353391 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

320life

PR

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

食事・料理

2020.02.26
XML
カテゴリ:食事・料理
基本情報

・料理が苦手だ。
・娘(4才)、息子(2才)、夫と私の4人家族。
・息子は卵アレルギー。2020/1月~つなぎ可になったので、ならし中。
・1時間の時短勤務で、材料カットは朝、調理は夜にしています。
・冷凍や冷蔵の完成調理品は、下線。 
・2日目のものは②、3日目のものは③としています。


月曜日

・ごはん
・さつまいもと牛肉の甘辛
(牛肉、さつまいも、酒、砂糖、しょうゆ)
・ブロッコリーのトマト煮
(ブロッコリー、大豆の水煮、ツナ、しめじ、トマト缶、コンソメ、にんにく)
・レタス+つけてみそかけてみそ

○朝(10分)
・お米を研いで、お釜を冷蔵庫へ。
・冷凍の牛肉を冷蔵庫へ移して解凍。
・さつまいもは切って水を張ったボウルに浸しておく。
・ブロッコリー、しめじは切ってポリ袋へ。

○夜(15分)
・お風呂に入る前にお釜を炊飯器にセットし、炊飯開始。
・お風呂から上がったら、さつまいもはボウルの水を切り、レンチンで下茹で。
・ブロッコリーとしめじの袋を破き、フライパンで材料と煮込む。
・レタスを洗って千切る。
・牛肉を炒め、レンチンが終わったさつまいもを加えて味付け。


火曜日

・ごはん
・あじの干物
・プチトマト和え
(プチトマト、オリーブ油、塩昆布)
・湯豆腐
(豆腐、わかめ、ほうれんそう、すりごま、中華だし)
・さつまいもと牛肉の甘辛②
・ブロッコリーのトマト煮②

○朝(5分)
・お米を研いで、お釜を冷蔵庫へ。
・冷凍の干物を冷蔵庫へ移して解凍。

○夜(15分)
・炊飯
・お湯を沸かしながら、魚を焼く
・お皿の上でトマトを切り、そのまま和える
・お湯が沸いたら、具材を入れて湯豆腐を作る
(ほうれん草は冷凍、豆腐は調理スプーンで崩すように切る)
・昨日の夕飯をレンジで温める


水曜日

・ごはん
・鶏のねぎま
(鶏、ねぎ、厚揚げ、酒、砂糖、しょうゆ)
・もやしの塩こんぶ和え
(もやし、塩昆布、オリーブ油)
・エノキと山芋のあえ物
(山芋、エノキ、蒸し豆、塩、酢、ごま油)
・れんこんと人参のきんぴら
(れんこん、人参、中華だし)
味噌汁

○朝(15分)
・お米を研いで、お釜を冷蔵庫へ。
・冷凍の鶏肉を冷蔵庫へ移して解凍。
・もやしをレンチンしてざるで冷まし、和える。
・ねぎと厚揚げをカットしてポリ袋へ。
・れんこんと人参をカットしてポリ袋へ。
・エノキと山芋をレンチンして、和える。

○夜(20分)
・炊飯。
・れんこんと人参の袋を破って鍋に投入して炒めて味付け。
・ねぎと厚揚げの袋を破って、解凍した鶏肉とあわせて煮込む。
・冷蔵庫から和え物2種類を出す。
・お湯を沸かしてインスタントの味噌汁(大人だけ)を入れる。


木曜日

・ごはん
・ポテトサラダ
(じゃがいも、ツナ、コーン、バター、塩)
・鶏のねぎま②
・エノキと山芋のあえ物②
・れんこんと人参のきんぴら②

○朝(5分)
・お米を研いで、お釜を冷蔵庫へ。
・洗ったじゃがいもにぐるっと切れ目を入れ、アルミホイルで包んで冷蔵庫へ。

○夜(10分)
・炊飯するときに、お米の上にじゃがいものアルミホイルをのせる。
・炊き上がったら、アルミホイルを開き、じゃがいもの皮をむく。
(切れ目を入れてあるので、じゃがいもの皮を左右に割るようにすると、ずるっと皮が剥ける。)
・じゃがいもをつぶし、味付け。
・昨日のおかずを温める。


金曜日

・ごはん
・さばの塩焼き
・キャベツのクリーム煮
(キャベツ、蒸し大豆、クリームシチューのルー)
・ポテトサラダ②

○朝(5分)
・お米を研いで、お釜を冷蔵庫へ。
・冷凍のさばを冷蔵庫へ移して解凍。

○夜(15分)
・炊飯。
・キャベツをざく切りにし、鍋で煮込む。
・さばを焼く。


土曜日

・ごはん
・さばの塩焼き②
・キャベツのクリーム煮②

昼にバイキングへ行ったので、みんなあまりお腹が空いておらず。
冷凍しておいたごはんを解凍し、昨日の残りを温めただけ。
(ちなみに私はカップ麺を食べましたよ、と。)


日曜日

・ちらし寿司
・高野豆腐
・ごまめ
・からあげ
・フライドポテト
・フライドごぼう

親戚の集まりがあったので、残りのご飯を貰ってきた。
昔ながらの、大量のご飯が用意されているのん、作り手に回って初めて大変さが分かる。


今週のふりかえり

・月曜日のふるさと納税の牛肉で甘辛くしたやつ。味付けもうまくいき、美味しかった。
・トマト煮込みは、夫が食べない。「実家で毎日何食べとったん?」と訊くと「煮物とか。普通の。トマト味とか出てきたことない」とのこと。飽きへん?
・シチュー味の不人気さ。ようやくルーを消費した。
・今回、手順をつけてみた。私は献立を考えて料理をしないので、野菜を切りながら同時並行で何にしようか考えている。(なので毎回同じようなメニューになる。)
・いろいろ時短テクや作り置きも試してみたけれど、冷ますのに時間が必要だったり、休みの日がつぶれたり、解凍に時間がかかったり。私には「朝カット」+「夜調理」が一番合っていた。この春復職される方の参考になれば幸い。
・時間はちゃんと測ったわけではないので目安です。



にほんブログ村 にほんブログ村へ

クリックで、あなたの「見たよ」を教えてください。







最終更新日  2020.02.26 00:00:13
コメント(0) | コメントを書く


2020.02.19
カテゴリ:食事・料理
基本情報

・料理が苦手だ。
・娘(4才)、息子(2才)、夫と私の4人家族。
・息子は卵アレルギー。2020/1月~つなぎ可になったので、ならし中。
・1時間の時短勤務で、材料カットは朝、調理は夜にしています。
→最近は夜に30分くらいで材料カットからやっています。
・冷凍や冷蔵の完成調理品は、下線。 
・2日目のものは②、3日目のものは③としています。


月曜日

・ごはん
・白菜と豚肉のあんかけ②
(豚肉、白菜、砂糖、醤油、中華だし、片栗粉)
・プチトマトのあえ物②
(プチトマト、焼き肉のたれ、ごま)
・小松菜のあえ物②
(小松菜、酢、オリーブ油、塩昆布)
・人参コンソメチーズ②
(人参、コンソメ、ゴーダチーズ)

日曜日に作っておいたごはん。


火曜日

・ごはん
コロッケ
・プチトマトのごまだれあえ
(プチトマト、ごまだれ)
・白菜しめじあえ
(白菜、しめじ、わかめ、ごま油、中華だし、酢)
・サツマイモのカレー風味
(サツマイモ、ヨーグルト、ケチャップ、カレー粉)
・かぼちゃのオイスターソースがけ
(かぼちゃ、酒、オイスターソース)

コロッケは冷凍を揚げただけ。
よく考えたらサツマイモも芋で芋芋やった。
白菜しめじはレンチンして和えただけ。
サツマイモはレンチンして下茹で。フライパンで焼いて味付け。
しかし下茹でが足りず、固かった。
かぼちゃもレンチンしてオイスターソース。
これ、あんまり美味しくない組み合わせでした。もうやらない。
レンジフル活用。


水曜日

・ごはん
・キャベツと鶏のスープ
(キャベツ、鶏肉、中華だし、しょうゆ)
・コロッケ②
・プチトマトのごまだれあえ②
・白菜しめじあえ②
・サツマイモのカレー風味②+チーズ
・かぼちゃのオイスターソースがけ②

昨日の残りで済ませようと思っていたけど、足りなかった。
そこで冷凍の鶏肉と、野菜室のキャベツを手で千切ったスープを作った。
適当に作ったわりに好評だった。


木曜日

・ごはん
・ぶりのてりやき
(ぶり、砂糖、しょうゆ、酒)
・山芋のしょうゆあえ
(山芋、しょうゆ)
・ごぼうと人参のフライ
(ごぼう、人参、塩)
・キャベツとツナのサラダ
(キャベツ、ツナ、酢、塩)

ぶりのてりやきは上手に出来た。
ごぼうと人参で副菜を作ろうとしたけれど、考えるのが面倒になってついフライにしてしまった。
フライを自重しようとしている今日この頃。
ツナは久々に使った気がする。


金曜日

・ごはん
・里芋と鶏の煮物
(里芋、鶏肉、コンソメ)
・ぶりのてりやき②
・山芋のしょうゆあえ②
・ごぼうと人参のフライ②
・キャベツとツナのサラダ②

昨日残りをそのまま出そうとしたら足りないぞシリーズ2。
冷凍の鶏肉と里芋を煮てみた。これ、びみょうな味だった…。


土曜日

・ごはん
・チキンカレー
(鶏肉、ヨーグルト、にんにく、塩、カレー粉、トマト缶、コーンスープ)
・もやしのごまだれ
(もやし、ごまだれ、わかめ、ごま)
・じゃがいもチーズ
(じゃがいも、チーズ、塩、オリーブ油)
・えのきと薄あげ
(えのき、薄あげ、焼肉のたれ)
・里芋と鶏の煮物②

チキンカレー失敗、第2段。
カレールーを使わずにカレー粉で作ろうとして辛くなりすぎた。
なんとかリカバリーしようとして、ネット検索。
コーンスープを入れると良いと書いてあったので入れてみた。
夫は食べられるようになったけど、子供は食べられず。

もやし、じゃがいも、えのきはレンチン+和えるシリーズ。
薄あげは、魚焼きグリルでカリカリにしたもの。
息子にヒットしていた。


日曜日

・ごはん
・さばの塩焼き
・レタス
・厚揚げ+つけてみそかけてみそ
・チキンカレー②
・もやしのごまだれ②
・じゃがいもチーズ②
・えのきと薄あげ②

レタスを和えようとして思いとどまり、各自好きなものをかける。
夫はマヨネーズ、私はつけてみそかけてみそ。
つけてみそかけてみそ、美味しくて大好きだー。
味噌汁を作らないから、味噌味の味付けをしないから味噌があまりがち。
いっそ、つけてみそかけてみそを買えばよいのではと思う。


今週のふりかえり

夫から「最近なんか変な味がすると思っていたら、これオリーブオイル?好きじゃないんだけど」と言われる。
トマト味のもの、酸っぱいもの、辛いもの、熱いもの、味が濃いもの、エスニックなもの…等々が食べられない夫。
オリーブオイルもだめか。
お前さん、いったい何がたべられるんだ…。

宅配生協で新しいオリーブオイルも注文してしまったし、私は大好き。
今回は無視することにする。
使用時に控えめにする、他の調味料と混ぜ合わせるようにしよう。



にほんブログ村 にほんブログ村へ

クリックで、あなたの「見たよ」を教えてください。







最終更新日  2020.02.19 00:00:24
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.12
カテゴリ:食事・料理
基本情報

・料理が苦痛だ。
・娘(4才)、息子(2才)、夫と私の4人家族。
・息子は卵アレルギー。2020/1月~つなぎ可になったので、ならし中。
・1時間の時短勤務で、材料カットは朝、調理は夜にしています。
・冷凍や冷蔵の完成調理品は、下線。 
・2日目のものは②、3日目のものは③としています。


月曜日

・手巻き寿司
→ごはん、のり、魚肉ソーセージ、カニカマ、ツナとゴマ、カイワレ、ちくわの甘辛煮
フライドポテト
・高野豆腐
味噌汁

節分。
本当は太巻きの巻き寿司だけれど、手巻きに。
夫も子供も酢飯を食べないので、ふつうのごはん…。
いつもは実家で作ったものを頂くので、はじめて用意した。海苔が足らなかった。
具材が「…なに入ってたっけ?」となって、思いつくままに用意。野菜がない。
なんだろう。かんぴょう、しいたけ、高野豆腐、きゅうり、人参?
最近読んだ本に「たくあんが入っている太巻きは大阪のもの」という表記があったな。
紫蘇や海鮮が欲しかったなあ。
私が子供のころは、玄関にイワシの頭と柊を飾っていたし、年の数だけ豆も食べた。
内臓をとらないイワシは、今でも母が毎年焼いている。
でも、私はきっとしない。
こうして、伝統や文化は継承されないようになっていくのかな。

息子、生まれて初めてちくわを食べる。鳴りやまぬおかわりコール。
パンのつなぎでだいぶ許容量がいけそうだと見えてきた。
ちくわを一本の半分くらい食べて、異常なし。
練り物はたいてい卵が入っているので、これまで食べたことがなかった。
卵が入っていないのも、数は少ないけどある。しかし割高で買ったことがなかった。
カニカマ一辺倒だったので、うれしい。
(意外や意外、カニカマには卵が入っていないのだ。)

高野豆腐はレンチン調理、味噌汁はインスタントを大人だけ。


火曜日

・ごはん
ぎょうざ
・ワカサギの南蛮漬け
ワカサギの南蛮漬け、たまねぎ、わかめ)
・プチトマトのごま油和え
(プチトマト、ごま油)
・巣ごもり湯豆腐
(豆腐、ほうれんそう、すりごま、とろろ昆布、だし醤油)
・高野豆腐②
・カニカマ②

ぎょうざは冷凍のを焼いただけ。
油を敷いて焼こうとしたら、パッケージに「油も水も不要」と書いてあった…。

宅配生協のワカサギの南蛮漬け(冷蔵)は、たれが多いので、たまねぎを薄切りにしてレンチンして和えてかさまし。

プチトマトは、オリーブ油&塩昆布あえに飽きられたので、シンプルにごま油にしてみた。
塩も何もなしでも十分に味がついて、中華の箸休めっぽい感じで美味しかった。

巣ごもり湯豆腐、息子が「おかわりちょーだい、もーいっかい!」を繰り返していた。
これ、おいしくできたのでおすすめ。汁物というより小鉢みたいに出すとよい。
大学の食堂に、「巣ごもりたまご」という副菜があって、湯がいたほうれん草が鳥の巣のように円になっていて、真ん中に温泉卵が落としてあって、だしがかかっていた。
それをイメージして作成してみたもの。
冷凍のほうれん草と豆腐を一緒に茹でてだし醤油を加え、器の底にとろろ昆布とすりごまを入れ、真ん中に豆腐、周りにほうれん草になるようによそう。


水曜日

・ごはん
イカフライ
・かぼちゃの煮物
(かぼちゃ、砂糖、醤油)
・ワカサギの南蛮漬け②
・プチトマトのごま油和え②

イカフライは冷凍のものを揚げただけ。
かぼちゃの煮物は、カットして砂糖・醤油とレンチンして作った煮物(風)。
薄く切るのがポイント。


木曜日

・ごはん
・牛肉とたまねぎの炒め物
(牛肉、たまねぎ、焼き肉のたれ)
・もやしとハムサラダ
(もやし、ハム、ごまだれ)
・あつあげ+つけてみそかけてみそ

子供の予防接種のため、夫が昼から休みをとってくれ、夕食も用意してくれた。

もやしとハムの組み合わせ、おいしいな。
ハムも卵が入っていることが多く、あまり登場しなかった食材。


金曜日

私が食事会のため、夫は子供たちを連れて自分の実家へ。
実家が近いと本当に助かる。
(だからこそ、2人とも生まれ育ったところで就職したということもあるのだけど。)


土曜日

・ごはん
・大根と豚肉のオイスター炒め
(豚肉、大根、酒、片栗粉、オイスターソース)
・じゃがバター
(じゃがいも、バター、塩)
・ほうれん草の納豆和え
(ほうれん草、納豆)


もちもち大根(ハッシュド大根)のアレンジ。
お肉に酒をもみこみ、片栗粉をつけて、揚げ焼き。
細切りにした大根をレンチンして下茹で、ざるに開けて蒸気を飛ばし、片栗粉をまぶして揚げ焼き。
両方をあわせてオイスターソースで味付け。
これ、めっちゃ美味しかった。酒とオイスターソースで紹興酒っぽい感じがする(イメージ)。
夫に「なにこれ美味しいやんどないしたん」と言われたので、「実はオイスターソースを買ったのだ」と打ち明けた。
最近ごはん作るの嫌すぎて、自分が楽しく・楽になるように調味料を増やすことにして、オイスターソース買いました。
いや、美味しいですねオイスターソース。
今までオイスターソースって書いてあるレシピは、ただのソースに置き換えていたんですが、違うな。ごめんな今まで。

ほうれん草はレンチンで火を通し、軽く絞って納豆であえる。
付属のたれだけだけで十分味がつく。
お浸し系、絞るときに「めっちゃ栄養流れ出てるやん」と罪悪感がある。

じゃがバターは、炊飯器で。
じゃがいもを洗い、周囲にぐるりと切れ目を入れて、皮のままアルミホイルに包んでお米の上にのせて炊飯。炊き上がったらぺろんと皮がむける。
そのままでも、マッシュしてポテトサラダにしても。
「皮をピーラーでむいてから四つ切にして炊飯」と「皮のまま切れ目を入れて炊飯」と両方やってみたけれど、皮のままのほうが手間が少ないし、うまみが凝縮されている、気がする。
小説『本好きの下剋上』を読んでいて、ルッツが久しぶりにカラフェバターが食べたいと言っていたので作ってみた。


日曜日

・ごはん
・白菜と豚肉のあんかけ
(豚肉、白菜、砂糖、醤油、中華だし、片栗粉)
・プチトマトのあえ物
(プチトマト、焼き肉のたれ、ごま)
・小松菜のあえ物
(小松菜、酢、オリーブ油、塩昆布)
・人参コンソメチーズ
(人参、コンソメ、ゴーダチーズ)
・大根と豚肉のオイスター炒め②
・じゃがバター②

月曜日の分もあわせて2日分作成。
でもよく考えたらあんかけは温めなおしに向かないのでは。
あんかけは、砂糖をひとつまみ入れたらなんか美味しくなった。

プチトマトは焼き肉のたれであえてみた。
ごま油オンリーより、韓国っぽい雰囲気がする、ような気がする。

小松菜はいつものオリーブ油×塩昆布に+酢。
なんだろう、おいしい。(笑)
夫に「変わった味付けだね」と言われたが、青菜を食べない子供もおかわりをしていた。

人参コンソメチーズは、人参を炊飯器で蒸したもの。
皮をむいて輪切りにし、アルミホイルで包んでお米の上にのせて炊飯。
きれいに皮を洗ったら、剥かなくてもよかったかも。
炊き上がったら、包丁で粉々に刻んだコンソメキューブと、チーズと和えて完成。
コンソメは余熱で溶ける。
ゴーダチーズは、ふるさと納税でもらった四葉のもの。コクがあり美味しかった。
固まりをキューブ状に切ったのに、結局溶けて意味なかった…。
息子が気に入ってこればかり食べていた。


今週のふりかえり

今週は毎日フルタイムで定時まで勤務だった。
出張して出先から帰るため、定時より遅くなることも…。
ぎりぎりに保育園へ駆け込み、帰宅したら19時前後。
そこから洗濯物を取り入れ、お風呂(予約でお湯はりしてある)に入れて、洗濯物を回しながら30分程度で夕食を用意する。
最近は朝に野菜をカットしておくやる気がないので、帰宅後のスピード勝負。
20時夕食、20時半食べ終わり、洗い物をして洗濯物を干して、21時に就寝。
うーん、なかなかどうして、大変だ。

うちは2口コンロなので、炊飯器、電子レンジも活用しての同時調理。
炊飯器の蒸し物が便利なので、じゃがいもや人参以外、何ができるかな。



にほんブログ村 にほんブログ村へ

クリックで、あなたの「見たよ」を教えてください。







最終更新日  2020.02.12 00:00:18
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.05
カテゴリ:食事・料理
基本情報

・ごはんつくりたくない病。
・娘(4才)、息子(2才)、夫と私の4人家族。
・息子は卵アレルギー。2020/1月~つなぎ可になったので、休日にパンからならし中。
・1時間の時短勤務で、材料カットは朝、調理は夜にしています。
・冷凍や冷蔵の完成調理品は、下線。 
・2日目のものは②、3日目のものは③としています。


月曜日

・焼うどん
(豚肉、玉ねぎ、人参、だししょうゆ、うどん)
・味噌なべ③

はじめ、味噌なべに入れようと思っていたうどん。
しかし、子供たちが鍋を食べないので、焼うどんに変更。
ようやく鍋を消費した。
鍋、楽なのになあ。食べてくれないので困る。


火曜日

・ごはん
・もやしあえ
(もやし、エノキ、カニカマ、ごまだれ、酢、ごま油、ごま、わかめ)
・トマトあえ
(プチトマト、オリーブ油、塩昆布)
・ネギま
(鶏肉、ネギ、砂糖、醤油、酒)
・もちもち大根
(大根、チーズ、片栗粉、だし醤油)

トマトあえ、頻繁に出しすぎて子供に飽きられた。自重。
もちもち大根も、前回からのスパンが短すぎてしまった。
大根や白菜の調理方法に悩む。


水曜日

・ごはん
・もやしあえ②
・ネギま②
・もちもち大根②

ごはんをつくりたくなくて、「とりあえず2日に1回は頑張る」方式。


木曜日

・やきそば
(蒸し鶏、キャベツ、たまねぎ、もやし、ソース)
・人参とごぼうの煮物
(人参、ごぼう、砂糖、醤油)

以前まとめて作って冷凍しておいた蒸し鶏を使って、やきそば。
思考停止していると、麺類は助かる。
最近夫も「麺類は夕食ではない」という認識を改めてきた。
煮物は、失敗。
砂糖が多すぎた。子供が食べない…。


金曜日

・やきそば②+つけてみそかけてみそ
・人参とごぼうの煮物②+チーズ
しゅうまい
ミートボール
ハッシュドポテト

定時勤務、布団持ち帰り日、夫が新年会で不在。
残されたライフでレンチン。
「今日は、パーティーだよ!」と言って出す。
娘は「すごーい!すきなのばっかり!」と喜んでいた…。
やきそばも煮物も不人気で残された。


土曜日

・ごはん
・タンドリーチキン
(鶏肉、ヨーグルト、カレー粉、ブロッコリー)
・キャベツサラダ
(キャベツ、わかめ、蒸し豆、チーズ、オリーブ油、酢、塩、コショウ)
・ポトフ風煮込み
(ソーセージ、人参、たまねぎ、ブロッコリーの芯、コンソメ)

ヨーグルトがあったのでタンドリーチキン。
しかし味付けが必要だった。
なんだろう、塩とかケチャップとか…?
イメージで作りすぎ。レシピを見ような?

前に作ったタマネギのコンソメ煮がおいしかったので、作ろうと思ったところに具材を足していったらただのポトフになった。
コンソメでしっかり味付けしたので、子供がおかわりしていた。
濃い味付けに慣れちゃうなあ…。

サラダは、「まごわやさしい」を取り入れるようにしている。
チーズは、ふるさと納税で四葉の乳製品がたくさん届いたので混ぜ混ぜ。
お酒のあて用チーズも、サラダに混ぜると食べやすい。


日曜日

・ごはん
・タンドリーチキン②
・キャベツサラダ②
・ポトフ風煮込み②
・厚揚げ+つけてみそかけてみそ
春巻き

冷凍の春巻きを揚げて、厚揚げを魚焼きグリルで焼いただけ。
休みの日のほうが、「ごはんつくりたくない」と思う。
だって昼ご飯もつくってるもん!
なるべく、土日の昼ご飯は「前日の晩御飯の残り」か「麺類」にするようにしているけれど、それでも「あー、またごはん作らなきゃ」と思ってしまう。「数時間前に作って、片づけたところなのに」って。


今週のふりかえり

最近、考えるのが面倒でフライばかりなので、身体に悪い。カロリーも気になる。
もうちょっと、ヘルシー路線にチェンジしたいんだけど…。
「具材の組み合わせ」×「味付け」×「調理方法」を考えるのがしんどい。
冷凍のものなら、「揚げる」だけだもんなあ。



にほんブログ村 にほんブログ村へ

クリックで、あなたの「見たよ」を教えてください。







最終更新日  2020.02.05 06:28:02
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.29
カテゴリ:食事・料理
基本情報

・料理が苦手だ。
・娘(4才)、息子(2才)、夫と私の4人家族。
・息子は卵アレルギー。2020/1月~つなぎ可になったので、休日にパンからならし中。
・1時間の時短勤務で、材料カットは朝、調理は夜にしています。
・冷凍や冷蔵の完成調理品は、下線。 
・2日目のものは②、3日目のものは③としています。


月曜日

・ごはん
・たまご
・納豆
(納豆、ごま、かつおぶし)
・もっちもち大根②
(大根、餅、チーズ、片栗粉、醤油)
・大根の煮物②
(豚肉、大根、人参、厚揚げ、蒸し鶏のスープ、醤油)
・蒸し鶏②
(鶏肉、酒、塩)

定時まで勤務のため、日曜日に作ったご飯を食べる。
ひさびさに買った卵を使いきれず、賞味期限が切れそうになったので、大人は卵かけごはん。
納豆は1人1パックだと、4人家族では足りないので、いつも3パックをまとめて1つの器に出して、いろいろ混ぜて副菜一品みたいな感じにして、各自よそうことにしている。


火曜日

・ごはん
・レタス
さんまの西京焼き
ハッシュドポテト

定時まで勤務のため、冷凍活用ごはん。
西京焼きはクッキングシートを敷いたフライパンで焼いたけど、焦げた。うまく焼けたためしがない。
ハッシュドポテトはレンジでチンしただけ。
レタスは、名古屋で買ってきた「かけてみそつけてみそ」で。おいしい。
しかしこれ、近所のスーパーでも売ってるんよな。お土産ちゃうかったな。


水曜日

・ごはん
ミートボール
ロールキャベツ

実家に行っていたので、母からもらった晩御飯のロールキャベツ。
ミートボールはレンジでチンしただけ。
袋ごとチンできるタイプで、驚いた。


木曜日

・ごはん
揚げシュウマイ
春巻
・キャベツサラダ
(キャベツ、もやし、ごま、わかめ、ツナ缶、中華だし、酢、ごま油)
・長芋のあえ物
(長芋、だし醤油、鰹節)
・レンコンと人参の煮物
(レンコン、人参、砂糖、醤油、酒)
・プチトマトの塩昆布あえ
(プチトマト、塩昆布、オリーブ油)

ここのところ仕事が忙しく、定時までが多いので、朝のうちにほぼ完成させておく。
シュウマイと春巻は、冷凍のものを帰ってから揚げただけ。
キャベツサラダは、キャベツともやしをレンジでチンして、和えただけ。
長芋は、生だと子供が痒がるので、こちらもレンチンして和える。
プチトマトは切って和えただけ。
レンジを使っている時間の間に、フライパンで煮物を作る。


金曜日

・ごはん
コロッケ
・キャベツサラダ②
・レンコンと人参の煮物②

定時までなので、保育園に迎えに行くと、帰宅は19時ごろ。
昨日のごはんに、冷凍のコロッケを揚げただけ。
油をたっぷり使うと、やっぱり上手く揚がる。


土曜日

・ごはん
・味噌煮込み鍋
(豚ミンチ、パン粉、白菜、もやし、エノキ、豆腐、砂糖、醤油、味噌、中華だし、にんにく、しょうが)

あんまりご飯作る気力がないし、もやしと白菜使わないといけないし…ということで鍋。
子供が鍋を食べないので、肉団子にして、濃いめの味付け。
肉団子は、お正月の松風焼きに使ったパン粉の残りと、エノキの石づきのみじん切りを加えたもの。
鍋だしは、「コクうま味噌鍋 」のレシピ。
「正気か…?」と思いながらレシピ通り調味料を入れていったら、案の定濃すぎた。


日曜日

・ごはん
・鍋②+キャベツ、白菜、しゅうまい

土曜日の鍋が余ったので、冷凍のしゅうまいや、野菜を足した。
増えてまた食べきれなかった…。エンドレス。
しかし、子供が食べない。鍋、楽なのに。洗い物も少ないのに。


今週のふりかえり

・西京焼きや味噌焼き、塩麹漬けは、ぬぐってから焼くこと。
・やっぱり鍋は難しい。
・宅配生協の冷凍食品に助けられる。
・定時まで勤務の時は、朝にある程度調理をしていかないと無理。



にほんブログ村 にほんブログ村へ

クリックで、あなたの「見たよ」を教えてください。







最終更新日  2020.01.29 00:00:17
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.22
カテゴリ:食事・料理
基本情報

・料理が苦痛だ。
・娘(4才)、息子(2才)、夫と私の4人家族。
・息子は卵アレルギー。
→2020/2月~つなぎ可になったため、休日にパンからはじめています。
・1時間の時短勤務で、材料カットは朝、調理は夜にしています。
・冷凍や冷蔵の完成調理品は、下線。 
・2日目のものは②、3日目のものは③としています。


月曜日

・ごはん
・すきやき
(牛肉、ねき、白菜、モヤシ、しめじ、糸こんにゃく、お麩、厚揚げ、砂糖、醤油、酒)
・たまご

すきやきは、ふるさと納税のお肉で。牛肉おいしい。
酒買っておいて良かった。
生卵は大人だけ。

いつも水っぽく&牛肉がかたくなるので、肉と野菜を分けてみたら、うまくいった。


火曜日

・すきやき②+うどん
・たまご

昨日のすきやきに、うどん入れただけ。


水曜日

・ごはん
・野菜炒め
(豚肉、小松菜、たまねぎ、だし醤油、ケチャップ)
・プチトマトの塩昆布あえ
(プチトマト、塩昆布、オリーブ油)
・人参ツナ
(人参、ツナ缶、にんにく、中華だし、ゴマ)
・クリームスープ
(ほうれん草、じゃがいも、牛乳、シチュールー)
・ふかしじゃがいも
(じゃがいも、塩)

今年は、多様性(バラエティ)を楽しもうと思って、塩昆布やオリーブ油を購入した。
オリーブ油×塩昆布めっちゃおいしい。
これは…革命…!
ふだんプチトマトを食べない息子もパクパク食べて、おかわりしていた。

人参ツナはいつもの、レンチン和え物。

子供たちがシチューを食べないのでスープにしてみたけど食べなかった。

ふかしじゃがいもは、皮をむいて四つ切りにして、アルミホイルで包んだものを、炊飯器でご飯と一緒に炊いただけ。
簡単なのにネットリした旨味で、美味しい。


木曜日

・ごはん
・鶏と大根の煮物
(鶏肉、大根、にんにく、酒、砂糖、醤油、中華だし)
・蒸しブロッコリーの塩昆布あえ
(ブロッコリー、塩昆布、オリーブ油)
・野菜炒め②
・人参ツナ②
・クリームスープ②
・ふかしじゃがいも②+チーズ

プチトマトが美味しかったので、ブロッコリーでもやってみた。
おいしかった。

昔のレシピで煮物を作ったら、夫が「なんかおいしい」とのこと。
酒か…?これが酒の力なのか…?


金曜日

・炊き込みごはん
炊き込みご飯のもと
・湯豆腐
(豆腐、そばつゆ、わかめ、ごま、とろろ昆布)
・鶏と大根の煮物②
・蒸しブロッコリー②

炊き込みご飯のもとは、ホクトの株主優待でもらったもの。おいしい。
湯豆腐は子供がお代わりばかりして、翌日シーツを洗うことになった…。
そばつゆは、大晦日の年越しそばに付いていたもの。


土曜日

・ごはん
チキン南蛮
・じゃがいもと人参のフライ
(じゃがいも、人参、塩)
・タマネギソテー
(タマネギ、チキン南蛮のたれ)
・サラダ
(レタス、モヤシ、サラダ豆、わかめ、ゴマ、塩昆布、砂糖、酢、中華だし、ごま油)

宅配生協の揚げるだけチキン南蛮をフライ。
たれが多かったので、付け合わせに使った。


日曜日

・やきそば
(豚肉、もやし、大根の葉、やきそば、ソース)
・もっちもち大根
(大根、餅、チーズ、片栗粉、醤油)
・大根の煮物
(豚肉、大根、人参、厚揚げ、蒸し鶏のスープ、醤油)
・蒸し鶏
(鶏肉、酒、塩)

やきそばは昼ご飯の残り。

私は野菜を切ると、すべて使い切らないと嫌なので、大根まるまる一本を一気に調理することになる。
半分は煮物、半分は焼き物に。

山本ゆりさんの「【大根だけ!白菜だけ!で絶品レシピ】ハッシュド大根とやみつき白菜」を見て作ったのだけど、もはや別物になった。
子供は気に入って何度もお代わりしていた。

蒸し鶏は、鶏胸肉がグラム48円だったので、まとめ買いして炊飯器調理。
水、酒、塩を入れて早炊き。
あら熱がとれたところを切り分けて、ラップで包んで冷凍しておいた。
酒と塩の効果か、鶏ハムのようにしっとり仕上がった。
解凍して棒々鶏やサラダにしたい。


今週のふりかえり

・魚がなかった。
・朝、グダグダしているうちに子供が起きてきてしまい、夕食の下ごしらえができず。帰宅してから作るので夕食が遅くなった。
・自分の時間を切り上げて、夕食準備に回すこと…。



にほんブログ村 にほんブログ村へ

クリックで、あなたの「見たよ」を教えてください。







最終更新日  2020.01.22 00:00:14
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.15
カテゴリ:食事・料理
基本情報

・料理が苦手だ。
・娘(4才)、息子(2才)、夫と私の4人家族。
・息子は卵アレルギー。
・1時間の時短勤務で、材料カットは朝、調理は夜にしています。
・冷凍や冷蔵の完成調理品は、下線。 
・2日目のものは②、3日目のものは③としています。


月曜日

・ごはん
・温キャベツ和えサラダ
(キャベツ、カニカマ、オリーブ油、酢、塩、胡椒、にんにく、黒ゴマ)
・厚揚げの揚げ出し風
(厚揚げ、だし醤油、鰹節)
・豚肉の生姜焼き
(豚肉、醤油、生姜)
・糸こんにゃく味噌炒め
(糸こんにゃく、砂糖、醤油、味噌)

オリーブ油を買ってみたので、「和え」部門が広がる。
でも安いエクストラバージンオイルを買ったら、香りがいまいちだった。
油と酢をしゃかしゃか混ぜて乳化させる時が好き。

豚肉の生姜焼きって、シンプルな味付けで何であんなに美味しいのかな。

豚骨ラーメンが無性に食べたくなり、家にあるものでそれっぽいものを作ろうとして「美味しいけどこれじゃない」ものができた糸こんにゃく炒め。


火曜日

・ごはん
・アジの味噌カツフライ炒め
アジの味噌カツフライ、もやし)
フライドポテト
・温キャベツ和えサラダ②
・糸こんにゃく味噌炒め②

平日は、宅配生協で届いたフライが楽。
揚げるだけってのもね、と揚げてから付属の味噌たれで、もやしも炒めてみた。
水が出た。失敗。片栗粉でコーティングしたらよかった。

フライドポテトはレンチンで出来るもの。
もはやフライもしていない。


水曜日

・ごはん
・里芋の煮物
(里芋、しめじ、中華だし、醤油)
・ししゃも
・人参のトマト煮込み
(人参、厚揚げ、ツナ缶、ホールトマト缶、コンソメ)
・アジの味噌カツフライ炒め②

頂いた里芋。
鍋を汚したくなくて、出勤前にピーラーで皮をむいていたら、時間かかるわ手は痒くなるはで失敗。
切れ目を入れて湯がけばよかった…。
レンチンで下茹でし、「そういえば里芋に中華っぽい味付けの煮物って珍しいかも」と中華だしで味付けしてみた。

チキンカチャトーリャみたいなのが好きで、イメージでよく作るのだけど、子供には不評。
美味しいのになあ。

いつも材料を切りながら「何作ろうかな」と考えているので、組み合わせが変になったりする。
今回、トマト煮に厚揚げを入れてから、「あ、キノコ入れたらいいかも」と思うも鍋が満杯で入らず、里芋の方に入れてみた。うん、反対にすればよかった。


木曜日

・ごはん
・豚の角煮とキャベツ炒め
豚の角煮、キャベツ、酒)
・湯豆腐
(豆腐、だし醤油、とろろ昆布)
・里芋の煮物②
・人参のトマト煮込み②

とりあえず朝、キャベツだけをざく切りし、冷凍品の宅配生協の味付き肉(生)を冷蔵庫へ移し解凍。
帰宅後に炒めて出来上がり。
「ちょっと一品足そうかな」と作った湯豆腐が子供に大好評でおかわりコール。
ふだん汁ものを出さないから、ことさら喜ばれる。


金曜日

旅行のため、外食。
チェーンの居酒屋はアレルギー表がネットで公開されていたり、メニューに載っているので息子にも食べさせられる。
座敷席があるのも良い。開店と同時に入って、混みだす7時前には出る。


土曜日

・おにぎり、ごはん
・魚肉ソーセージ
・カップ麺

旅行から帰宅し、大人はカップ麺。
娘は駅で買ったおにぎり、息子は鮭とゴマ、ワカメを混ぜ込んだ解凍ごはん。
「まだお腹すいてる」というので、魚肉ソーセージをプラス。


日曜日

・ごはん
・ポークチャップ
(豚肉、ケチャップ、醤油、ねぎ)
・温キャベツの和えサラダ
(キャベツ、カニカマ、オリーブ油、レモン、砂糖、塩、にんにく、ごま、ワカメ)
・コンソメポテト
(じゃがいも、チーズ、コンソメ)

炒めた肉だけだと見た目がいまいちだったので、冷凍しておいたネギを炒めてのせてみた。
見た目は良くなったけど、子供受けは悪かった。

頂いたレモンを丸ごと一個使ったドレッシング。
みかんやグレープフルーツを貰った時も食べないから、サラダにしても良いかも。
砂糖を入れたら酸味が気にならず食べやすかった。
毎回、適当にドレッシングっぽいものを作っているので、組み合わせ例を調べて覚えたい。
味噌やだし醤油、梅干し、鮭瓶を使ってみても展開広がりそう。
塩昆布、くるみ、はちみつを買ってみるってのも良いかも。
料理を楽しくするために、今年は調味料をそろえようかと思うのだ。



にほんブログ村 にほんブログ村へ

クリックで、あなたの「見たよ」を教えてください。







最終更新日  2020.01.15 07:12:37
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.12
カテゴリ:食事・料理
問題点

前は揚げ物をしなかった我が家。
宅配生協を始めて、「揚げるだけ」系をよく買うようになりました。
ボリューミーなメインが簡単に出来るので、ついつい利用してしまう。

揚げ焼きにしていると、なかなか中まで火が通りにくい。
たっぷりの油で揚げると、やっぱり上手に揚がる。

油使用量が増加。
最初は毎回捨てていたけど、勿体ない。

オイルポット、買う?

色々見るけど、ピンとくるものがない。
私がちゃんと管理できるかも疑問。

ガラスの急須で代用してみるも、油を濾す茶こし部分が使ってしまい、断念。
(2019.12.07「我が家に急須がやってきた!(ハリオ 茶茶急須 禅)」)

解決策



現在はこの方法に落ち着いています。
ガラス瓶+キッチンペーパー。
濾した油は、蓋をして冷蔵庫で保存。
炒め物などに早めに使っています。

油を瓶に入れるときも垂れるし、瓶からフライパンに移すときも垂れる。
もうちょっと良い解決策があれば良いのだけど。

オイルポット、買うかなあ。
悩む。

ほかの解決策

揚げ物はキッチンが汚れるし、カロリーも気になる。
油の酸化も。

いっそのこと揚げ物をやめるか。
うーん、楽だからやめるのは惜しい。

以前、オーブンで揚げ物をしてみた。
(2018.06.12「オーブンで揚げ物をする」)
でも、オーブンを使った後、冷却時間があるのでレンジ機能が使えない。
昨日のご飯を温めなおすことができず、困る。

帰宅して、お風呂に入っている間に使っていれば、大丈夫?
リトライしてみて、考えよう。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

クリックで、あなたの「見たよ」を教えてください。







最終更新日  2020.01.12 00:00:19
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.08
カテゴリ:食事・料理
基本情報

・娘(4才)、息子(2才)、夫と私の4人家族。
・息子は卵アレルギーで完全除去中。
・夫と私は夕食の残りを詰めた弁当持参。
・月の食費は約4~5万円(米、外食のぞく)。
・買い物は平日の宅配生協(食費の約半分)と、週末のスーパー。
・夫は酸っぱいもの、辛いもの、甘いおかず、汁物、エスニック料理類を食べない。
・麺類は夫が昼食認定しているため、夕食にはめったに登場しません。
・調味料は基本のものだけ。酒とみりんはなし。→酒、買いました。
・1時間の時短勤務で、材料カットは朝、調理は夜にしています。
・冷凍や冷蔵の完成調理品は、下線。 
・2日目のものは②、3日目のものは③としています。

月曜日

・シチュー③
(鶏肉、たまねぎ、じゃがいも、ブロッコリー、マッシュルーム、シチューのもと)
+カレー粉、パスタ

まずいシチューをなんとか消費。

火曜日

大みそか。

・そば
・うどん
(鶏肉、人参、ねぎ、うすあげ、砂糖、醤油、だし醤油)

年越し具沢山そば。子供たちはうどん。きつねのあげのせ。
私の実家は、年越しそばは「夜食」という扱いだったのですが。
夫の実家では、年越しそばは「夕食」という位置づけ。

水曜日

元日。

赤飯
おせち
ぶりの照り焼き

実家からもらってきたお祝い膳。
おせちは結局、実家が購入したおせちと、いろいろトレードした。

木曜日

赤飯②
おせち②
ぶりの照り焼き②
雑煮

実家からもらってきたお祝い膳その2。
私の実家の雑煮は、元日が白みそで、丸餅に金時人参と里芋、大根。
2日目はおすましで、焼いた丸餅と大量の水菜を入れたもの。
今回、元日に実家へ行き、白みそのお雑煮をもらってきました。

金曜日

・ごはん
コロッケ
・厚揚げとブロッコリーの煮物
(厚揚げ、ブロッコリー、だし醤油)
ごまめ

コロッケは冷凍を揚げただけ。
ごまめは、おせちで実家の母から大量にもらったもの。
飽きてきたのか、子供がほとんど食べなかった。

土曜日

・ごはん
・ローストビーフ
(牛肉、塩)
・オニオンソース
(玉ねぎ、にんにく、砂糖、醤油、酒、酢)
・温じゃが
(じゃがいも、塩)
・レタス
ごまめ②

夫がパソコンを購入し、「特典でローストビーフが届く」というので楽しみにしていたら…。
届いたのは生の塊肉だった。
写真(調理例)を見て勘違いしたらしい。
でも私は完全にローストビーフの気持ちだったので、自分で作った。
作り方をいろいろ調べて、いちばん簡単そうな「ローストビーフ、家庭で簡単に 低温でじっくりと」の油に浸したキッチンペーパーでくるんでオーブンで焼く方法にした。
小さい子どもも食べるから、と火を通しすぎた。失敗。
たれは「簡単ローストビーフ絶品たれがけ」。このために酒を買った。
おいしかったけど、ローストビーフではなかったな。

日曜日

・ごはん
フライ(豚、ゴボウ)
サラダ
ごまめ③

実家で昼食をよばれ、その残りを晩御飯用として頂きました。
母が、「私が年子の乳幼児2人抱えていた時、ほんとーにもう今日ご飯作りたくない!誰か作って!と思うときがあったから、私はあなたに作ってあげる」といっていました。

年末年始、長いお休みだったけど、そんなにイライラしなかった。
両実家に何度も行かせてもらって昼食をよばれたり、おせちをもらったり。

「ご飯を誰かが作ってくれる」って、それだけで救いになる、と思う。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

クリックで、あなたの「見たよ」を教えてください。







最終更新日  2020.01.08 00:00:16
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.07
カテゴリ:食事・料理
仕事がある平日、ランチってどうしてます?

復職したては、嬉しくなって毎日外食していました。
ラーメン、焼き肉、お寿司、エスニック料理…。
子どもに取り分けることを考えなくていい。
座敷じゃなくていい、子ども椅子なくていい。
カウンター席も、焼き網もどんとこい。
1人で好きなものを食べられる幸せ。
(2018.12.14「ワーママランチ事情」)

でもそのうち、毎日何食べるか考えるのが面倒に。
ランチに毎日800~1,000円くらいかかるので、お小遣いから出すと、月20日としても16,000~20,000円かかる。
消費税も上がるし、この機会にお弁当にしよう…と思ったのが10月。

夫も毎日、夕食の残りと冷食を詰めてお弁当を持って行ってる。
私もそうしよう…と思ったものの。

飽きる。

自分が作ったもの、もう食べたくないー!
倍量作って、基本その日と次の日も食べるから、お昼も入れたら3回。
さすがにいやんなる。



11、12月にはまっていたのが、これ。
エスニックカップヌードル。

輸入食品の店でまとめ買いして、ひたすらこれを食べてました。
これと、おにぎり。
炭水化物×炭水化物。
化学調味料たっぷり。
体に悪い…!

しかし、家で食べられないアジアンテイスト。
背徳の味、たまらん。

夫に「これ以上買ったらあかん」と止められたので、次はどうしよう。
手軽で、自分の要素が介入しなくて、栄養バランスが良いもの。
鶏胸肉をまとめてサラダチキンにして、サラダと持って行く…というのも考えた。
でも、サラダチキン作るのが面倒だな~。

職場には、「ふりかけごはん」オンリーという猛者もいて。
でも、「あの人、大丈夫?」って目で見られますよね(もう見られてるけど)。

最近、夕食作りには悩まなくなったので、ランチも悩まないシステムを構築したい。

・具だくさんおにぎりと、インスタント味噌汁(栄養ー!)
・パスタ(具はどうする?)
・サンドイッチ(レタスとチーズ…?)

なかなか「これ!」というものがない。
シンプルに、ごはんとおかず(冷凍食品)、プチトマトなんかを詰めたらいいのか。
でも冷凍食品たくさん詰めたら高くつく。
野菜をまとめてレンチン&冷凍しておくとか…?

どうしようかなあ、と思いつつ、残りのカップめんを消費する。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

クリックで、あなたの「見たよ」を教えてください。







最終更新日  2020.01.08 08:30:19
コメント(0) | コメントを書く

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.