778899 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ドリーミングピーチ

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

ももと宇宙の出来事

2017年08月05日
XML
「不老不死は実現するのか❓」
「人間にとって神とは何か❓」
「第六感は存在するのか❓」
「死後の世界はあるのか❓」
「死からよみがえることはできるのか❓」
「時間は存在するのか❓」
「第六感は存在するのか❓」
「パラレルワールドは存在するのか❓」
「宇宙は生きているのか❓」
「私は何者なのか❓」
「他人の脳をハッキングできるか❓」
「運命か?自由意志か❓」
「太陽のない世界 人類は生存可能か❓」
「この世界は現実なのか❓」




うわあ手書きハート手書きハート手書きハート
胡散臭い物好き垂涎の〜ラインナップ〜手書きハート手書きハート手書きハート

それを〜Mr.説得力〜星
モーガン・フリーマン様が〜ナビゲート〜手書きハート手書きハート手書きハート

散々〜世界中の研究者の元へ〜引き回された上〜

「ど〜なんでしょうね〜」

で、終わる様式美〜星星星
良いプログラムだ〜
お勉強になります〜猫ノート星星星




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
モーガン・フリーマン 時空を超えて(Through the Wormhole With Morgan Freeman. 2015 etv)






最終更新日  2018年12月21日 19時51分19秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年07月16日
[ロンドン 16日 ロイター] 「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。16日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで述べた。

宇宙の創造に神は必要ない=ホーキング博士

 ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。

 博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という進行性の神経疾患と診断され、余命数年とされた。「自分は過去49年間にわたって若くして死ぬという可能性と共生してきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。まだまだやりたいことがある」と語った。

 また、人々はどのように生きるべきかとの問いに対し「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」と答えた。

 1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」で世界中に広く知らるようになった博士は、2010年の著書「The Grand Design(原題)」では宇宙の創造に神の力は必要ないとの主張を展開し、宗教界から批判を浴びている。



「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」





でぇ~~~!!マヂすかぁ~~~びっくりびっくりびっくり

かなり~過激~けっこう衝撃発言ですよね~びっくりびっくりびっくり
宗教界を敵に回すとわかっていて~
なぜ、今この時期に発言したのでしょうか~!?

自らの行動の価値を最大化するため努力すべき

この持論に忠実に従ったってことですよね星星星

とりあえず~そうすることに
間違いはなさそうですね~OKOKOK




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






最終更新日  2017年06月10日 06時41分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月17日
2001年に日本で“流星嵐”を見せた「しし座流星群」が、今年、少しだけ戻ってくるかもしれません。流星群のメカニズムにもとづく計算から、11月18日の未明、最大で1時間に200個の割合で流れ星が見られると発表されています。



今年は、彗星が約500年前に地球に近づいた際に放出したちりの中を地球が通り、例年より多いと期待された。しかし、ピークとなる時間帯は18日午前6時ごろで、日本では日の出の時間と重なるため、空が明るくなってしまう。空が白み始める前の同4~5時ごろから増え始める可能性もあり、しし座の方角に、流星が飛び出す「放射点」がある。



新聞などに~よりますと~~
あの時のしし座流星群リタ~~ンズらし~~ですよ~~星星星

で、でも~~雨降ってますけど~~号泣号泣号泣
大丈夫なんでしょうか~~!?

【即納】アストロアーツ_星空ナビニンテンドーDSシリーズ用星空ガイドソフト
8190円
こ、こんな素敵な物が~~存在するとは~~びっくりびっくりびっくり
空にかざすと流星群が降ってくる位置が~
わかるそうですよ~~手書きハート手書きハート手書きハート
なんと便利な~~!!
これで方向音痴も~~安心だ~~
ハートハートハート

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年11月17日 20時30分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月12日
NASA、2012年地球滅亡説は「ネットのデマ」と反論

地球滅亡説では「Nibiru」「惑星X」「Eris」と呼ばれる謎の惑星が地球に衝突すると言われているが、NASAはそのようなものが存在することを示す証拠はないとしている。「Nibiruなどの惑星衝突説はインターネットのデマだ。そのような惑星が実在し、2012年に地球と衝突するのなら、天文学者は10年以上前からその存在を把握していただろうし、今肉眼で見えるはずだ」。Erisという天体は実在しているが、冥王星のような準惑星であり、太陽系の外にあるという。

 このほかにも、太陽の活動の活発化、地磁気反転、惑星直列などによる滅亡説もあるが、NASAは「2010~2012年には太陽活動極大期になる見込みだが、地球はこれまでにも定期的にこの期間を経験している」「地磁気反転は40万年ごとに起きるが、起きても地球への害はない。あと数千年は地磁気反転は起きない」「惑星直列はあと数十年は起きないし、たとえ起きても地球への影響は小さい」と反論している。(以上、インフォシークニュースより抜粋)




これまでも~さんざ地球滅亡のデマは飛び交いましたが~
なんで今回・・・わざわざ反論!?
地磁気反転や惑星直列など~
本当に起こることに乗っけてくるのが
デマのレシピってことでしょうか~

いずれにしても~
2010~2012年には太陽活動極大期
というのは~事実なので~
もしかして
巨大フレアが起きたり星星星
その影響で地球でも
ものっすごいオーロラとか見れちゃうですかねぽっぽっぽっ
いろんなところに電波が繋がったり
しちゃうですかね手書きハート手書きハート手書きハート
オーロラの彼方へ [ デニス・クエイド ]

オーロラの彼方へ [ デニス・クエイド ]
価格:1,000円(税込、送料込)



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






最終更新日  2016年02月23日 20時05分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年10月19日
なんか~オリオン座流星群が
19日夜から23日未明にピークらしいですよ~~星星星


1時間あたり最大で50個以上観れるらしいです~~星星星星星

なんでも新聞によりますと
約3000年前に
ハレー彗星から放出されたちりが
2006から2010年の間、
地球の軌道に接近するため~らしいですよ~~星星星


次に急増するのは70年後でびっくりびっくりびっくり
来年は月明かりがあり月月月
良い条件での観測は事実上

今年がラストチャンス手書きハート手書きハート手書きハート

オリオン座とふたご座の間あたりから~
降ってくるらしいです~~

さぁ!!いますぐ
窓を開けて~空を見てみましょう~~電話電話電話

ミザール 天体望遠鏡 屈折式 TS-70 24倍~150倍 73%OFF
4980円

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年10月25日 14時09分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年05月14日
今、日本橋で上映されてるプラネタリウム

「宇宙へのパスポート」!!

素晴らしかったです~!!
何の訓練もせず!!宇宙酔いもおむつも無しで!!
宇宙飛行士よりも遙か彼方まで飛んでいけます~ピンクハートピンクハートピンクハート

最新の宇宙データ星に基づいてNASAの協力(好きな言葉ピンクハート)の下
作られたという映像はぁ、
ものすごい臨場感がありましたぁスマイルスマイルスマイル

果ての果ての果てに超銀河団てゆー強そうな名前の場所があって
まさに、初めて見る光景でしたぁ!!
でもまだまだ果てしなく続くそうです。

すごいなぁ。広いなあ。宇宙って。

「私たちは星のかけらなのです!」

なんて大迫力の映像を見せられて
山ちゃんの(山寺宏一)良い声で言われると宗教的な気持ちにもなってきますピンクハート
そーゆー宇宙飛行士の気分疑似体験も出来ますピンクハート
六月末までだそうです。
なぜなんでしょう?
お子様にも是非ピンクハートって感じなのに・・・
ものすごくよかったのに!!
何回でも観たいですね~猫

椅子とかも揺れたり、アロマなんかもきかせたらピンクハート
も~っとリラックス~ですよね~ピンクハートピンクハートピンクハート猫猫猫

本格的ホームプラネタリウム、お部屋が満天の星空に!プラネタリウム スターワールド
14800円

家庭用星空投影機 HOMESTAR(ホームスター) 大塚愛のプラネタリウム
17800円







最終更新日  2009年10月26日 01時25分22秒
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.