1613649 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

プロジェクト2888分のX

PR

Calendar

Category

Headline News

Archives

全140件 (140件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

預貯金

2017/06/16
XML
カテゴリ:預貯金
タカタもいよいよ倒産みたいですね。若干かわいそうな面もあろうかと思いますけど、アメリカににらまれちゃったのが運のつきだったかもしれませんね。悪くない会社だとは思っていたのですが、タカタのものだけで無く、エアバッグが持つ危険性についてはもう少し検証して、毎年とは言わないまでも、ある程度の期間を区切って、新品と交換するシステムが必要だと思います。

さて、本日は6月の金利定点観測です。6月はボーナス時期なので、キャンペーンでもあるかもしれないと思って、5ヶ月ぶりに調べてみました。調べているのは以下の金融機関です。他の金融機関やキャンペーンなどはあまり把握していません。

ネットバンク等
イオン銀行
オリックス銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
新銀行東京
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
楽天銀行

ネット支店・ネット預金等
あおぞら銀行インターネット支店
池田泉州銀行ダイレクトプラス定期
沖縄銀行美ら島支店
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店
香川銀行セルフうどん支店
関西アーバンダイレクト定期預金
紀陽銀行インターネット支店
京都銀行ネットダイレクト定期預金
きらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店
荘内銀行わたしの支店
スルガ銀行d-bank
東京スター銀行スターワン円定期預金
トマト銀行ももたろう支店
みなと銀行海岸通支店

徐々にカバー範囲を広げてはいますが、まだ未開拓の部分もあるでしょうし、日本の金利トップ5をカバーできているかどうかは分かりません。あくまでも上記調査対象のトップ5を記録していきます。なお、金額により金利が異なることがあるので、預金額300万円の場合の金利で統一します。完全な目視でやってますので、たまに間違うことがあると思いますが、ご勘弁。また、徐々に金利が上がっていくような、仕組み預金などは考慮していません。各行条件が違うこともあり、直接比較が難しいので、通常の定期預金のみを対象としています。なお、金利を調べたのは6/15です。

金利トップ5(300万円以上、2017.6.15現在、↑↓は前回比の金利アップダウン)。aveは上記対象預金の金利の単純平均です。

1年定期(ave=0.103↓)
0.250 オリックス銀行(↑) キャンペーン7/31まで
0.250 あおぞら銀行(↑)
0.250 愛媛銀行
0.200 香川銀行
0.200 トマト銀行
0.200 住信SBIネット銀行 キャンペーン9/3まで

3年定期(ave=0.088↑)
0.350 オリックス銀行(↑) キャンペーン7/31まで
0.250 愛媛銀行
0.200 トマト銀行
0.150 あおぞら銀行
0.150 香川銀行
0.150 関西アーバン銀行

5年定期(ave=0.081↑)
0.350 オリックス銀行(↑) キャンペーン7/31まで
0.150 あおぞら銀行
0.150 関西アーバン銀行
0.110 スルガ銀行(↓)
0.110 京都銀行
0.110 荘内銀行(↑)

不動産購入のため、だいぶ預貯金は取り崩してきたので、残高が減っています。低金利の時代とはいえ、また次に何が来るか分かりませんので、預貯金や円建ての債券などこれから少々充実させていかねばなるまいと思って、預貯金金利を調べてみたわけです。結果として、なんかオリックス銀行だけがやけに張り切っているなあとの印象です。でも今の時代、5年とか長期には預けないですから、せいぜい1−2年ものかと思います。一応、7月いっぱいのキャンペーン金利のようですから、7月になったら少し定期預金にでもしてみますかね。基本、オリックスで、っていうのが分かりました。

bloombergによる、2, 5, 10年債の金利は、5/16、17時すぎで以下の通りです。やっぱ、5年まではマイナスですね。20年もので0.56%、30年もので0.81%ですから、どうなっちゃうの?って感じ。

2年 -0.12%
5年 -0.08%
10年 0.05%






Last updated  2017/06/16 06:10:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/01/13
カテゴリ:預貯金
トランプさんやっぱ違いますねえ。過去の大統領の面々とは。なんかアメリカも没落してゆきそうな予感。さて、ここのところ寒波がやってきて、寒い日が続いてますが、週末はとくに厳しいみたいですね。センター試験の時は雪って結構な確率かもしれませんね。受験生の皆さんは大変です。

さて、本日は1月の金利定点観測です。12月はボーナス時期なので、キャンペーンでもあるかもしれないと思って、3ヶ月ぶりに調べてみました。調べているのは以下の金融機関です。他の金融機関やキャンペーンなどはあまり把握していません。

ネットバンク等
イオン銀行
オリックス銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
新銀行東京
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
楽天銀行

ネット支店・ネット預金等
あおぞら銀行インターネット支店
池田泉州銀行ダイレクトプラス定期
沖縄銀行美ら島支店
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店
香川銀行セルフうどん支店
関西アーバンダイレクト定期預金
紀陽銀行インターネット支店
京都銀行ネットダイレクト定期預金
きらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店
荘内銀行わたしの支店
スルガ銀行d-bank
東京スター銀行スターワン円定期預金
トマト銀行ももたろう支店
みなと銀行海岸通支店

徐々にカバー範囲を広げてはいますが、まだ未開拓の部分もあるでしょうし、日本の金利トップ5をカバーできているかどうかは分かりません。あくまでも上記調査対象のトップ5を記録していきます。なお、金額により金利が異なることがあるので、預金額300万円の場合の金利で統一します。完全な目視でやってますので、たまに間違うことがあると思いますが、ご勘弁。また、徐々に金利が上がっていくような、仕組み預金などは考慮していません。各行条件が違うこともあり、直接比較が難しいので、通常の定期預金のみを対象としています。なお、金利を調べたのは1/12です。

金利トップ5(300万円以上、2017.1.12現在、↑↓は前回比の金利アップダウン)。aveは上記対象預金の金利の単純平均です。

1年定期(ave=0.110↑)
0.250 愛媛銀行
0.230 スルガ銀行
0.200 オリックス銀行
0.200 あおぞら銀行
0.200 香川銀行
0.200 トマト銀行
0.200 住信SBIネット銀行(↑) キャンペーン3/5まで

3年定期(ave=0.085→)
0.250 愛媛銀行
0.200 オリックス銀行
0.200 トマト銀行
0.150 あおぞら銀行
0.150 香川銀行
0.150 関西アーバン銀行

5年定期(ave=0.076→)
0.200 オリックス銀行
0.150 あおぞら銀行
0.150 関西アーバン銀行
0.140 スルガ銀行
0.110 京都銀行

結果として、住信SBIネット銀行とソニー銀行で短期預金のキャンペーンはやっていましたが、それのみで、調べている中では他に全く見当たりませんでした。キャンペーンもできなくなっているみたいですね。そして、なんと、その住信SBIネット銀行とソニー銀行のキャンペーン金利以外の部分は3ヶ月前の昨年10月の金利と全く同じでした。よって、3年もの、5年ものは全く変化なし。1年ものも2行以外はすべて変化なしという結果でした。うーん。預貯金はきびしー。

bloombergによる、2, 5, 10年債の金利は、1/13、17時すぎで以下の通りです。10年ものはなんとかプラスの金利がありますが、10年ものをゼロにする目標ですので、ここから大きく上がっていくことはないですね。債券や預貯金には夢も希望もないって感じ。

2年 -0.23%
5年 -0.13%
10年 0.04%






Last updated  2017/01/13 05:19:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/10/20
カテゴリ:預貯金
今日も良い日よりでした。株式市場もなんだか上昇していますな。半年ぶりの高値だそうです。もはやトランプの勝ち目がないってことで、リスク低下ってことですかね。

さて、本日は10月の金利定点観測です。久しぶりです。7月以来ですね。もはや預金金利はほとんど下限にベッタリへばりついているのみで、変化に乏しいので、毎月やってる意味無さそうだということで、不定期開催です。調べているのは以下の金融機関です。他の金融機関やキャンペーンなどはあまり把握していません。

ネットバンク等
イオン銀行
オリックス銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
新銀行東京
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
楽天銀行

ネット支店・ネット預金等
あおぞら銀行インターネット支店
池田泉州銀行ダイレクトプラス定期
沖縄銀行美ら島支店
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店
香川銀行セルフうどん支店
関西アーバンダイレクト定期預金
紀陽銀行インターネット支店
京都銀行ネットダイレクト定期預金
きらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店
荘内銀行わたしの支店
スルガ銀行d-bank
東京スター銀行スターワン円定期預金
トマト銀行ももたろう支店
みなと銀行海岸通支店

徐々にカバー範囲を広げてはいますが、まだ未開拓の部分もあるでしょうし、日本の金利トップ5をカバーできているかどうかは分かりません。あくまでも上記調査対象のトップ5を記録していきます。なお、金額により金利が異なることがあるので、預金額300万円の場合の金利で統一します。完全な目視でやってますので、たまに間違うことがあると思いますが、ご勘弁。また、徐々に金利が上がっていくような、仕組み預金などは考慮していません。各行条件が違うこともあり、直接比較が難しいので、通常の定期預金のみを対象としています。なお、金利を調べたのは10/19です。

金利トップ5(300万円以上、2016.10.19現在、↑↓は前回比の金利アップダウン)。aveは上記対象預金の金利の単純平均です。

1年定期(ave=0.097↓)
0.250 愛媛銀行
0.230 スルガ銀行
0.200 オリックス銀行(↑)
0.200 あおぞら銀行
0.200 香川銀行
0.200 トマト銀行

3年定期(ave=0.085↓)
0.250 愛媛銀行
0.200 オリックス銀行(↑)
0.200 トマト銀行
0.150 あおぞら銀行
0.150 香川銀行
0.150 関西アーバン銀行

5年定期(ave=0.076↓)
0.200 オリックス銀行(↑)
0.150 あおぞら銀行
0.150 関西アーバン銀行
0.140 スルガ銀行
0.110 京都銀行

あれま、上記金融機関の平均では1年ものから5年ものまですべてで平均0.1%を割ってしまいました。これだけ低金利なのにまだ下げの余地があるんですねえ。まあ、キャンペーン金利みたいなものが終わったという要因もありますが、楽天銀行で楽天証券とのマネーブリッジを設定していれば、普通預金で0.1%の金利ですから下手に定期預金なんかにする必要無さそうです。でも、最近、債券の償還やら定期預金の満期金などで流動性資金がちょっとあふれて来ました。個人向け国債も買うの止めたし。そういうわけで、何かキャンペーンとか良い金利の定期預金でもないかなと思って、今回調査してみたのですが、結局Nothingですな。そんな中、オリックス銀行はがんばっていて、なんか知らないけど金利を上げています。上には書いていませんが、半年定期の金利も0.2%です。まあ、この辺で半年タームくらいで回していくかなあ…

あと、まったくの個人的好みの問題でわざとSBJ銀行は調査せずに外しているんですが、もしとんでもない金利であったりすれば、考慮する必要あるかなあと思って、SBJ銀行の金利も調べてみました。相変わらずかなり高い部類でしたが、やはり昔のような勢いはないですな。ひょっとして、1%の定期預金なんかやっているかも…と、期待して見てみたんですが、わざわざ口座を新設するほどのものじゃなかったです。

いい社債もめったにない。個人向け国債も下限の0.05%からは抜け出せない。定期預金もさっぱりダメ。なかなか運用難ですなあ。

bloombergによる、2, 5, 10年債の金利は、10/20、17時すぎで以下の通りです。さすがに日銀が10年ものをゼロにする目標を立てましたので、10年ものはゼロに近づき、つられて2,5年ものも3ヶ月前の前回に比べればマイナス幅が縮小しています。でも、マイナスには違いないわな。はっきり言って、国債は眼中に入らない。

2年 -0.27%
5年 -0.22%
10年 -0.07%






Last updated  2016/10/20 05:24:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/07/19
カテゴリ:預貯金
ソフトバンクがえらい勢いで下落していますなあ。ま、平成の借金王にとっては、3兆円なんかへのかっぱってところでしょうか。もう、麻痺していますな。ニースでテロとかトルコでクーデターとかきな臭いニュースが多く、ちょっと円高を心配しましたが、ま、ちょうど連休中にカタがついて大勢に影響なしってくらいになりました。参院選で与党が勝ってから、株価はものすごく堅調で、マイポートフォリオ的にはだいたい本日英国離脱の6月分の下落分くらいは戻した格好になりました。

さて、本日は7月の金利定点観測です。6月はスルーになりましたので2ヶ月ぶり。といっても、もうほとんどゼロにへばりついているので、毎月調べる必要もないかも。調べているのは以下の金融機関です。他の金融機関やキャンペーンなどはあまり把握していません。

ネットバンク等
イオン銀行
オリックス銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
新銀行東京
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
楽天銀行

ネット支店・ネット預金等
あおぞら銀行インターネット支店
池田泉州銀行ダイレクトプラス定期
沖縄銀行美ら島支店
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店
香川銀行セルフうどん支店
関西アーバンダイレクト定期預金
紀陽銀行インターネット支店
京都銀行ネットダイレクト定期預金
きらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店
荘内銀行わたしの支店
スルガ銀行d-bank
東京スター銀行スターワン円定期預金
トマト銀行ももたろう支店
みなと銀行海岸通支店

徐々にカバー範囲を広げてはいますが、まだ未開拓の部分もあるでしょうし、日本の金利トップ5をカバーできているかどうかは分かりません。あくまでも上記調査対象のトップ5を記録していきます。なお、金額により金利が異なることがあるので、預金額300万円の場合の金利で統一します。完全な目視でやってますので、たまに間違うことがあると思いますが、ご勘弁。また、徐々に金利が上がっていくような、仕組み預金などは考慮していません。各行条件が違うこともあり、直接比較が難しいので、通常の定期預金のみを対象としています。なお、金利を調べたのは7/19です。

金利トップ5(300万円以上、2016.7.19現在、↑↓は前回比の金利アップダウン)。aveは上記対象預金の金利の単純平均です。

1年定期(ave=0.117↑)
0.250 愛媛銀行
0.230 スルガ銀行
0.200 あおぞら銀行
0.200 香川銀行
0.200 トマト銀行
0.200 新銀行東京 キャンペーン10/17まで
0.200 ソニー銀行(↑)キャンペーン8/31まで

3年定期(ave=0.088↓)
0.250 愛媛銀行
0.200 トマト銀行
0.170 オリックス銀行(↓)
0.150 あおぞら銀行
0.150 香川銀行
0.150 関西アーバン銀行

5年定期(ave=0.079↓)
0.170 オリックス銀行(↓)
0.150 あおぞら銀行
0.150 関西アーバン銀行
0.140 スルガ銀行
0.110 京都銀行
0.110 荘内銀行

1年もののみボーナス時期のキャンペーンなどでやや平均金利が上がっていますが、オリックスも金利下げたし全般的に下落気味です。まあ、ほとんどの銀行は5月からの2ヶ月で変化無しだったのですが。ソニー銀行がキャンペーン始めて、6ヶ月から2年まで0.2%です。ソニー銀行は今度海外に行くときに外貨デビットのSony Bank WALLETを使ってみようかと思います。あまり大金を置いておくとデビットといってもリスクがありますが、定期預金にしておく手はあるかも。いざという時に解約すれば使えるようになるという感じの保険として。ちょっと解約の仕方でも練習しておきますか。

bloombergによる、2, 5, 10年債の金利は、7/19、17時すぎで以下の通りです。

2年 -0.33%
5年 -0.32%
10年 -0.25%

ま、これらに比べると、5年ものの定期預金なんか0.4-0.5%金利がいいですが、マイナスと比べてもねえ(笑)。






Last updated  2016/07/19 05:50:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/05/30
カテゴリ:預貯金
すっかり半袖の夏モードに入っているんですが、本日はなんか寒いですね。小雨が降ったりやんだりでじめじめしとるし。

さて、本日はちょっと遅くなりましたが、5月の金利定点観測です。調べているのは以下の金融機関です。他の金融機関やキャンペーンなどはあまり把握していません。

ネットバンク等
イオン銀行
オリックス銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
新銀行東京
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
楽天銀行

ネット支店・ネット預金等
あおぞら銀行インターネット支店
池田泉州銀行ダイレクトプラス定期
沖縄銀行美ら島支店
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店
香川銀行セルフうどん支店
関西アーバンダイレクト定期預金
紀陽銀行インターネット支店
京都銀行ネットダイレクト定期預金
きらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店
荘内銀行わたしの支店
スルガ銀行d-bank
東京スター銀行スターワン円定期預金
トマト銀行ももたろう支店
みなと銀行海岸通支店

徐々にカバー範囲を広げてはいますが、まだ未開拓の部分もあるでしょうし、日本の金利トップ5をカバーできているかどうかは分かりません。あくまでも上記調査対象のトップ5を記録していきます。なお、金額により金利が異なることがあるので、預金額300万円の場合の金利で統一します。完全な目視でやってますので、たまに間違うことがあると思いますが、ご勘弁。また、徐々に金利が上がっていくような、仕組み預金などは考慮していません。各行条件が違うこともあり、直接比較が難しいので、通常の定期預金のみを対象としています。なお、金利を調べたのは5/30です。

金利トップ5(300万円以上、2016.5.30現在、↑↓は前回比の金利アップダウン)。aveは上記対象預金の金利の単純平均です。

1年定期(ave=0.110↑)
0.250 愛媛銀行
0.230 スルガ銀行
0.200 あおぞら銀行
0.200 オリックス銀行
0.200 香川銀行
0.200 トマト銀行
0.200 新銀行東京(↑)キャンペーン10/17まで

3年定期(ave=0.089↓)
0.250 愛媛銀行
0.200 オリックス銀行
0.200 トマト銀行
0.150 あおぞら銀行
0.150 香川銀行
0.150 関西アーバン銀行

5年定期(ave=0.081→)
0.200 オリックス銀行
0.150 あおぞら銀行
0.150 関西アーバン銀行
0.140 スルガ銀行
0.110 京都銀行
0.110 荘内銀行(↓)

先月新銀行東京のキャンペーンがなくなったと書いてありますが、今月は早速始まりました。今回は1年もののみ。よって、全体としてほとんど変化無しなのですが、1年もののみ平均値が上がっています。これからボーナスシーズンなので、キャンペーンとかこれからのところもあるでしょうけど、うーん、0.2%くらいでキャンペーンと言われてもねえ…って感じです。はっきり言って、預貯金の部は、マイナス金利が続く限りインカムを求めて預けておくという状態ではないですね。まあまあ将来の資金需要に備えて置いておく場所って感じで、ゴミみたいな金利でもないよりはマシってくらいです。

ああ、そういえばbloombergの国債利回りの一覧が変わったんでした。こちらで見られる、2, 5, 10年債の金利は、5/30、17時すぎで以下の通りです。

2年 -0.24%
5年 -0.23%
10年 -0.12%

本当は、預金と比較する上でも、残存1,3,5年の利回りが知りたいんですけどね。まあ、どうせマイナスなんで、今現在は預貯金の方が良いわけですが。






Last updated  2016/05/30 05:39:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/04/12
カテゴリ:預貯金
さて、最近やや凪の状態が続いているようです。すくなくともマイポートフォリオでは動きが小さい日々です。まあ、ちょっと円高傾向ですから、不調ですけど、それほど激しく落ち込んでいるって感じでもないですね。あいかわらず、IPOくらいにしか参加しておらず、あとはただ、手持ちの株式なんかの日々の価格を記録するのみの生活で何も出来ないでいます。

さて、本日は3月の金利定点観測です。調べているのは以下の金融機関です。他の金融機関やキャンペーンなどはあまり把握していません。

ネットバンク等
イオン銀行
オリックス銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
新銀行東京
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
楽天銀行

ネット支店・ネット預金等
あおぞら銀行インターネット支店
池田泉州銀行ダイレクトプラス定期
沖縄銀行美ら島支店
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店
香川銀行セルフうどん支店
関西アーバンダイレクト定期預金
紀陽銀行インターネット支店
京都銀行ネットダイレクト定期預金
きらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店
荘内銀行わたしの支店
スルガ銀行d-bank
東京スター銀行スターワン円定期預金
トマト銀行ももたろう支店
みなと銀行海岸通支店

徐々にカバー範囲を広げてはいますが、まだ未開拓の部分もあるでしょうし、日本の金利トップ5をカバーできているかどうかは分かりません。あくまでも上記調査対象のトップ5を記録していきます。なお、金額により金利が異なることがあるので、預金額300万円の場合の金利で統一します。完全な目視でやってますので、たまに間違うことがあると思いますが、ご勘弁。また、徐々に金利が上がっていくような、仕組み預金などは考慮していません。各行条件が違うこともあり、直接比較が難しいので、通常の定期預金のみを対象としています。なお、金利を調べたのは4/11です。

金利トップ5(300万円以上、2016.4.11現在、↑↓は前回比の金利アップダウン)。aveは上記対象預金の金利の単純平均です。

1年定期(ave=0.104↓)
0.250 愛媛銀行
0.230 スルガ銀行
0.200 あおぞら銀行
0.200 オリックス銀行
0.200 香川銀行
0.200 トマト銀行

3年定期(ave=0.090↓)
0.250 愛媛銀行
0.200 オリックス銀行
0.200 トマト銀行
0.150 あおぞら銀行
0.150 香川銀行
0.150 関西アーバン銀行

5年定期(ave=0.081↓)
0.200 オリックス銀行
0.150 あおぞら銀行
0.150 関西アーバン銀行
0.140 スルガ銀行
0.125 荘内銀行(↓)

相変わらず金利は下がり続けていますが、今月の下落の要因は主として新銀行東京のキャンペーン金利がなくなったことですね。新銀行東京はマイナス金利になってもやせ我慢して高金利を続けていましたが、もともと3月までのキャンペーンでしたので、キャンペーン終了とともに金利は大幅に低下しました。他の銀行も今月はまだ金利低下しているところがありますが、今月あたりでほぼ落ち着いてきたのではないかと思います。すなわち、下げ止まり感があります。少なくとも、上記、トップ5銘柄については、新銀行東京のように先月から脱落したものはありますが、居残り組の金利はほぼ先月から変化していません。しかし、それにしても低い…

いつも見ていたbloombergの国債金利情報ですが、新年度からリニューアルされたのか、残り1年とか3年とかの金利が見られなくなってしまいました。とりあえず、こちらで、2, 5, 10年債の金利は見られますので、4/12、17時すぎで以下の通りです。

2年 -0.26%
5年 -0.24%
10年 -0.11%

前の方が、イールドカーブとか見られて、よかったのですが、うーん。どこかにいいところはないかなあ。でもどうせマイナスなんで、見てもしょうがないか。






Last updated  2016/04/12 05:38:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/03/11
カテゴリ:預貯金
本日震災から5年。しかも、あの日と同じく金曜日です。東京当たりでは被害はそれほど甚大ではなかったでしょうけど、交通機関が止まり、街にあふれる人や車の姿は思い出されます。まあわたくしはチャリ通勤なので、自宅に帰るのに問題はないですが、それにしても普段は閑散としてる道に歩行者があふれている姿は異常でした。歩いて帰宅の途についていたんでしょうね。当日の夕飯も貧相でした。そのまま食べたり、レンジでチンしたり、お湯だけで出来るカップ麺のたぐいなどはわたくしが帰宅する頃にはすべて消滅していました。その後も1週間か2週間くらい、パンなど見つけるのが難しい状態でしたね。なんか思い出されます。

さて、本日は3月の金利定点観測です。調べているのは以下の金融機関です。他の金融機関やキャンペーンなどはあまり把握していません。

ネットバンク等
イオン銀行
オリックス銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
新銀行東京
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
楽天銀行

ネット支店・ネット預金等
あおぞら銀行インターネット支店
池田泉州銀行ダイレクトプラス定期
沖縄銀行美ら島支店
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店
香川銀行セルフうどん支店
関西アーバンダイレクト定期預金
紀陽銀行インターネット支店
京都銀行ネットダイレクト定期預金
きらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店
荘内銀行わたしの支店
スルガ銀行d-bank
東京スター銀行スターワン円定期預金
トマト銀行ももたろう支店
みなと銀行海岸通支店

徐々にカバー範囲を広げてはいますが、まだ未開拓の部分もあるでしょうし、日本の金利トップ5をカバーできているかどうかは分かりません。あくまでも上記調査対象のトップ5を記録していきます。なお、金額により金利が異なることがあるので、預金額300万円の場合の金利で統一します。完全な目視でやってますので、たまに間違うことがあると思いますが、ご勘弁。また、徐々に金利が上がっていくような、仕組み預金などは考慮していません。各行条件が違うこともあり、直接比較が難しいので、通常の定期預金のみを対象としています。なお、金利を調べたのは3/11です。

金利トップ5(300万円以上、2016.3.11現在、↑↓は前回比の金利アップダウン)。aveは上記対象預金の金利の単純平均です。

1年定期(ave=0.126↓)
0.330 新銀行東京 3/14まで
0.250 愛媛銀行
0.230 スルガ銀行
0.200 あおぞら銀行(↓)
0.200 オリックス銀行
0.200 きらやか銀行(↓)
0.200 香川銀行(↓)
0.200 トマト銀行(↓)

3年定期(ave=0.114↓)
0.350 新銀行東京 3/14まで
0.250 愛媛銀行(↓)
0.200 オリックス銀行
0.200 きらやか銀行(↓)
0.200 トマト銀行(↓)

5年定期(ave=0.095↓)
0.200 オリックス銀行
0.200 新銀行東京 3/14まで
0.170 イオン銀行
0.150 あおぞら銀行(↓)
0.150 関西アーバン銀行(↓)
0.150 荘内銀行(↑)

マイナス金利導入されてから2回目のこのネタです。前回に引き続き大幅な金利低下となっております。今回は特に、前回かろうじて金利をキープしていた高金利地銀が軒並み大幅に金利を下げてきましたので、TOP5の様相もだいぶ変化してきました。新銀行東京だけ相変わらずがんばっていますが、これは3/14、すなわち来週の月曜までのキャンペーン金利ですからね。すぐにTOP5からは姿を消すわけです。まだ落ち着き先が見えないのか、先月に引き続き2ヶ月連続金利低下を引き起こした銀行もありますし、逆に先月少し下げすぎたのか、ちょっと戻したところもありますが、平均金利は大幅な低下です。特に、5年ものは見るも無惨。わりと金利がマシな銀行のみ調べているはずですが、それでも平均金利は0.1%を下回ってきました。まあ、今後、マイナス金利が拡大していくのではないかという金利先安感があるんでしょうね。ECBもマイナス金利を拡大したばかりですし。さて、こうなってくると、日々の価格が変動しない安定的資金の預け先に非常に困っております。個人向け国債も10年債がマイナス金利になるような状態では下限に張り付いたままになるでしょうし。本当に困りました。

bloombergによる、残存1, 3, 5, 10年の国債市場金利は3/11、17時すぎで以下の通りです。今回は10年ものまで含めてすべてマイナス金利でした。20年ものでも0.53%、30年もので0.79%です。こりゃすごいね。

1年 -0.14%
3年 -0.16%
5年 -0.15%
10年 -0.01%






Last updated  2016/03/11 05:29:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/02/15
カテゴリ:預貯金
いやー本日は勢いよく上がりましたね。日経平均は千円以上の上昇ですか。でも、やっと16千円回復したあたり。マイポートフォリオも記録的な上昇でしたが、でも、ここ2営業日分の下落を取り戻した程度の話。2月全体の成績で言えば、日経平均もマイポートフォリオもまだまだですな。

さて、本日は2月の金利定点観測です。調べているのは以下の金融機関です。他の金融機関やキャンペーンなどはあまり把握していません。

ネットバンク等
イオン銀行
オリックス銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
新銀行東京
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
楽天銀行

ネット支店・ネット預金等
あおぞら銀行インターネット支店
池田泉州銀行ダイレクトプラス定期
沖縄銀行美ら島支店
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店
香川銀行セルフうどん支店
関西アーバンダイレクト定期預金
紀陽銀行インターネット支店
京都銀行ネットダイレクト定期預金
きらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店
荘内銀行わたしの支店
スルガ銀行d-bank
東京スター銀行スターワン円定期預金
トマト銀行ももたろう支店
みなと銀行海岸通支店

徐々にカバー範囲を広げてはいますが、まだ未開拓の部分もあるでしょうし、日本の金利トップ5をカバーできているかどうかは分かりません。あくまでも上記調査対象のトップ5を記録していきます。なお、金額により金利が異なることがあるので、預金額300万円の場合の金利で統一します。完全な目視でやってますので、たまに間違うことがあると思いますが、ご勘弁。また、徐々に金利が上がっていくような、仕組み預金などは考慮していません。各行条件が違うこともあり、直接比較が難しいので、通常の定期預金のみを対象としています。なお、金利を調べたのは2/15です。

金利トップ5(300万円以上、2016.2.15現在、↑↓は前回比の金利アップダウン)。aveは上記対象預金の金利の単純平均です。

1年定期(ave=0.159↓)
0.375 きらやか銀行
0.330 新銀行東京 3/14まで
0.320 香川銀行
0.320 トマト銀行
0.250 あおぞら銀行(↓)
0.250 愛媛銀行(↓)

3年定期(ave=0.143↓)
0.380 きらやか銀行
0.350 新銀行東京 3/14まで
0.340 香川銀行
0.340 トマト銀行
0.250 あおぞら銀行(↓)
0.250 愛媛銀行(↓)

5年定期(ave=0.141↓)
0.390 きらやか銀行
0.390 香川銀行
0.370 トマト銀行
0.250 あおぞら銀行(↓)
0.200 オリックス銀行(↓)
0.200 新銀行東京 3/14まで
0.200 関西アーバン銀行

今回は日銀がマイナス金利を導入してから初めての金利チェックです。さぞかし金利が下がっている事だろうと思って見てみたところ、案の定、定点観測している金融機関の半数以上で金利低下が見られました。しかも、やや大幅です。しかし、中には金利に対する感応度が低い銀行もあるようでして、香川銀行、トマト銀行などは今のところ変化無し、また、きらやか銀行、新銀行東京も企画ものやキャンペーン金利等なので、先月から変化無しのようでした。よって、これらの変化無し高金利銀行がトップ5に残っており、金利を下げた荘内銀行などは姿を消しました。むろん、トップ5に入ってこない銀行の中にも、まだ金利を変えていないところもありますので、今後も金利は低下してゆく傾向でしょう。ただし、いきなりのマイナス金利でしたので、まだ各行とも金利を定めかねている部分もありそうです。下げ方も穏やかなところとドカッと大幅低下のところと様々ですので、今後、だんだんとまた落ち着いてくる局面では、再度引き上げるところも出てくるかもしれません。あと、銀行側の不安心理を反映してか、長期になればなるほど平均金利が低いという結果になりました。まあ、これは、1年ものなど短期もので2月末までキャンペーンとかやっているところがあるので、このキャンペーン金利だけは維持って銀行もあるので、1年ものの下げ幅が小さかったためと思います。たぶん、来月になると、1年ものも下落するかと。まあ、預金金利はマイナスにならないだけマシって世の中になって来ましたね。

bloombergによる、残存1, 3, 5, 10年の国債市場金利は2/15、17時すぎで以下の通りです。先日10年債の利回りもついにマイナス圏に達しましたが、今現在は9年ものがちょうどゼロ金利で、10年ものはちょっとプラスの金利がありました。まだ落ち着ききってはいないかもしれませんが、今後、こんな具合の5年ものまでマイナスくらいが続くんでしょうかねえ。でも、マイナス0.1以下のマイナスだと、日銀の当座預金のほうがまだマシなのでは?

1年 -0.17%
3年 -0.15%
5年 -0.12%
10年 0.08%






Last updated  2016/02/15 05:41:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/01/13
カテゴリ:預貯金
今日からSBI債の募集が始まりましたね。ただし、いつものごとく抽選です。これ、抽選になってから当たった試しが無いような気がします。また今回もダメでしょうか。金曜までなので、まあ、当選したらネタにします。

さて、本日は1月の金利定点観測です。調べているのは以下の金融機関です。他の金融機関やキャンペーンなどはあまり把握していません。

ネットバンク等
イオン銀行
オリックス銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
新銀行東京
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
楽天銀行

ネット支店・ネット預金等
あおぞら銀行インターネット支店
池田泉州銀行ダイレクトプラス定期
沖縄銀行美ら島支店
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店
香川銀行セルフうどん支店
関西アーバンダイレクト定期預金
紀陽銀行インターネット支店
京都銀行ネットダイレクト定期預金
きらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店
荘内銀行わたしの支店
スルガ銀行d-bank
東京スター銀行スターワン円定期預金
トマト銀行ももたろう支店
みなと銀行海岸通支店

徐々にカバー範囲を広げてはいますが、まだ未開拓の部分もあるでしょうし、日本の金利トップ5をカバーできているかどうかは分かりません。あくまでも上記調査対象のトップ5を記録していきます。なお、金額により金利が異なることがあるので、預金額300万円の場合の金利で統一します。完全な目視でやってますので、たまに間違うことがあると思いますが、ご勘弁。また、徐々に金利が上がっていくような、仕組み預金などは考慮していません。各行条件が違うこともあり、直接比較が難しいので、通常の定期預金のみを対象としています。なお、金利を調べたのは1/13です。

金利トップ5(300万円以上、2016.1.13現在、↑↓は前回比の金利アップダウン)。aveは上記対象預金の金利の単純平均です。

1年定期(ave=0.209↑)
0.375 きらやか銀行
0.350 荘内銀行(↓)
0.330 新銀行東京 3/14まで
0.320 愛媛銀行
0.320 香川銀行
0.320 トマト銀行

3年定期(ave=0.215↓)
0.380 きらやか銀行
0.350 オリックス銀行
0.350 愛媛銀行
0.350 荘内銀行(↓)
0.350 新銀行東京 3/14まで

5年定期(ave=0.226↓)
0.400 オリックス銀行
0.390 きらやか銀行
0.390 香川銀行
0.370 愛媛銀行
0.370 トマト銀行

今月はほぼ動きがありませんでした。1年ものはキャンペーン金利が始まったもの、やや金利を下げたものなど少々動きがあり、平均で微妙に上げました。3,5年ものは調べた範囲内で、金利が変動したのは荘内銀行が金利を下げたのみ。他は全く変化無しでした。よって、平均金利は荘内銀行分下がったのみ。5年ものでは荘内銀行はtop5から姿を消しました。新銀行東京のキャンペーン金利は3月まで延びました。しかし、荘内銀行が金利を下げたため、0.4%に達しているのが、オリックスの5年ものだけってのも寂しいかぎりです。かといって、0.4%で5年も預ける気も起こらないし、預貯金に関しては相変わらず預け先がないって感じですか。オリックスの2週間定期の0.2%あたりがやはり一番魅力的かも。

bloombergによる、残存1, 3, 5, 10年の国債市場金利は1/13、17時すぎで以下の通りです。ちょっと唖然としました。国債金利を調べるのは前回このネタ以来1ヶ月ぶりですが、10年もので0.19??スゲー低金利じゃん。金利の推移を見てみると、アメリカが金利を上げた頃から徐々に下がりはじめ、年明けで一気に下落していますな。ま、リスクオフで国債が買われる動きになることは理解できますが、やっぱ日銀の量的・質的金融緩和の影響大でしょうねえ。5年ものまでゼロ金利になっとるがな。こんだけ金利が低いんだからはよみんな金借りて景気のいいことでもしてくれんかねえ。低リスクの債券や預貯金はほぼ壊滅状態が長引きそうですなあ。

1年 -0.05%
3年 -0.02%
5年 0.00%
10年 0.19%






Last updated  2016/01/13 05:25:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/12/10
カテゴリ:預貯金
毎年12月になると、この1年シリーズを書いていたのですが、昨年はいつぐらいに書いただろうとちょっと過去ネタを調べてみましたところ、昨年は12月にも結構IPOに当選していますねえ。よって、結構ネタ満載でした。記録を見るとたしかに12月に3銘柄ほど当選しています。今年は全然ダメですな。やっぱ、大和証券がちょっと不調です。主幹事銘柄も少ないし。昨年は大和で10回に1回くらいは当選していましたが、今年は40銘柄ほどの取扱で現時点では2つのみですね。当選確率が半減している感じです。ああ、ただしJ-REITに2つ当選しているので、これを入れればまあ、10回に1回くらいになるか…でもあんまりキターって感じのものは当たらんですな、今年は。

さて、本日は12月の金利定点観測です。調べているのは以下の金融機関です。他の金融機関やキャンペーンなどはあまり把握していません。

ネットバンク等
イオン銀行
オリックス銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
新銀行東京
新生銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
楽天銀行

ネット支店・ネット預金等
あおぞら銀行インターネット支店
池田泉州銀行ダイレクトプラス定期
沖縄銀行美ら島支店
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店
香川銀行セルフうどん支店
関西アーバンダイレクト定期預金
紀陽銀行インターネット支店
京都銀行ネットダイレクト定期預金
きらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店
荘内銀行わたしの支店
スルガ銀行d-bank
東京スター銀行スターワン円定期預金
トマト銀行ももたろう支店
みなと銀行海岸通支店

徐々にカバー範囲を広げてはいますが、まだ未開拓の部分もあるでしょうし、日本の金利トップ5をカバーできているかどうかは分かりません。あくまでも上記調査対象のトップ5を記録していきます。なお、金額により金利が異なることがあるので、預金額300万円の場合の金利で統一します。完全な目視でやってますので、たまに間違うことがあると思いますが、ご勘弁。また、徐々に金利が上がっていくような、仕組み預金などは考慮していません。各行条件が違うこともあり、直接比較が難しいので、通常の定期預金のみを対象としています。なお、金利を調べたのは12/9です。

金利トップ5(300万円以上、2015.12.9現在、↑↓は前回比の金利アップダウン)。aveは上記対象預金の金利の単純平均です。

1年定期(ave=0.208↑)
0.400 荘内銀行
0.375 きらやか銀行
0.330 新銀行東京(↑)12/31まで
0.320 愛媛銀行
0.320 香川銀行
0.320 トマト銀行

3年定期(ave=0.217↑)
0.400 荘内銀行
0.380 きらやか銀行
0.350 オリックス銀行
0.350 愛媛銀行
0.350 新銀行東京(↑)12/31まで

5年定期(ave=0.226↑)
0.400 オリックス銀行
0.400 荘内銀行
0.390 きらやか銀行
0.390 香川銀行
0.370 愛媛銀行
0.370 トマト銀行

今月はやはりボーナスシーズンですからキャンペーンなどで金利を上げたところがあり、全体的に平均金利は上昇しました。新銀行東京は先月キャンペーンが終わって金利が下がったと思ったら、今月もうキャンペーンでまた金利が上がりましたね。で、トップ5にはこの新銀行東京が一部入ってきましたが、他行は変化なしとなっております。しかし、トップ5に顔を出さないようなところでボーナスシーズンキャンペーンを行っており、平均金利としては全体的に上がったというわけです。上には書いていないですが、大和ネクストで年末特別金利ということで、1年、または、6ヶ月で0.45%で募集していました。でも明日(11日)で終了だそうです。他に、オリックス銀行では来週から金銭信託の募集が始まります。またもやソフトバンクですけど(笑)。ソフトバンク3号(金銭信託)が今年いっぱいで償還になりますので、それの借り換えでしょう。まあ、IPOで使っていた「見せ金」をこの辺に回す予定でしたが、大和ネクストが明日終了ってのは困るなあ。見せ金は来週初めくらいまではそのまま置いておきたいのです。ソネットやソーシャルワイヤーの抽選がありますのでね。

bloombergによる、残存1, 3, 5, 10年の国債市場金利は12/10、17時すぎで以下の通りです。ふむー。3年ものもマイナス金利ですね。ま、これに比べると預金金利もマシに見えますが(笑)。

1年 -0.03%
3年 -0.02%
5年 0.03%
10年 0.31%






Last updated  2015/12/10 05:16:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全140件 (140件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.