031470 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

320life

PR

プロフィール


320noma

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(23)

(8)

(9)

(43)

(38)

(3)

手帳

(9)

サイド自由欄

2018.07.18
XML
カテゴリ:
ミニマリストを志す者なら一度は通る道、憧れの洗剤の一本化。
(そして普通の人には「え、何故ひとつにする必要が…?」とドン引きされるやつ)

とにかく脳内メモリのキャパシティがハムスター位しかない私。
洗剤の在庫管理や購入に貴重な容量を割きたくない。
そこで、液体石鹸ひとつで、

(1) 食器洗い&手洗い&台所掃除
(2) 洗面所手洗い(泡)&洗面ボウル掃除
(3) 衣類洗濯(おしゃれ着・手洗い含む)
(4) ボディーソープ(泡)&お風呂掃除
(5) トイレ掃除

に使いたかったけど、無理だった話です。

● 洗剤の一本化って?

洗剤の一本化には、前提条件として混ぜもののない「液体 純 石鹸」を使います。
液体石鹸は、衣類洗濯用、食器洗い用など用途に分かれて販売されていますが、濃度が違うだけで成分はすべて同じ「純石けん分(脂肪酸カリウム)」です。
(商品に「せっけん」と名が付いていても、用途に応じて様々に添加されているものもあるので、よく成分表示を読んで下さい。)

その中で一番大容量でコスパが良いのが、「衣類用(洗濯用)液体石鹸」。
これを一つ購入して、好みでアロマオイルなんか加えつつ、多用途にしている方が多いです。
そこで、まず越えなければいけない心理的なハードル。

「用途の違う表示がされている液体石鹸を他の用途に用いることは、有りや無しや」

メーカーはもちろん公には是としていないです。
成分は同じ。濃度が違う。入れ物が違う。商品名が違う。
それを、使う場所や用途(泡か液体か)に応じて、薄めたりして使います。

そこで第二の関門。

「液体石鹸を水道水で希釈するのは、有りや無しや」

かといって精製水なら良いかといえば、いやまだ殺菌成分(塩素消毒)が入っているので水道水の方がマシだという声も聞きます。
そこらへんの折り合いを、どう自分と(そして家族と)付けるか。
そうまでして、洗剤を一本化したいのか。
そういう話です。


ミヨシ石鹸 無添加 お肌のための洗濯用液体せっけん(5L)【ミヨシ無添加シリーズ】

一本化するなら、これを買おうかとずっと迷っていて。


ミヨシ石鹸 無添加 せっけん 泡のボディソープ つめかえ用 5L(無添加石鹸)【イチオシ】

これだと、液体石鹸を水で薄めるという「なんか大丈夫かな」感がなくて良い。コスパは悪くなるけれど。


パックスナチュロン(PAX NATURON) 洗濯用液体石けん 詰替用 4000ml 太陽油脂

一本化なら先達により、パックスナチュロンの方が有名。


(1) 食器洗い&手洗い&台所掃除

合成洗剤で手荒れしたので、食器洗い用の固形石鹸を使っていました。
しかし最後が小さくなって使いにくいので、液体石鹸に変更。
使用していた生協のものは、金属イオン封鎖剤が入っていて他の場所には使えない。
普通にスポンジにつけると使用量が多いので、食器に水を張ったところに加えて、泡立ててから使っていました。


国産安心楽天ランキング1位!感謝。おしゃれな新生活スタイリッシュ、モノトーンブラック【送料込】黒のサンサンスポンジ5個セット 驚異の長持ち。【DM便利用】【代引き不可】【日時指定不可】(土日祝休業)
↑​
スポンジはこれを半分に切って使っています。黒は色移りしなくて良い。

でも…石鹸なので油汚れの落ちがイマイチ。
紙で拭うなどの前処理が必須。石鹸量がたくさん要る。
食器が滑る(何個か割りました)。
普段からゴム手袋をつけて洗うようにしたので、手荒れも関係なくなっていました。

そんなとき、キャンペーンにつられて合成洗剤(ジョイ)をまとめ買い。

いやあ、すごいです、界面活性剤。
少ない洗剤量で、油汚れが落ちる落ちる!
食器がピッカピカ。ぬるぬるしない。
泡立ちがよく、泡もちがよく、タワーで流せるからすすぎが早い。
ツルンと水をはじくので、洗い終わり後の乾きも早い。

地味に感動しました。
ここはもう、ジョイでいいじゃないかと。餅は餅屋かと。
食器洗いを日夜研究する企業が、研究に研究を重ねた結果がこれじゃないかと。

石鹸の方がエコというのは、果たして本当なのだろうかとも思いました。
洗剤の使用量や水道の使用量は、合成洗剤の方が少ない気がする。
同時に、合成洗剤が排水口でいつまでも泡立っているのを見て、これを処理するのは大変なのでは?とも。

夏になりゴム手袋が暑くなってきて、外して洗ってみたんですが‥
季節柄なのか、私の手が強くなったのか、ジョイが優しくなったのか、手荒れせず。
やはり素手の方が汚れ残りもよく分かる。
冬は無理だろうけども。

合成洗剤にすると、台所で手を洗いたいときに、食器洗い洗剤で兼用できないのは不便です。
あと、私の皿洗いは宇多田ヒカルの「光」のPV並みなので、合成洗剤は流し残しが不安。
それに、なぜか合成洗剤で皿を洗うと顔が痒くなるんですよね…。

ジョイが数年分くらいありそうなので、当分はジョイを使います。
その次はまた石鹸にしたくなっているかなあ?どうだろう。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

書いていたら長文になってしまったので、分けます。
応援クリック頂けると嬉しいです。






最終更新日  2018.07.18 06:26:22
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.