655650 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

(^^♪ 楽しく綺麗に健康に~健康のお店・エポック

カルニチン・リバウンド・青ジソもろみ酢

ダイエット編です。

 L-カルニチンについて

 L-カルニチンは体脂肪の燃焼に不可欠な栄養素で、L-カルニチン最大の特徴は、脂肪を筋肉細胞に積極的に取り込みエネルギー源として燃焼させる働きを持っています。

L-カルニチンのはたらき

1、体についてる脂肪細胞をL-カルニチンが、筋肉細胞に引き込みます、そして脂肪とL-カルニチンの複合体となり、筋肉細胞内のミトコンドリアへ引き込みます。
2、ミトコンドリア内に入ると脂肪とL-カルニチンは分離します 、脂肪は、燃焼されエネルギー源のATPを作り出します。
3、L-カルニチンは、 その脂肪と分離後、次の脂肪へ向かうこととなります。

 カルニチンは他の素材(栄養素)と組み合わせる事によって、脂肪燃焼効果を更に高める事ができます。更に共役リノール酸を一緒に摂取することで、筋肉で使われるエネルギーの素が脂肪に戻ることを防ぐことができます。また、コエンザイムQ10とカルニチンを一緒に摂取すると、もっと効率的なエネルギー消費が可能になります。カルニチンは、それだけでも脂肪燃焼に効果のある素材ですが、これらと組み合わせる事で、より高いダイエット効果が期待できます。
 アメリカや日本の肥満外来病院でも肥満解消用のサプリとして実際に使われている実績のあるカルニチンは、脂肪をエネルギーに変える(脂肪燃焼させる)為には、必要不可欠なとても重要な物質です。また、カルニチンが不足すると脂肪を燃やす働きが弱くなるので逆に脂肪がたまりやすくなります。


リバウンドしないために♪

無理な食事制限によるダイエットは、必ずといっていいほどリバウンドします.
食事の量を減らすとよく胃が小さくなるといいますが、同じ様に代謝機能も低下しますので、運動してもエネルギーを消費する力も低下してしまいます.

そのため、少しでも食事の量が増えると急激に体重が増えてしまうのです.空腹時に食事をとると、一気に身体が食事を吸収してしまいますのでよけいに脂肪をためこむことになってしまいます.

リバウンドしないためには、過激なダイエットをしないことで、1ヶ月に落とす体重は3キロ程度を目安にするといいと思います。一度に10キロと言われる方もいらっしゃいますが、お肌や髪が傷んだりしますし、まず胸から痩せて、リバウンドすれば胸はかえってこないという悲しい結果になってしまいます.
   リバウンドしないために気をつけるとよいこと

1、規則正しい食事

・1日、3回食事をとる.朝食は必ずとる.無理に我慢をしないで適度に間食をとる.

・和食中心の食事にする.食事前に、豆乳などを飲むと満腹感が増え.早食い、大食いしなくなります.

白飯に麦類「ごきげんご飯等」を入れるほうがカロリーが抑えられます.

油はα―リノレン酸を含むえごま油にすると中性脂肪が減少し、血液がさらさらになります。
納豆、大豆など豆製品や、貝や海草、キノコ類がお奨めです.

ビタミンCやコラーゲンなどを補えばなお、いいです.

2、水分を多くとる

・代謝をよくし、老廃物を排出するために水分は1日2リットル程度飲むといいです.代謝が悪いと、冷えやむくみ、肩こり等の原因になります.

水分はできれば、体が冷えると代謝も落ちてしまいますので熱いもののほうがいいです.
また、カフェインも代謝機能がおちますのでコーヒーは控えめにして下さい.

3、便通をよくする

・便秘だと、下腹がポッコリ膨れたり、宿便が溜まったりします.便秘には、セサミコラーゲンや、青じそ  

もろみ黒酢うこんが、いいですよ。きなこや、豆乳、ヨーグルトもお奨めです。

4、お風呂に毎日つかる

・夏は、シャワーですませがちですが、お湯をはったお風呂につかると軽い運動をしたぐらいエネルギーが消費されます.半身浴をしたり、気になる所に冷水シャワーをしてまた、温めることを繰り返すと効果的です.

お風呂に塩をいれたり、マッサージすると更にいいです.

・紅茶にしょうがをいれて、入浴前に飲むと、体が熱くなり汗をよくかきます.クロワール茶は活性酸素除去酵素が含まれるのでなおよいです。

5、運動をする

・軽いストレッチなど、1日数分でいいので運動をできれば毎日続ける習慣をつけるといいです.ふき掃除や、窓拭き、階段の上り下りなど日常の家事をこまめにするだけでも効果的です。


1度に全部続けるのは大変だと思いますがどれかひとつでも続けてみてくださいね。
特に、女の方は生理の後が一番体重が落ちる時期なのでその時に頑張ると効果的ですよ♪

テレビ番組で放映されていました。新しい情報

青ジソもろみ酢

 規則正しい生活をしていれば、(昼間:BMAL1が少ない、夜間:BMAL1が多い)という
正しいリズムを保てますが、体内リズムが乱れると、(昼間:BMAL1が多い、夜間:
BMAL1が多い)という状態になってしまい、「1日中太りやすい」体質になってしまうと言うことです。

■そこで、BMAL1を減らす「青ジソもろみ酢」
青ジソ(大葉)ともろみ酢にBMAL1を減らすはたらきがあることがわかりました。青ジソもろみ酢で体内リズムを改善して太りやすい体質を改善。

【用意するもの】
青ジソ・・・15枚、もろみ酢・・・500ml
【作り方】
1.青ジソを4等分くらいにちぎる
2.ガラス容器に青ジソともろみ酢を入れる。冷蔵庫で1日置く ⇒完成!
*完成後も必ず冷蔵庫で保管してください



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.