1625019 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

プロジェクト2888分のX

PR

Calendar

Category

Headline News

Archives

2019/09/30
XML
カテゴリ:株式
明日から10月で消費税が上がりますね。しかし、軽減税率のせいで若干混乱気味み思えます。一番のガンは食料品は据え置きなのに、外食は上がるってところでしょうか。テイクアウトと店で食するときどうするかみたいな話題が多い気がします。あとはキャッシュレスですか。Suicaは使っているのですが、なんとかPayはちょっと面倒ですよね。店側もいろいろ多すぎて大変かもしれません。というわけで、今回は、食料品もそれ以外も売っている小売店が一番大変かもしれません。10%くらいまでは一律でも良かった気がしますけど。

さて、本日は8月と9月のIPOです。8月は1銘柄だけだったので、スルーして、今回9月分とまとめますが、トータルで7銘柄で、4勝3敗の成績でした。で、そのうち一番下にあるChatworkに当選しております。



上表は初値の上昇「幅」順に並べてあります。すなわち、単元株に当選し、初値売りをした場合に上にあるものほど利益が大きいという順番になっております。また、一番右の欄は個人的興味などによるIPO銘柄のランク付けで、AAは最上位、Aは出来れば買いたい、Bは買うかどうかは当選してから考える、Cはいらない、くらいの目安です。Cは滅多につけないで、ほとんど参加し続けていますが、AA, A, BはSBI証券以外ではたいした意味を持ちません。力を入れたり抜いたり出来ないためです。SBIではIPOポイントを使ったり、単元のみでなく、株数を増やしたり多少は加減できますので、ランクに応じて申込数量等を加減してます。なお、初値売りを目指すほか、配当銘柄などは中長期で保有してもよいと感じるものはA評価をつけることがありますので、地味目の銘柄でそうなっているものは、配当狙いということです。また、日興証券では、当選後にキャンセルするとペナルティがあるようですので、B銘柄は当選してから考える系でしたが、あらたにB-というランクを作り、B-は日興ではブックビルに参加しないという方針にしました(他証券では相変わらず当選してから考える)。

8月のステムリムは散々な銘柄でした。最初の想定価格は3倍くらいだったと思いますが、仮条件で思いっきり下方修正され、さらにその下限値で公募価格が決まり、さらに、その公募価格さえ下回る公募割れで始まりました。まあ、嫌いなバイオベンチャーですから全くかかわりませんでしたが。

当選したChatworkは注目は集めたと思うのですが、やはり高すぎたんですかね。業績比で。今のところ公募価格を上回る価格になっておりませんので、塩漬け状態ですので、しばらく保有することになろうかと思います。まあ、行く先明るい未来が待っているようなリリースがあればいいのですが、来期予想が出るまではこのまま数ヶ月低迷するかも。来期は良くなってほしいです。

9月はトップのサイバー・バズでも上昇率は2桁で公募の倍以上の初値を付けたモノはありませんでした。公募割れも3銘柄出て、ちょっとIPO不調ですかね。

来月ですが、すでにわりと多めの銘柄の上場がアナウンスされています。今のところインティメート・マージャーやジェイックあたりが欲しい感じですね、あと、来月上場予定のBaseは最近コマーシャルで見ますね。情報通信ですが、規模が大きすぎるので、まあ、基本的には期待できないと思います。また、わたくしの嫌いなバイオベンチャーのセルソースですが、ここは珍しく上場前から黒字です。まあ、バイオベンチャーにしては堅実なので、ここは少々マシだと思われます。マザーズの情報通信であるパワーソリューションズ、HENNGE、AI CROSSもどれもくれるのなら欲しいですが、どれももう一つって感じもします。枚数が多かったとはいえ、Chatworkもマザーズの情報通信ですから油断は禁物でしょうね。






Last updated  2019/09/30 09:21:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.