000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

(^^♪ 楽しく綺麗に健康に~健康のお店・エポック

花粉症について

花粉症について、ちょっと、調べてみました。うちの子が、花粉症なので、
・花粉症にならない人は、免疫細胞・IgE抗体の数はちょうど良いので、ヒスタミンやロイコトリエンが出過ぎる事がない。IgA抗体・善玉菌が豊富なので、体調も良い。

・花粉症になる人は、
鼻の粘膜は傷つき、腸の粘膜もボロボロで悪玉菌が多くなっていく。粘膜で侵入者と戦う「IgA抗体」が少なくなる。

異種タンパク質を除去するため免疫細胞の「Th2細胞」が
体内の粘膜に配備される、少ない花粉にもかかわらず、過剰に配備されたTh2細胞から体内のガードマン「IgE抗体」が多量に出る。
それで、不調がおこってきます。
花粉が飛ぶ時期は外出を控えたほうが良いのですが、そうも言っていられないですよね・・・

出かけるときは、花粉が直接体に触れないような服装で出かけましょう家に入るときも体の花粉を一度払い落としてから入るようにしてください室内に入ったら、うがい、手洗い、洗顔をしましょうね。

そこで、もう一つこれは、いいかも、と言うデータの出ている、ハナビラタケ特有の免疫賦活作用について説明しますね。
・ハナビラタケはTh1とTh2の両方に働く
アガリクスなどβ-グルカンを主役としたキノコの殆どは、Tリンパ球中のTh2に働きかけて、B細胞(抗体免疫)を活性化し、ウィルスになどに対して効果を発揮すると考えられていました。この場合、抗体免疫の過剰反応が原因でおこるアレルギー症状に対する効果は期待できません。
 
 しかし、ハナビラタケは服用することでウィルス性疾患のみならず、アレルギー性の症状が改善されることが分かっています。
 このことからハナビラタケはTh1にも働きかけB細胞だけではなくNK細胞も活性化しているのではないかと考えられます。

免疫活性だけではない“免疫調整”
・ハナビラタケの本当の力は体内の免疫を活性化させるのだけではなく“免疫システムを調整する能力”
アレルギー症状の改善などのも効果が発揮されていることから、ハナビラタケは単純にβ-グルカンが豊富で抗体免疫を活性化させるだけのものではなく、免疫システムそのもののバランスを調整する能力に優れているのではないかと推測されます。

ハナビラタケは女性向きキノコ?
・その成分は特定できていませんが、ハナビラタケは女性向のキノコであると言えるかもしれません。
http://www.epocku.com/?pid=37889891


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.