525801 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I have a dream

全363件 (363件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

雑  談

2020.09.26
XML
カテゴリ:雑  談
こんにちは、ほうとうです。
 京都府立植物園では、多くの花が見頃でしたが、日本の野山等で見かけることができる
花を紹介します。
 

   ホウセンカ(鳳仙花)
 場所や状態を余り問わず、育てやすいので、小学校でも鉢植えで育てましたね。

 乾燥した土地を好まない

   ヒガンバナ(彼岸花)白


   ヒガンバナ(ピンク)

 同じく乾燥した土地を好まない

   カリガネソウ(雁金草)

 湿った土地を好む

   ツリフネソウ(釣船草)


   ツリフネソウ(白)

 そして水辺に生える

   ミズアオイ(水葵)

 これも水辺に生えるものの、絶滅危惧されている

   ミズキンバイ(水金梅)

 手軽に(入場料¥200、温室を除く)楽しみながら勉強できる植物園は良いですね。






Last updated  2020.09.26 13:33:41
コメント(0) | コメントを書く


2019.12.31
カテゴリ:雑  談
おはようございます。ほうとうです。
 毎年恒例の今年の山歩き回顧です。

 どうしても山となると、長野県のアルプス等が上位に来てしまいます。ですが、関西でも
素敵な場所を見つけました。
 今年はそれぞれの山に、色の副題が付けられると思いました。(雪山を白とすると、それ
ばかりとなってしまうので、できるだけ排除します。)

 では第5位。「黒」
 富山県の北アルプス、「薬師岳」(7月6・7日)。2018年夏に行く計画を立てていた
のですが、大雨で断念。リベンジを果たせたのですが、前泊した有峰湖周辺で、わずか2時間
余の間に2回もツキノワグマに出会いました。1回目は湖畔のキャンプ場近くで、母子の熊。
2回目は宿泊施設の裏の駐車場でオスらしき熊と。熊と正に正対したのは初めてで、緊張しま
した。でもそれだけ自然が豊かな所なんですね。

 第4位。「白」
 モンベルのツアーで行った「金剛山カトラ谷・モミジ谷」(5月3日)。
 自宅から最も近い山のうちの一座ですが、こんな近くに白い花のニリンソウの群生や、
イチリンソウが沢山清楚な花を咲かせているのに驚きました。

 第3位。「黄」
 鈴鹿山脈最北部の「霊仙山」(4月6日)。
 南西尾根の小ピーク、南霊岳の西側斜面に、福寿草が一面に鮮やかな黄色の花を咲かせて
いました。

 第2位。「青」
 八ヶ岳連峰の「北横岳」(2月10日)。
 雪を求めて出掛けたのですが、この日は絶好の好天で、雪景色のバックは「八ヶ岳ブルー」。
 八ヶ岳連峰はおろか、北・中央・南アルプス等を見渡し、雪の造形を楽しみました。

 第1位。「赤・黄・茶」
 北アルプス黒部川源流域の「双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・雲ノ平」(9月15~19日)。
 夕日を浴びて真っ赤に燃える槍ヶ岳、黒部川源流域の草紅葉、すばしっこく走り回る夏毛の
オコジョ。日本最後の秘境と呼ばれる黒部川源流域を歩いて自然を満喫しました。

 近年は台風被害で荒れてしまった山が多いですが、新たな良い所を探してまた歩きたいと
思います。






Last updated  2019.12.31 06:00:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.31
カテゴリ:雑  談
おはようございます。ほうとうです。
 大晦日を迎え、今年の山歩きを振り返りたいと思います。

 関西の山は、夏から秋にかけての連続した台風で多く倒木が発生し、大半が歩きにくく
なってしまいました。特に京都北山周辺が酷かったようです。また金剛・葛城山などの
古い地層の山も、谷沿いで土砂(風化した花崗岩・真砂土)の流出があり、山の維持問題
が顕在化しました。

 関西の有名な山は、ほぼ一通り登っていますが、時期を変えたりして楽しみました。
 3月3日、天気がとても良かったので、残雪の伊吹山に登りました。雪が柔らかいのを
想定して、12本爪のアイゼンとストック2本で登りました。5合目から9合目までは
登山道が雪に埋もれてしまっているので、斜面を直登です。雪の照り返しもきついので
サングラスは必須です。 
 5月26日、鳥取県と兵庫県との境にある扇ノ山に登りました。南北に長く盾を伏せた
ような山容で、美しいブナ林を楽しみながら闊歩しました。下山後は盾の縁の部分にあたる
雨滝も見て来ました。
 まだ登っていない山にも行こうとガイドブックなどを見て、11月11日、滋賀県長浜市
の横山岳に登りました。自然豊かな山ですが、地元の山の会の人たちによって良く整備されて
いて、新しい名山を見つけた気分になりました。
 今年は上高地や涸沢に何度か行きましたね。観光地だからと、ちょっと敬遠していたのです
が、1月7日に西穂山荘から上高地にスノーシューで下り、静まり返った上高地をスノー
シューで歩き回りました。GW前半には、上高地から残雪の涸沢まで登りました。


 夜明けの涸沢で、モルゲンロートを楽しみ、9月5・6日に奥穂高岳登頂を目指して再度涸沢
まで来たのですが、秋雨前線が早く来てしまい、天気が悪く、引き返すこととなりました。

 さて、今年の山歩き第3位。
 紅葉の栂池自然園(10月8日)。前夜夜行バスでの日帰りという強行軍でしたが、午前の
天気が良く、紅葉の湿原の奥に白馬三山がスッキリ望め、この上なく爽快な気分になりました。

 第2位。
 燕岳(6月9・10日)。合戦小屋から上は雪が所々残っていて、後立山連峰、裏銀座・
槍・穂、表銀座の稜線を眺め、花崗岩のステージに立つ雷鳥クンを撮影しまくったので
した。

 そして第1位。
 紅葉の天生湿原と籾糠山(10月21日)。岐阜県飛騨高地の一座です。国道360号
 天生峠から南へ天生湿原を通り抜けて籾糠山に登りますが、狭い山頂からは南は
 御嶽山、北は立山まで望めました。ここは県立自然公園に指定されて、協議会が管理を
しているので、手入れも素晴らしく、見事な紅葉や原生林・湿原の風景を楽しむことが
出来ました。

 来年も異常気象が気になりますが、多くの山を歩いて楽しみたいと思います。






Last updated  2018.12.31 12:36:18
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.31
カテゴリ:雑  談
こんばんは、ほうとうです。
 今週に入ってから、湿気が多い日がぐっと増えましたね。
 関西も梅雨入りしてもおかしくないのですが、気象台は慎重に梅雨入り宣言する
みたいです。



 扇ノ山の帰り道、鳥取県八頭町で見掛けた睡蓮の花。見るだけで、気温が高くなって
いくのを感じますね。






Last updated  2018.06.01 21:57:46
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.30
カテゴリ:雑  談
こんにちは、ほうとうです。
 コンサートを回顧したら、山歩きも回顧しなければなりませんね。
 手帳をめくり、行ったあの山、この山を振り返ると・・・。

 この1年、大分冬山に行ったなと気付きました。霧氷の高見山(1月14日)、愛宕山
(1月21日)、稲村ヶ岳(1月28日)、賤ヶ岳(2月5日)、鈴鹿竜ヶ岳(2月19日)
鈴鹿綿向山(2月25日)、武奈ヶ岳(3月12日、12月9日)、鈴鹿宮指路岳・仙ヶ岳
(3月19日)、己高山(11月19日)、後山(11月26日)、鈴鹿国見岳(12月17
日)。この他、残雪を見掛けることも幾度かありました。
 これら雪山で最も良かったのは、モンベルのツアーで行った、越前大野六呂師高原と荒島岳
シャクナゲ平スノーシュートレック(2月11・12日)ですね。前日に大雪が降り、現地到着
も遅れそうになりましたが、しっかり荒島岳7合目までスノーシューで歩き、大野の美味しい
食べ物も頂きました。

 紅葉が素晴らしかったのは、百名山の雨飾山(10月8日)。好天にも恵まれ、山頂では名立
たる名峰を見渡し、布団菱の岩峰と青空と紅葉のコントラストが絶妙で、人気が高いのに納得し
たのでした。

 近畿の山は、百名山・二百名山・三百名山は踏破し、二回目・三回目の山が多くなりました。
その中で、パターンに変化を付けるようにしましたが、夏は暑いことから、日の出前から登る
ようにしてみました。夜間から登り始め、日の出を山頂で迎えた伊吹山(8月27日)は、
夜景の他、朝日を浴びる多くの花を楽しみました。

 今年の山歩きベストは、北アルプス双六岳(9月21~23日)ですね。新穂高温泉から山
小屋に泊まりながら、そして槍ヶ岳と始まった紅葉を見ながら、黒部川源流域まで歩き、数多
の百名山を見渡してスケールの大きい北アを楽しみました。

 来年は、近畿では有名でないながらも良い山を開拓し、その他の地方の名山も行ってみたい
ですね。






Last updated  2017.12.31 16:15:28
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.02
カテゴリ:雑  談
こんにちは、ほうとうです。
 次男が就職し、九州へ行くのを見送りました。
 希望の企業に就職したのですから、めでたいことなんですが、少し寂しくもあり、
親として十分なことがしてやれただろうか、と気になったりします。
 社会人として、頑張って行って欲しいと思うところです。
 次男の背中にそっとエールを送りました。
(でも、センチになっている暇はありません。まだ送り出さなければいけないのが残って
います。)

 長居植物園(長居公園)で咲いていた色々な花を撮影しました。


     アーモンド



     オオシマザクラ



      ミツマタ



     陽光(桜)



      染井吉野(桜)






Last updated  2017.04.02 18:23:29
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:雑  談
おはようございます。ほうとうです。
 昨1日(土)、西宮の芸術文化センター(中)で行われた、茂山狂言会~みんなで
楽しく狂言会~ に行って来ました。
 毎年恒例の公演なのですが、前から少し気になっていて、まだ狂言を見たことが
無かったので、出掛けて来ました。


 桜の開花が気になりますが、ようやくチラホラ咲き始めた所で、次の週末辺りが見頃で
しょうか。

 この催しは、入場料千円と大変リーズナブルで、解説もしてくれ(今回は茂山逸平さん)、
未就学児も入場可能という、初心者向けの有名な演目を出してくれます。
 京都・大蔵流茂山千五郎家の家訓とも言うべき、普及をその旨とする「お豆腐狂言」の
実践でもあります。
 今回の演目は、「蝸牛」(=カタツムリ)、「棒縛」というコメディー物で約1時間の
公演。
 650年という歴史ある古典芸能を、気楽に楽しく体験させてもらいました。







Last updated  2017.04.02 06:53:42
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.17
カテゴリ:雑  談
  • 土産bl.jpg

 ただいま帰省から帰りました。ほうとうです。

 慌ただしかったような、でも盆の行事以外何もせず、ゴロゴロしていた

ような、そんなお盆でした。

 地元の酒ですが、新幹線駅ではいつも売り切れ、入荷待ち。

 なんと、新幹線の車内販売でミニボトルを売っていました。

 私より先に、りゅうびに飲み干されないよう気を付けます。

 







Last updated  2015.08.17 16:43:34
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.17
カテゴリ:雑  談
  • ユキノシタの花bl.jpg

 こんばんは、ほうとうです。

 昨秋、単身赴任中の広島の種苗店で購入した「ユキノシタ」が花を咲かせていました。

 ほんの片手に収まる程の小さな苗でしたが、植木鉢に植え替え、この春また一回り

大きい鉢に植え替え、ベランダで育てていたものです。

 手間が掛からず、簡単に育てられ、その名の通り寒さに強い植物で、単身赴任の

オジサンの癒やしにも良いだろうと思ったのです。(葉を天ぷらにしようとは思いません

でした。)

 それから、どんどん葉は大きく、株も増えていきました。

 

 単身赴任先から持ち帰り、今日は天気が良くて暑いかなあと思って様子を見たの

です。

 ほんの数ミリの小さな花ですが、新鮮でちょっと嬉しいですね。

 大阪の夏は暑かろうと、日除けで影を作ってやりました。

 







Last updated  2015.05.17 19:52:00
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.21
カテゴリ:雑  談
こんばんは、ほうとうです。
兵庫県立芸術文化センターで行われた、ヤノフスキ指揮ベルリン放送交響楽団の演奏会に行って来ました。
曲目は、ブルックナーの交響曲第8番ハ短調(ノヴァーク版第2稿)。
第1から第3楽章までは、テンポが緩まない様に、第4楽章では、第一主題に付随する伴奏の短前打音を意識してか、速くならない様にコントロールしていました。これは、指揮者の「曲の統合」という意図の表れでしょう。
こうした指揮者のこだわりは多く感じられたのですが、何と言っても「ブル8」ですから、もっとオケが頑張って音の出だしをキメていかないと、盛り上がりの効果が出ませんね。
何とも歯がゆさを感じたのでした。






Last updated  2015.03.22 09:47:44
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全363件 (363件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.