127538 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぴゅあの日記

PR

X

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

健康・医療・環境

Sep 8, 2007
XML
テーマ:徒然日記(19922)
カテゴリ:健康・医療・環境


昨夜ふと、司馬遼太郎の小説に、
たぶん「坂の上の雲」だった思うのですが、海軍カレーというのが出てきたことを思い出しました。

確か、当時(明治初期)は海軍技術はイギリスが発達していたので、英国海軍の技術とマナーを学んだとありますから、カレーも当時の英国式だったのでしょう。


海軍カレー



当時の「海軍カレー」の味を再現しているお店を見つけました。クール
場所は、さすがに軍基地のある「横須賀」でした。


■「ウッドアイランド」
http://www.sunsun-navi.gr.jp/html/woodisland.html

↑ 海の町らしい素朴な雰囲気のお店ですね。



ここのご主人は研究熱心で、旧海軍のレシピだけではなく
食器の再現も目指しているそうです。

当時は高級料理だったそうですから、
上の写真にあるような優雅なカレー皿に盛られたのでしょう。

海軍の若い人たちはカレーの日を楽しみにしていたようです。
こんな優雅なお皿で出されたら、一時でも心が和まれたでしょうね。

でも、軍部など無い世界のほうが良いのですが・・。



banner_02.gifブーイングクリックして頂ければ嬉しいですぽっ






最終更新日  Sep 10, 2007 04:03:07 AM
コメント(6) | コメントを書く


Aug 31, 2007
テーマ:カレー(2590)
カテゴリ:健康・医療・環境

昨日に続き、カレーのスパイスにまつわる話しです。


・・・・・・・・・・・

コリアンダー」は、前回の記事にも書きましたように、

体を温めて体内の新陳代謝を盛んにしてくれ、胃腸の働きを回復してくれる効能がある薬草です。

最古のスパイスの一つで、古代エジプト時代にはもう薬用や調味料として
使用されていました。 原産地は地中海東部とあり、インドじゃないです。

ちなみに、「タイム」も古代ギリシャ時代にはもう使用されていたようです。

伝統的な料理にまつわるものは、やはり歴史が奥深いですね。



コリアンダー.jpg「コリアンダー」



他にも、旧約聖書に

エジプト脱出を祝う三大祭の最初の祭りの際は、ユダヤではコリアンダーの葉を食べなければならない』 と、記されているようですし、

薬用としては、ヒポクラテス(紀元前460~370年)が
胸やけを防ぎ、催眠剤にもなる』と、コリアンダーの効用を説いていたそうです。
(*ヒポクラテス=医学の父と言われている。ギリシャ人)


これから、カレー料理を食べる時は、なんだか愛おしくなりそうですが、
歴史の重みが載って、胃も重たくなったりして・・・まさか(^_-)


現在のインドでは
カレーには必ずたっぶりのヨーグルトが付く習慣になっていますね。
先日、テレビでその様子が映されていました。

本当にたっぷり量だったからビックリ!しましたが、
インドの方の体格だとそれでもカロリーオーバーにはならないのでしょうね。

でも、
乳酸菌とカルシュウムがプラスされて、栄養バランスの点ではバッチリですよね。vv





banner_02.gifブーイングぽっ



・・・・・・・

カシミールカレーパウダー



<新宿中村屋>カレーおためしセット







最終更新日  Sep 10, 2007 03:06:24 PM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 30, 2007
テーマ:徒然日記(19922)
カテゴリ:健康・医療・環境

chicken_vegetable_img02.jpg


この時期、夏バテ回復の薬膳料理としてカレーも良いようです。

最も私は、「夏バテ」ならず、「クーラーバテ」なんですが・・^_^;
クーラー浸けで身体調整力が鈍っているようです。

カレー好きの方は多いから日頃食べられている方も多いと思いますが、
最近の私の食卓はノンカレーでした(>_<)

なので、今、日に一回カレーライスもしくはアレンジしたカレー料理を実践中です。 さて、何日つづくかな?(^^



-----------------

香辛料になる植物は薬草としても使われています

カレーに使用する香辛料の中で、
コリアンダータイム」が胃腸の働きを高めてくれます。

特にコリアンダー」は、

体を温めて体内の新陳代謝を盛んにする
ので
私のように「クーラーバテ」には良さそうですね。

ウコン」は

良く知られているように、カレーの黄色のもとなんですが、
肝臓の働きを高めてくれますし、コレステロールの減少効果もあり、

その他、肌の殺菌、浄化作用もあって、インドではパックとしても使われるらしいです。



夏場はビタミンB1の補給も考えると、牛肉より豚カレーのほうが良さそうですね。


ところで、インドでは、カレーという料理用語はないんです。

インドでは何十種類ものスパイスを常備していて、素材やその日の好みに合わせて、10種程のスパイスをチョイスしてソースを作るんですね。

だから、日本や欧米でカレーと呼ぶのは、このインド料理を総称してです。



なぜカレー(Curry)って名付けれたのでしょうね?

続きはまた次回にします。



本格インド料理レストラン「マハラジャ」のカレー


banner_02.gifブーイングぽっ







最終更新日  Sep 10, 2007 03:10:11 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jun 17, 2006
カテゴリ:健康・医療・環境
sinrin28s.jpg


お誘いを受けてblogランキングに参加してみたのですが、
予想外にランクが急上昇して、ホントたくさんの方に見に来て頂いています。
皆さん、ありがとうございます。

と言いながら、内心ちょっと悩んでいたことがあるんです。

何か健康について書かれていると思って、このサイトを見に来て下さった方には悪いなぁ~と。
(過去記事には割りあいとあるんですけどね)

・・と気にしながらも、もっか健康関係の記事を書く気が起こらずにいます。(^^

しかし考えてみれば、無理に何かに合わせていくというのも健康的には良くない。
身をもって、それを示しているとも言えるかもしれない。
(なんか自己弁護してみるみたいだなぁ~(笑))


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は健康でいたいからといって、
身体にばかり気を使っているのもバランスが悪いんじゃないかと思ってます。

ちょっと調子が悪いときには少し反省して、習慣をまずひとつ変えてみる。
食習慣でも、行動習慣でもいいから変えてみる。

とりたてて考えなくても、日頃これを変えたほうがいいなぁ~と思いながら変えずにいるものが
一つや二つあるものですよ。(私はもっとあります^_^;)

もちろん、大病したときは一心に体質改善に取り組んでやってみることも大切だと思います。

それよりも、体の不調ばかりに目をやってないで、何でもいいから、

何かひとつ新しいことに挑戦していくことが案外いい方法ではないでしょうか。
ささやかなことでもいいのです。

新しいことに取り組めば、たちまち脳は働きだすし、身体もその準備などのために

動かさざるを得なくなる。つまり、意識せずして脳も体も使っていることになる。
そのうえ、新しいことを吸収している喜びも味わえます。

一石二鳥どころか一石三鳥です。
これは私が大病をして、試行錯誤しながら得たものです。

まぁ~ こんな単純には行かないとおっしゃる方もあるでしょうけど。
そういう人にこそ、思い切って何かを始めてみて欲しいですね。

というのも、私の周りにいる人を眺めてみると、
そういう変化を拒んでいる人の方が身体の不調を訴え続けている人が多いからです。


かくいう私も最近は、もっと「時間がほし~い!!」と嘆いています。
これも抱かえていることを離さずに、他のものも取り込もうと欲張っているからです(>_<)

必要なものを選択して、あとは捨てていかなくっちゃいけない。
つまり、“あきらめる”ということ。これが大事です。

・・と自分に言い聞かせているところです^_^;


今日はこんなところで。。


banner_01.gif
   ↑ ↑
記事が気に入られたらクリック下さいネ!ひよこ







最終更新日  Jun 18, 2006 02:04:53 PM
コメント(6) | コメントを書く
May 24, 2006
カテゴリ:健康・医療・環境
こんにちは。いつものことながらお久し振りです^_^;

・・・・・

プログを始めてから途絶えさせていた“ぬか漬け”を復活させました。
いえ前は、単に家で漬けると美味しいので、それで漬けていただけなのですが、

昨日、ぬか漬けの乳酸菌がすごくいいというレポートを読んだものですから。
それに先日記事に書いた「食品の裏側」を読んだせいもありかな。(^^

・・・・・

さて、乳酸菌というと、まず浮かんでくるのがヨーグルトですよね。
みなさんご存知のように、
乳酸菌は、腸を活性化させ、免疫力を高める働きがあるのですが、

意外なことに、ヨーグルトの乳酸菌が腸まで届くのはわずかで、
ほとんど胃で死んでしまう
のだそうです。
その点、ぬか漬けの乳酸菌は、様々な有用菌とともにしっかり腸まで届くそうです。

「日本人の知恵って素晴らしい~!!」

ただし、じっくり漬けた“ぬか漬け”でないと効力はないのだそうです。

スーパーで売られている“ぬか漬け”は、ぬか漬けというより、
塩漬けといっていいような即席漬けだし、
塩分を控えたものには、ぬか以外の発酵液をプラスして漬けていたりしますから
この効力は期待出来そうにありませんね。

・・・・・

家で漬けるのはたいそうな感じがしますが、やってみると案外そうでもないんですよ~
ケーキづくりなんかの手間に比べたら、簡単かも。
これからの季節は、冷蔵庫で管理すればいいですしね。

私は、かなり塩分を控えめにした“ぬか床”を作るので、
大根などの固いものは、漬かるのに数日かかったりしますが、
(縦4つに切って漬けても)
じっくり漬けたものは、すごく美味しくて。。。
お茶請けなんかにもツマミたくなるくらいです。(*^^)v

今日は、キャベツを“捨てづけ” に仕込んだところなのですが、
1~2週間すれば、もうけっこう美味しい床になりますよ。
あ~ 待ち遠しい~~~(^^

これから、“ぬか漬け”としてポピュラーな、きゅうりやお茄子など・・
旬のお野菜が安値で手に入いる時期になりますから、経済的にもグーです。

ポイントとしては、“ぬか床づくり”のときに、ビールをコップ半分ぐらい混ぜると、
熟成が促進されますよ~



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぬか漬けをはじめてされる方はこちらを参照されるといいですよ⇒漬けるドットコム






最終更新日  May 25, 2006 12:18:22 PM
コメント(2) | コメントを書く
May 7, 2006
テーマ:お勧めの本(5744)
カテゴリ:健康・医療・環境

 


前回の記事の“ミートボール事件"のミートボールはどんなものか?


ドロドロのクズ肉がミートボールになる

作るキッカケはあるメーカーから依頼で、端肉を特売用品として開発したとのこと。

大量の端肉
牛の骨から削り取った、このままではミンチ肉にもならないし、味もないもの
・・に、安い廃鶏(卵を産まなくなった鶏)のミンチ肉を加え、

さらに、増量しソフト感を出すために、「組織状大豆たんぱく」というものを加える。
これは「人造肉」とも言って
いまでも安いハンバーグには必ず使われている。


これでなんとかべースはでき上がりです。


このままでは味がありませんから、
ビーフエキス」「化学調味料」などを大量に使用して味をつけます。

歯ざわりを滑らかにするために、「ラード」や「加工でんぷん」も投入。

さらに「決着剤」「乳化剤」も入れます。
機械で大量生産しますから、作業性をよくするためです。

これに色をよくするために着色料」、保存性を上げるために保存料」「PH調整剤」、
色あせを防ぐために酸化防止剤」も使用。



これでミートボール本体ができました。




これにソースとケチャップをからませれば出来上がりなのですが、
このソースとケチャップも、いわゆる「市販」のものは使いません

そんなことをしていたら、採算が合わずに値段を安くできないからです。
コストを抑えるために添加物を駆使して「それらしいもの」をつくり上げるわけです。



まず氷酢酸を薄め、カラメルで黒くします。それに「化学調味料」を加えて
ソースもどき」をつくるのです。ケチャップのほうは、トマトペーストに「着色料」で色をつけ、

酸味料」を加え、「増粘多糖類」でとろみをつけ、「ケチャップもどき」をつくり上げます。



このソースをミートボールにからめて真空パックにつめ、加熱殺菌すれば「商品」の完成です。



添加物は、種類にして20~30種類は使っているでしょう。
もはや「添加物のかたまり」と言っていいぐらいのものです。


本来なら産業廃棄物となるべきクズ肉を、添加物を大量に投入して「食品」に仕立上げた――
それがこのミートボールだったのです。


この商品は、発売開始するやいなや、たちまち大ヒット商品となり、笑いがとまらないほど売れ行きがよくて
そのメーカーはこの商品だけでビルが建ったと言われたほどです。

・・・とのことです。


食品の裏側


・・・・・・・・・・・

あ~ これだけ、コピーするだけで、疲れた~~ 

気分が疲れたのかもね~ 


私は、もともとミートボールやハンバーグは好きでないので、ほとんど食べないできましたが、

こういうのが
子供たちの好物である場合が多いことに気が入って、やりきれない思いです。


この端肉は牛の骨から削り取る、肉とも言えない部分で、
現在は、ペットフードに利用されているらしいので、少しホッとしましたが、

でも、現在もう少しマシな端肉を使っていたとしても、
たぶん、製造過程は同じようなものではないかと推測すると、やはり同量に近い添加物は使用されているんじゃないかと思うのですが、どうでしょう?


それにしても、ワンちゃんも可哀想ですね。

私の子供のときも、家にワンちゃんがいましたが、家族の残りものや、鰹節をかけて与えていました。残りものとはいえ、家族と同じものを食べていたのですよね。それでも、いつも元気でしたよ~。





///////////////////////////////////////////////////////////////////
次回も引きつづき「食品の裏側」の中から、見えない添加物の例を2.3お伝えしたいと思っています。
でも、お時間のある人はぜひ読んでみてほしいですね。






最終更新日  May 8, 2006 03:06:51 PM
コメント(3) | コメントを書く
Feb 10, 2006
カテゴリ:健康・医療・環境


「ボトル入り飲料水の消費量は・・
世界全体で、2004年に1540億リットルに達し、5年前の980億リットルから57%増加した。水道水が安心して飲める地域でさえ、ボトル入り飲料水の需要が伸びている。そして、不必要なごみを出し、大量のエネルギーを消費しているのである。

先進国では・・
ボトル入り飲料水はたいてい、水道水と比べても健康によいわけではないにもかかわらず、水道水の1万倍以上のコストがかかることもある。1リットル当たり2.5ドルものボトル入り飲料水のコストは、ガソリンよりも高いのだ。


今朝、目に止まった記事。

ボトル飲料水を愛用している私と、
環境問題に関心をもっている私がぶつかった!!



そうかぁ~(汗)


なるほど。


しかし・・・大阪に住んでいる私はどうしたらいい?
 
大阪の水質は良くないと聞いている。 
家族のためにももう病気したくない私。


本当に水道水と比べて健康によいわけではないのだろうか?


今の住居の台所は狭くて、実家のように良質な浄水器が設置できない。
私としてもコストはかかるし、運ぶのに重たいし・・であるが、仕方なく利用しているのです。

ですが、病気後ちょっと神経質になりすぎていたきらいはあるので、
少し調べて、一度考え直してみなくては・・




・・・・

ちなみに、
  アメリカは、ボトル入り飲料水の世界最大の消費国だそうだ。
(2004年では一人当たり毎日240cc)


ス―パーなど、店頭ではフランスなどの水が並んでいるので、海に面していない国が多い西欧諸国が一番の消費量と思っていたが。

アメリカはガソリンや食事のエネルギー量だけではなかったのだ。 このことも京都議定書に「No」が出る一端なわけだ。

第2位     メキシコ        180億リットル
第3位・4位  中国・ブラジル   120億リットル
第5位・6位  イタリアとドイツ   100億リットル強







最終更新日  Feb 11, 2006 11:30:22 AM
コメント(15) | コメントを書く
Feb 1, 2006
カテゴリ:健康・医療・環境


195_ss横.jpg


下方のリンク項目は、Dr.ガイアさんの記事の一部をピックアップしています。

Dr.ガイアさんは、食や環境問題について、いつも貴重な報告をしてくれています。

多くの資料の中から、わかりやすく記事にまとめて、問題提供をされていて、
私など、驚嘆な思いで記事を読ませて頂くこともしばしばです。

食や環境に関心のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。びっくりしますよ!!
(ふだん関心のない方も、ぜひご一読を!!)



・ 恐ろしいレンダリング産業! 
・ 牛は人工「肉食動物」!! 
・ オイル漬け社会と狂牛病!! 
・ 死体ビジネス!! 
・ 「グローバル化」というものが本当に良いものなのか? 



他にもいろいろな報告と問題提起されています。

ページ一覧表はこちらです。
http://plaza.rakuten.co.jp/risamine/diaryall







最終更新日  Feb 1, 2006 11:23:51 PM
コメント(6) | コメントを書く
Nov 15, 2005
テーマ:ニュース(96281)
カテゴリ:健康・医療・環境


地球温暖化の影響で、今世紀末には 海のプランクトンが少なくなり、
それを餌にするサンマが 今より10センチも小さくなってしまうのだそうです。

20年後、30年後の食料難が叫ばれていて、すぐ人口問題が浮かびますが、
生態系の変化もどんどん進行していて怖くなります。
本当に今世紀末には、世界はどんな状況がやってくるのでしょうね。
温暖化対策もスムーズには行かないようだし・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(ニュースの詳細)

温暖化でサンマが小ぶりに(北大大学院助教授が研究結果)

 秋の味覚、サンマの体長が地球温暖化の影響で、今世紀末には10センチも小さくなってしまうとの研究結果を、山中康裕・北大大学院地球環境科学研究院助教授が2日までにまとめた。海水温上昇の影響で植物プランクトンの増殖規模が小さくなるためで、小型化で泳ぐ力も落ち、回遊路が日本近海から離れて漁場が遠くなる可能性もあるという。

 山中助教授によると、温暖化で海水温が上昇すると、冬でも海の表層の温度が下がりにくくなり、栄養塩に富む下層の海水と十分に混ざらなくなる。このため、栄養塩を必要とする植物プランクトンが春の大増殖期に減少特に大型種の珪藻は約3割も少なくなり、この影響で動物プランクトンも減少するという。サンマは主に春先にかけ日本の太平洋側沖合でふ化し、6月ごろまで稚魚、幼魚時期を過ごすが、この時期にエサの動物プランクトンが減少することで成長速度が鈍化。遊泳力がつかず、夏にエサが豊富な千島列島まで北上することができないため、魚の成長モデル式で計算すると、体長は30センチから20センチになってしまうという。〔共同〕
(※このニュースは先日発表されたものです)







最終更新日  Nov 15, 2005 09:57:20 PM
コメント(2) | コメントを書く
Oct 24, 2005
カテゴリ:健康・医療・環境
2005-10-24 16:30:49

今日は、絶好の秋晴れ!! 

私もいつものお散歩コースを歩いてきました。

今日は、暑くて汗が・・!! でも、気分は爽やか。

皆さんどこを歩かれたのかしら?


と言っても、オフィスの中で仕事されている方はままなりませんものね。

私もかつて、会社に勤務していたときは、

こんな気候が穏やかでお天気の良い日には、

窓の外をみつめてはため息ついてました。


あ~ 仕切りに入れ込まれた、鶏みたい~(T_T) って。

でも、自由になったからって、そうそう歩き回れるもんじゃないですけど。

やぱり、人間はないものねだりな生き物なんでしょう。




★ストレッチは下記のページを見てくださいね。

ウォーキング前のストレッチ


おまけで・・次のも。^_^

腰痛予防のストレッチ


☆   ☆   ☆







最終更新日  Oct 24, 2005 06:31:47 PM
コメント(6) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.