000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I have a dream

2020.09.22
XML
カテゴリ:クラシック全般
こんばんは、ほうとうです。
 20日(日)、京都コンサートホールで行われた、第24回京都の秋音楽祭開会記念コンサート
(昼の部)に行ってきました。
 高関健指揮の京都市交響楽団の演奏で、オルガン独奏は福本茉莉。
 曲目は、ベルギーの作曲家ジョンゲンの大オルガンとオーケストラのための協奏交響曲と
レスピーギの交響詩「ローマの松」。オルガンを中心に据えたプログラム構成です。



 協奏交響曲は、アメリカ・フィラデルフィアにある百貨店(現メイシーズ)オーナーから、
自店に設置した大オルガンのために委嘱され、1926年に作曲されたものです。
 作曲年代の割に上記の経緯があるため、親しみやすい、昔話をイメージさせる旋律が
展開されます。オルガンとオケが張り合うような構成ではなく、優しくて良い曲だと思い
ました。
 ただ、1楽章が終わったところで、オルガンにトラブルがあり、すぐに復旧しましたが、
パイプオルガンの電気的中枢部がどこに設置されているか、分かってしまいました。



 ローマの松も良い演奏でした。コンサートマスターは、神奈川フィルの石田泰尚さん。
 その他第2ヴァイオリンに安井優子さん、コントラバスにサイモン・ポレジャエフさんが
首席として客演しました。



 弦楽器はマスクを着用している人とそうでない人がいましたが、管楽器はひな壇に載せて
いませんでした。それでもバランスには問題ありませんでした。



 1回当たりの客数を約半分にし、昼と夕方の2回公演にして密を防ぐ策で、代わりに料金は半額
とするやり方でした。また、開場時間は余裕を持たせ、終演後の客の退出を大まかなブロックごと
に誘導して密を防止する方法も良いと思いました。
 今回の曲目は、編成が大きくなりましたが、多くの知見と工夫でより多様な演奏会が行われる
ことを期待します。

(写真は、終演後、ホールの隣にある京都府立植物園で撮影したものです。)






Last updated  2020.09.22 18:30:04
コメント(0) | コメントを書く
[クラシック全般] カテゴリの最新記事


PR

Recent Posts

Category

Favorite Blog

佐藤輝は俊介のライ… New! 虎党団塊ジュニアさん

リッキー・ウィルソ… 楊ぱちさん

- 天井桟敷での独… Nimrod1215さん
アウトドアクラブ ク… やっちゃか雑技団さん

Calendar

Archives


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.