000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

(^^♪ 楽しく綺麗に健康に~健康のお店・エポック

☆骨粗鬆症について

 
 
 骨粗鬆症について

 知り合いの方が、骨粗鬆症になっていて、大変 辛い思いをしています。それで、私も気になって自分も早くから注意しないと、思い調べてみました。
なってしまったら、治療は「薬」があるそうです。
日常の生活では、「食事・運動・日光」がポイントですって。

 まず「骨粗鬆症」診断された段階で、かなりの量が減少している。そして、今のあなたにできることは、これ以上骨が弱くならないように骨量減少をくい止め、将来寝たきりにならないようにすることです。そのためには、薬をきちんと飲み、日々の生活をきちんと送ることが大切です。

-骨粗鬆症の治療・薬
「骨粗鬆症」の治療において、薬はとても重要です。薬によって現時点からの骨量減少を防ぐ効果が認められています。
せっかく食事や運動に気をつけても、薬をきちんと飲んでいなければ骨粗鬆症は改善しません。しかも、長い年月で減少してきた骨量は、急には改善するものではありません。薬の効果は人それぞれですが、長期間飲み続ける必要があります。定期的に通院し、薬の効果を確認しながら続けましょう。

-薬の種類
大別して二つがあげられます。
1.骨吸収抑制剤-骨からカルシウムが出て行くのを抑える。
カルシウム製剤 活性型ビタミンD製剤
カルシトニン製剤 イソフラボン誘導体
エトロゲン製剤(女性ホルモン) ビスフォスフォネート製剤

2.骨形成促進薬 骨の形成を促して骨量を増加させる。
活性型ビタミンD製剤 ビタミンK製剤

-骨粗鬆症の治療・食事
十分なカルシウムを摂取しましょう。
カルシウムの重要な動き
骨の主成分として必要です。
爪と同様、絶えず新しい骨に作り替えられています。
筋肉・神経の働きに必要です。
血液中に一定濃度送り込まれています。カルシウムが不足している場合、直ちに骨を壊して血液へ送り込まれます。不足状態が続くと・・・どんどん骨が弱くなっていきます。

-一日に必要なカルシウム摂取目標量600mg(成人の場合)
現在「飽食の時代」と言われているにも関わらず、カルシウムは不足しています。カルシウムは体内で作ることができないため、食事からの摂取が必要となるのです。その上、歳をとるにつれ、腸の働きが低下し、カルシウムの吸収も悪くなるので、しっかり摂る必要があります。
 この内容は、住んでいる市の健康ひろばで市民に配られていた、冊子から抜粋しました。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.