抗力によって、
数分から1日ぐらい続きます。
反ショック相は、
ショックから立ち直る時期で、ショック相とは反対の反応が起こります。
つまり、
神経系の活動が高まり、筋肉の緊張が増します。
この反ショック相によって、ストレッサーに対する抵抗力が増します。

第2段階 抵抗期
ストレスがなくならずに続いていると、ストレッサーに対する抵抗力が増します。
一応、安定しているように見えますが、
この状態が続くと、次の疲憊期に入っていくことになります。

第3段階 疲憊期
さらにストレッサーにさらされ続けてると、
生体は、これ以上、適応状態を続けられなくなり、破壊されてしまいます。
体温が低下し、副腎皮質の働きの低下、体重の減少などが起こり、
病気になったり死んでしまう場合もあります。



ストレスがないとどうなるのか?
普段の生活の中で私たちはさまざまな感覚刺激を受けています。
そこで、この感覚刺激をなるべくすべて遮断して刺激を最小にしたらどうなるか、
という実験がアメリカの心理学者ヘッブによって行われたことがあります。
これは、被験者を光も音も臭いもない特別に工夫された実験室に一定時間拘束するという実験でした。
この実験の結果、被験者は一様に、
80~90時間経過したあとストレッサーに対する抵抗力を失ってしまったそうです。

その状態では人の語る思想などが
そのまま被験者の心に入り込んだあと定着してしまう、という極めて恐ろしい状況になるのだそうです。

これはなぜかというと、無ストレス状態に慣れることによって、外からの情報に対して無力になっているからだと考えられます。

このような状態にあるときにストレッサーを与えると
それがそのまま取り込まれてしまうことになり、
放っておくと突然身体にストレスによるさまざまな諸症状が生じ、
被験者は苦しみ出すことになります。これは疲憊期がいきなりくるようなものなのだそうです。

私たちがもしストレスがない状態にさらされた場合
「心のストレス反応における警告反応期と抵抗期がなくなり、体が簡単にストレッサーに侵されてしまう」ということになりそうです。



参考文献
心について心について

行動学入門行動学入門


参考URL
http://www.icofit.net/relaxation/about_stress.html




Blogランキング今日も、応援のクリック、ありがとうございます。







Last updated  Sep 3, 2005 05:51:52 PM
コメント(0) | コメントを書く


Aug 30, 2005
カテゴリ:エステティック学
気が付けば、早いもので、もう八月も終わりですね。

さて、よく私たちの日常はストレスだらけだとか、言われますが、
そもそも、「ストレス」って何なのでしょうか?

ストレス(STRESS)とは、
もともと工学や物理学の領域で使われる言葉で、
「応力」とか「歪力」のことをいいます。

これを、生体に当てはめたのは、
カナダのセリエという生理学者です。

セリエは、
「外からの刺激に対して生ずる生体の非特異的反応」のことを生物学的ストレス。
そして、生物学的ストレスを生じさせるような外からの刺激を「ストレッサー」と呼びました。

現在、私たちは、ストレスとストレッサーを混同して使う場合が多いですが、
簡単にいうと、
刺激に対する反応=ストレス
刺激そのもの=ストレッサー
ということになります。


ストレッサーは大きく分けて4つに分類できます。

1. 物理的ストレッサー:高音、低音、騒音など。
2. 化学的ストレッサー:栄養不足、ダイオキシンなど。
3. 生理学的ストレッサー:病原菌など。
4. 精神的ストレッサー:人間関係、地位、給与など精神的苦痛。

特に、精神的ストレッサーによる心身のストレスは、
現代病と呼ばれ、多くの病気の引き金になっています。

昔から「病は気から」といわれますが、
心の有様が、直接的、間接的に身体に影響を与えているのですね。


次回は、ストレスの段階についてお話します。



せいさく0319さん
MARCHさん
元気と健康の応援します☆ 220ボルトシスターズ☆ 川口礼子さん
ザック(仮名)さん
コメント、ありがとうございました。




Blogランキング今日も、応援のクリック、ありがとうございます。ランキングがあがるとさらにイイ記事がかけるかも?








Last updated  Aug 30, 2005 09:58:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 5, 2005
カテゴリ:エステティック学
CIDESCO(Comite International d'Esthetique et de Cosmetologie)は、
エステ関係者は、誰でも知っているエステティックの国際ライセンスです。

エステティック、メイクアップ、化粧品学などの知識と技術、器具・用材などの各国間のバラつきをなくし、全体的なレベルアップをはかり、エステティックの普及と促進を目的として、1946年にベルギーで設立されました。

現在の本部は、スイスです。

日本でCIDESCOインターナショナル・エステティシャンの資格を取得するには、
●協会認定エステティシャン登録後1~3年経過した者
●5年以上の実務経験がある、協会認定エステティシャン
●シデスコスクール修了者
となっているようです。
http://www.ajesthe.jp/esthetician/link4.html

大手サロンでも数名しかいない場合が多いですが、
意外とオーナーサロンのエステティシャンの方が取得しているケースも少なくないようです。


「ビューティBLOG IN FRANCE☆」のMARCHさんもCIDESCOを目指しているようです。



さて、各国のエステティックの資格について触れてみたいとおもいます。

フランスの場合
フランスでは、C.A.P.という国家資格があります。
これは、フランス国内の資格ですが、
その上に、B.T.S.という国家資格があり、
こちらは、フランス国外でも認められる国家資格です。


イギリスの場合
International Health and Beauty Council
C.B.T.A.C(Confederation of Beauty Therapy and Cosmetology LTD)
City and Guilds of London Institute
I.T.E.C(International Therapy Examination Center)
といった国家資格があり、イギリスのエステティシャンは、これらの資格を複数取得しているそうです。


こうしてみると、各国では古くからエステティシャンの国家がありますが、
日本では、そういった法整備は、まだされていません。
歴史的な背景が違うということもありますが、これからということになるのでしょう。




Blogランキング今日も、応援のクリック、ありがとうございます。ランキングがあがるとさらにイイ記事がかけるかも?







Last updated  Jun 5, 2005 06:56:31 AM
コメント(1) | コメントを書く
May 31, 2005
カテゴリ:エステティック学
5/24の日記でエステティシャンの資格について若干触れましたが、
もう少し、お話したいと思います。

まず、日本の場合。
エステティックが日本で登場するのは、
明治時代にアメリカから渡ってきたフェイスマッサージが始まりのようです。
これは、顔面の筋肉の走行、血液やリンパの流れに沿った求心的な手法で、
現在でも、日本のフェイシャルマッサージの基礎技術になっています。
実際、エステティックで、リフトアップを経験された方は、少なくないでしょう。
ただ、日本では、マッサージは、
それ以前から、治療としての身体マッサージを生業としている職域があったので、
美容マッサージは、治療マッサージの職域を侵さないという形をとることになります。
また、美容師法という法律では、エステティックは定義づけされないため、
業法的には、エステティック業という業態は、存在しないことになります。

それを踏まえて、
エステティックの社会的認知向上や啓蒙、エステティシャンの技術向上のために、
業界団体で、認定資格制度が制定されるに至ります。
代表的な資格には、認定エステティシャンAEA認定エステティシャンなどがありますが、いずれも、国家資格というわけではありません。
今後、業界が成熟していくと、管轄省庁や国家資格が制定されるようになるかもしれませんね。

そうなると、エステをめぐる様々なトラブルも減っていくかもしれません。



次回は、エステティックの国際資格「CIDESCO」について、お話したいと思います。




Blogランキング今日も、応援のクリック、ありがとうございます。ランキングがあがるとさらにイイ記事がかけるかも?







Last updated  Jun 1, 2005 12:18:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 5, 2005
カテゴリ:エステティック学
最近、健康を意味する言葉で「Wellness」というのをよく耳にします。


WHO(世界保健機構)では、
健康とは、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあるということであって、
たんに、病気ではない状態ではないということではない。

と定義しています。

単に、身体的に良好な状態というだけでは健康とはいえないのが現代です。

Wellnessという言葉は、1960年代のアメリカで生まれたそうです。
「well=よく、元気な、爽快な、申し分なく」を名詞化した造語なのだそうですが、
いまでは、すっかり一般化しています。

WHOが定義する健康と、このWellnessという概念は、共通するものがあります。
エステティックが目指すべき「美」というのも、このWellnessに共通していくものなのでしょう。

ダイエットといっても、
体重を減らすことを目的とするのではなくて、
健康的に美しくならなければ、ダイエットの意味がなくなってしまいますね。


そういえば、桜子さんの美健楽ダイアリーにもWellnessについての記事がありました。

一読の価値があると思います。




Blogランキング今日も、応援のクリック、ありがとうございます。ランキングがあがるとさらにイイ記事がかけるかも?







Last updated  May 5, 2005 11:59:25 AM
コメント(1) | コメントを書く
May 4, 2005
カテゴリ:エステティック学
せっかく勉強したので、
しばらく、「エステティック」を学問してみましょう(笑)

エステティックという言葉は、すでに広く生活に浸透していて、いろいろなところで使われています。
ただ、実際のところ、
「エステティック」という言葉やその業の範囲について定義した法律は、まだ、存在していません。
業界としてのエステティックという業種は、まだまだ、小さい業界のようです。

まぁ、だから、詐欺まがいの事件があちこちで発生するし、
大手サロンでさえ、それに近い事件やトラブルが頻発するのしょう(笑)


さて、「エステティック」とは、どいう意味なのでしょうか?

エステティックの語源は、
約250年前に「美学」というものを確立したドイツの哲学者バウムガルテンが
「感性的認識の完全性」の中で、「エステティック」という言葉を用いて、
「美とは、人間に満足や快感を与える対象である」と定義しました。
それ以来、「エステティック」は「美」を語る言葉として用いられるようになったそうです。

つまり「エステティック」とは、
人の心にある「美しくありたい」という欲求に
応えようとするところから始まっているのですね。




Blogランキング今日も、応援のクリック、ありがとうございます。ランキングがあがるとさらにイイ記事がかけるかも?







Last updated  May 4, 2005 02:11:07 PM
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.