547802 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I have a dream

2020.12.16
XML
カテゴリ:関西
こんばんは、ほうとうです。
 13日(日)、遊山トレッキングサービスのツアーに参加して、奈良県曽爾村の古光山(
こごやま、標高960m、南峰)に登ってきました。


   ススキとピークが連なる古光山

 ススキで有名な曽爾高原のすぐ南にあるので、麓や標高の低いところではススキが見られます。
 でも、岩やロープが架けられた急坂や、アップダウン、やせ尾根があるので、このツアーでは
「大人のアスレチック」と題していました。

 コースは、北側の長尾峠に駐車し、後古光山(標高892m)、フカタワ、古光山(北峰、一峰
~南峰、五峰)、大峠、みつえ高原牧場を経て長尾峠に戻るというコース設定でした。


   後古光山北尾根から学能堂山と後ろに小さく局ケ岳

 寒くなるのは月曜からと予報されていましたが、十分冷たい風が吹いていて、冬の感じでした。
なのでネックゲーターをずり上げて耳と顎を隠し、寒さをしのぎました。


   後古光山を下る

 フカタワに降りますが、また急坂を登り返し古光山北峰を目指します。


 離れてこの場所を見ると、ちょっとしたキレットです。東方の局ケ岳が「伊勢の槍ヶ岳」、
西方の高見山が「関西のマッターホルン」と称されるなら、ここは「曽爾の八峰キレット」
でも良いかも。


   古光山から曽爾の山々(左から住塚山、国見山、兜岳、鎧岳)

 昼食は南峰から下って

冷たい西風を避け、東向きの落葉の斜面で。

 大峠に下り、みつえ高原牧場周辺では、ススキが広がり、


牧場建物の屋根越しに三峰山を見て、


「来年はうちらの歳やで」と言わんばかりの乳牛の一瞥を感じながら、


すぐ北の亀山が

「モヒカン頭に見えてしょうがない」などとだべりながら長尾峠に戻ったのでした。

 帰路、日帰り温泉「お亀の湯」(ぬるっとした良い泉質)に立ち寄って温まって帰りました。






Last updated  2020.12.16 22:21:42
コメント(0) | コメントを書く
[関西] カテゴリの最新記事


PR

X

Recent Posts

Category

Favorite Blog

阪神がトレードする… 虎党団塊ジュニアさん

リッキー・ウィルソ… 楊ぱちさん

- 天井桟敷での独… Nimrod1215さん
アウトドアクラブ ク… やっちゃか雑技団さん

Calendar

Archives


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.