1626479 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

プロジェクト2888分のX

PR

Calendar

Category

Headline News

Archives

2009/08/18
XML
カテゴリ:投資信託
本日から選挙戦ですね。うちの仕事場の近くでも早速選挙カーから宣伝の声がいろいろ聞こえてきました。情勢的にはだいぶ民主党が有利なようですが、政策的にはどっちもどっちって感じでしょうか。でも、自公を勝たせちゃうと、麻生さんが引き続き総理大臣ってところがイマイチなんでしょうね。

さて、5月にも同じ投信を購入したばかりですが、実はこの時も今回もかなり少額です。ちと小分けに買ってみようかということです。マイポートフォリオは株式+J-REITも、投信の部も今のところ順調に回復傾向にあり、リーマンショック以降少々預貯金などの安全資産の保全に走ってきましたが、ぼちぼちリスクのある資産も買っていこうかなと思っているところです。

まあ、リスクのある資産といえばおおむね株式、J-REIT、外貨建てと分類しているわけですが、J-REITはずっとウォッチしていますので、一番手を出しやすいものの、現時点でマイポートフォリオ中でやや多めとなっております。そこで、株式やら外貨建て(外貨預金や投信など)でもと思っているのですが、なんだか最近は株式のほうにあまり気力が向いていません。

となると外貨ですが、預金やMMFはどれも金利が低くてあまり乗り気もしません。まあ、それで、外債投信でも買っておくかという感じになりました。ここ何日か少し円高方向へ振れているようでして、中でもCAD, AUDあたりが少し安くなってきていますので、まあ、ハッピークローバーにはちょうどいいかなと思った次第です。

もともとポートフォリオで、預貯金+国内債券という低リスクパートと株式+J-REIT+外貨建てという高リスクパートを半々にするという目標をもっていたわけで、一時期ほぼ達成していたのですが、昨年の株価やJ-REITの下落でリスクの大きい資産の目減りが始まりました。ここで、半々を維持しようとすれば、評価額が小さくなった分預貯金から資金をシフトしなければならなかったわけですが、シフトすればするだけさらに株価などの下落に伴って減っていくという悪循環に陥り、途中で半々の方針を棚上げして、預貯金などリスクが低い資産の保全に走ってきたわけです。

預貯金が一定額に回復するまではリスク資産の購入を控え気味であったわけですが、まあ、積極的に株式等を買わない限り、給与の残額や分配金などで自然に増えていきますので、預貯金+国内債券もその目標とする一定額には今年の3月くらいに到達していました。ただし、主として国内債券の買い過ぎで、流動性資金がやや乏しい状態が続いていましたので、なお、リスク資産をあまり買わない日々が続いていたわけですが、ボーナスも入りましたし、夏の海外旅行も終わってだいたい大きめの消費も目途がつきました。さらに、目前の9月には満期になる定期預金があり、その時点までのクレジットカードの請求額や家賃等の支出は既に確保済みですから、流動性資金が枯渇する心配がなくなってきました。よって、ぼちぼちリスク資産でも買ってみようかなという感じです。

株式も何か買いたいものが出てくれば考えますが、そうでなければまたタイミングを見計らってETFでも買うくらいですかね。また、J-REITのみならず、世界的にREITは底を打って回復傾向に入っていますので、べらぼうに安くなった海外REIT投信もちょっと考えてみたいと思います。まあ、ナンピンですが。






Last updated  2009/08/18 05:41:37 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.