214029 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

being

全185件 (185件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

カテゴリ未分類

February 20, 2011
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
やっと疲れがとれたかなあ・・・という感じでいるところへ嬉しい申し出が相次ぎました。
引越しをどう準備するか、障害者二人の割りに永住するつもりの家からの脱出は困難ばかりが予想されました。

でも、今まで関わってきた若い人たちから、「何を水臭いこと言っているの」と手伝いの申し出。

力仕事から女手仕事まで、チームを組むように申し出てくれ、少しでもと訪問してくれた。

ある人は、福祉施設で使う紙おむつ、膨大な量なので段ボール箱が出るからと施設職員一同で貯めておいて紐でしばって家まで届けてくれる。夜勤明けの時間だけどといって・・・。

ここを去ると人づてに聞いたとま、16年ぶりだけどといいながら「お世話になったからと人手をつれて来ました」と先日訪ねてくれた人。
私が手の届かないところの荷物を降ろすなど、整理の下準備をしてくれた。

本当に嬉しい・・・。春までに引越し準備ができるような気がしてきました。
途方にくれていたのですが、晴れの日気分の今日この頃です。






Last updated  February 20, 2011 01:14:40 PM
コメント(4) | コメントを書く


February 6, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
4日の朝、夫の父親が亡くなりました。
79歳、歳に不足はないかもしれませんが、残り半年といわれてからあまりに早すぎて・・・。

遠路、通夜に駆けつけることに。
でも障害者二人の準備と遠路。
総距離、片道800キロ。
頑張りましたが通夜の時刻に間に合いませんでした。

でもともかく、葬儀に二人ででて送ることができました。

しかし、ある事件。
夫の勤務先から弔事の際に規定の弔電と花が届けられなかった。いえ、正確には弔電は葬儀が終了時刻にとどき、花は葬儀の10分前に電話があって、斎場側が無理だと断ったとのこと。斎場の応対は当たり前だろう。

非常識な職場に、「退職間際の人間への対応はこんなものか」夫は面子も立場もなく、怒り・・・。
最後には障害者だからと・・・。辛いことになりました。

二人とも疲れ果てています。すこし、ゆっくりしたいけど引越しが気になります。






Last updated  February 6, 2011 06:33:10 PM
コメント(7) | コメントを書く
January 16, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日で54歳。
嬉しいこともとくにはなく、兄が電話をくれたぐらい。

実はこの数日風邪。
咳鼻水に少しばかりの熱。3点セットでダウン。
そこに夫にも感染。
枕を並べて討ち死に状態。

でも休みの日でよかったとおもうことに。






Last updated  January 16, 2011 07:01:13 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 9, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
我が家がどんより冬空のわけがある。夫のことは自分たちで決めたことだから。

夫の父親、義父が昨年から入院。
肺がんであることがわかった。
年齢も年齢なので手術にはならないかもしれないが、両方の副腎も腎臓ほどの大きさに腫れているということなので、きっとこれから長い入院生活になるだろう。

夫に正月、母親が「下の世話も必要だから大変」と愚痴を言っていた様子。

頼りにしたい長男かもしれないが、我が家は自分たちのことで精一杯。

そんこともあって「閉塞感」充満状態。






Last updated  January 9, 2011 11:49:50 AM
コメント(4) | コメントを書く
January 7, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
3月までに済ませなければならないあれこれを考えると、お正月まではまったりゆっくりしたいとおもってましたが、3日に夫の同僚のかたの突然の訃報。

夫は3月に退職予定とはいえ、今までのことを考えると親切であったお一人でした。
夫婦でお通夜に列席させていただきました。告別式は混雑を考えると車椅子と夫の二人はご迷惑かもと考え遠慮しました。
同僚のお方は60歳の若さ、脳梗塞とのこと。
夫は年齢からも病名からも悲しみはもちろんですが複雑な思いの様子。

夫の気持ちの建て直しには時間がかかりそうです。

また、年末引越し先の自治体から言われていた夫の介護保険の申請手続きに役所や病院へ。
今日はまた臨時で診察へいきます。

きっとこうやって1月はあっという間に過ぎるんでしょうね。






Last updated  January 7, 2011 06:40:54 AM
コメント(2) | コメントを書く
January 2, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
おめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。

今年の一年の計は「断捨離」
昨年流行ったそうですが知りませんでした。
年末に仕入れたことばです。

今年の春は引越しが控えています。
安普請とはいえ今の家は戸建て。
引越し先は小さなマンション。たぶん、荷物は半分にしなくてはならないだろう。

それに、読んでないけど「あなたの荷物誰が捨てますか」というフレーズがひびく。

私は母の形見なら古ぼけたものでも愛着を持って使うこともある。しかし、私たちにそういう人はないのだから思い切って捨てなくては・・・。

荷物も生活もデトックス心がけようと思った新年でした。






Last updated  January 2, 2011 06:22:36 AM
コメント(2) | コメントを書く
December 31, 2010
カテゴリ:カテゴリ未分類
もう少しで今年も終わります。

我が家のこの一年を漢字で表したら、夫は「変」だと。
私は「転」だと。確かに、転換期の我が家。
どちらの漢字にしても「変わり目」だったと。

来年はこの「変」はいい結果をもたらすための変化だったといえるような年になればいいなとおもっています。

御節の準備も終わって、あとは年越しそばを。

皆さん、よいお年をお迎えくださいませ。






Last updated  December 31, 2010 06:15:26 PM
コメント(4) | コメントを書く
December 23, 2010
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日から数日間、私の故郷に行ってました。
兄宅に滞在しました。
目的は私たちのセカンドライフの拠点を決めること。

この一、二年間インターネットなどで中古マンションを探していました。
障害者夫婦の私たちにとって、

1 病院が近いこと
2 買い物も近いこと
3 救急搬送が可能な道路に面していること
4 できればバリアが少ない室内であること
5 駐車場は近隣でなく、敷地内であること

という条件で探しました。しかし、私の故郷は神戸や長崎のような平地のない坂ばかりの町。
そういうこともあって、土地はかなり高い。私たちの予算は限られています。
なかなかありませんでした。

でもやっと兄宅からもタクシーワンメーターくらいで、駅も近い、国道からもすぐの比較的平地の立地にあった中古マンション。

しかし、上の条件を満たし私たちの予算内となると、古い。
でも決めました。

契約完了です。
室内のバリアはリフォームすることにしました。

まだまだ解決すべき問題はたくさんありますが、ともかく生活拠点が決まってほっとしました。

つぎは、いまのこの家、どうやって売却しようか・・・頭が痛いです。






Last updated  December 23, 2010 07:30:41 AM
コメント(2) | コメントを書く
December 10, 2010
カテゴリ:カテゴリ未分類
この日記の中で車椅子利用者として、駐車場で困ったことを何度となく書いてきたように思う。
私は今失業中だから、ハローワークに通うことがある。
公的機関だから障害者用スペースは当然、出入り口近くにある。
しかし、いつも元気と思しき人が停めている。
声をかけると空けてくれる人もいるが、今日はひどかった。
「オレも足が痛いんじゃ」といってにらみながらそのまま建物へ。

普通のところにまだ空きはたくさんだが車椅子が降ろせないので、職員の人に携帯で連絡。

たぶん、アナウンスで移動を促されたんだろう。
職員に文句を言っている。
私に気づくと、「お前が電話したのか、お前だけが足が悪いんじゃないんや、このボケ!職員に電話しやがって!」と毒づいた。
職員が譲り合ってくださいというと、さらに声を荒げていた。

病気で痛みがあるのかもしれないが、二足歩行できる人と私たち車椅子利用者では駐車スペースの広さの必要性は、質が違う。

職員が「不快な思いをさせました」と誤ってくださった。

用事が済んだあと「できれば、車椅子利用者など以外の方はご遠慮ください」の看板をとお願いして帰宅。

しばらくすると、「所長です」と電話があってびっくり。びっくり

物的な看板などは難しいので、次回来所日はご連絡いただければコーンを立てるなど職員が対応しますとおっしゃった。
お礼を言いつつ、私以外の障害者のためにも善処をお願いした。
行政も昔と比べれば優しくなったなあと思う反面、市民の態度は?まだまだ「共生社会」は遠いのかなと感じた出来事でした。






Last updated  December 10, 2010 04:03:54 PM
コメント(3) | コメントを書く
December 2, 2010
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、我が家にとって大きな決断をしました。
実際はずっと前から考えて決めていましたが、申し出たというのが昨日。

夫が職場に退職願を提出しました。
ちょっと驚いたといわれましたが、あのような職場ですから受理されることでしょう。

また、それにともないここにいる意味もなくなるので、来春には転居予定。
そのため、私の実家近く、といっても親はもういませんが・・。
中古マンションの購入をを今月契約予定です。

老後生活に不安は一杯ですが、来春が「春となるように」歩きはじめたいです。

夫の「がっくり」と魂が抜けるのが心配ですが、ストレスもなくなるでしょうから見守りたいです。






Last updated  December 2, 2010 06:45:26 AM
コメント(4) | コメントを書く

全185件 (185件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.